世界を舞台に活躍する俳優・美波さん。映画「MINAMATA」では、米俳優ジョニー・デップの相手役を好演しました。作家の林真理子さんが、大役をつかんだ秘話をうかがいました。

*  *  *

林:ご無沙汰しています。

美波:こちらこそご無沙汰しております。

林:10年ぐらい前、私の小説が原作のドラマ(「下流の宴」)に出ていただいたんですよね。こんなにすごい女優さんになってお会いできてうれしいですよ。

美波:私も、ちゃんとお話できてうれしいです。

林:今度の映画(「MINAMATA‐ミナマタ‐」9月23日全国公開)で、ハリウッドのスーパースター、あのジョニー・デップと共演なさったんですね。水俣の写真で世界的に有名なユージン・スミスの相手役(アイリーン)という大役を務めたわけですが、これはオーディションだったんですか。

美波:オーディションです。私はいま海外を転々とするような生活なんですが、じつは私、去年結婚したんですよ。

林:あ、そうなんですね。

美波:夫はフランス人なんですけど、普段はアメリカのロサンゼルスに住んでいるので、3年前の年末、クリスマスを彼の家族と過ごすためにフランスに行ったんです。そのとき、フランスの空港に着いて飛行機を降りたら、この映画のキャスティングディレクターの奈良橋陽子さんからたくさんのメールが届いていたんです。

林:あの有名な奈良橋さんから。

美波:はい。「オーディションを受けてくれませんか。返事を待ってます」というメールで、すぐ「やります!」ってお返事をしました。その後フランスでオーディションが始まったんです。ですが、アイリーンさんの役だったので、監督のアンドリュー(・レヴィタス)はアメリカ英語をちゃんとしゃべれる人をキャスティングするつもりだったようです。一方で私は、かなりのフレンチなまりの英語なんですよ。

林:そうなんですか。

美波:ですから、監督に「あと20%フレンチなまりを抑えてほしい」と言われても、なかなかできなくて。なおかつ英語でのお芝居は初めてだったから、よくあの英語力で、監督は私を選んでくれたなと思います。それからずっと勉強しているんですけど。



林:奈良橋陽子さんは前からお知り合いだったんですか。

美波:奈良橋さんとは以前、一度オーディションでご一緒しただけなんです。でも、今回は不思議なご縁があってお声かけいただいたんですよ。10年ほど前、「運命の人」という本木雅弘さんが主演のドラマに私も出演したことがあるんです。そして、ちょうど奈良橋さんがアイリーン役を探していたころ、何かの打ち上げのときに、本木さんとお話したそうなんです。本木さんは「運命の人」のことを覚えてくださっていて、「美波ちゃんはどうですか」と言ってくださったんですよ。それで奈良橋さんは私の写真を見て、連絡してくださったんです。

林:すごい話。なんかザワザワしてきちゃった。

美波:だから本木さんには大感謝しています。

(構成/本誌・直木詩帆 編集協力/一木俊雄)

美波(みなみ)/1986年、東京都生まれ。母が日本人、父がフランス人。「バトル・ロワイアル」で映画デビュー以降、舞台「エレンディラ」「ザ・キャラクター」、映画「乱暴と待機」など、舞台、映画、ドラマ、CMで活躍。2014年、文化庁「新進芸術家海外研修制度研修員」に選出され渡仏、ジャック・ルコック国際演劇学校に1年在籍。近年の出演作に映画「Vision」など。9月23日公開の映画「MINAMATA」では、ジョニー・デップ演じる写真家ユージン・スミスの相手役アイリーンを好演している。

>>【ジョニー・デップは「ほんとに気配りが素晴らしくて…」 美波の「共演秘話」】へ続く

※週刊朝日  2021年9月24日号より抜粋