中学生の娘の死をきっかけに、父はモンスターと化していく──。9月23日、映画「空白」が公開される。古田新太と松坂桃李は実写初共演だ。AERA 2021年9月20日号から。

*  *  *

――映画「空白」は、不寛容な社会に追い詰められていく人々の姿を描く。スーパーで万引きを疑われ、店長に追いかけられ車に轢かれて亡くなる女子中学生の父・添田を古田新太が、スーパーの店長・青柳を松坂桃李が演じた。

松坂:まだこの仕事をする前の学生時代、「木更津キャッツアイ」で古田さんを知ったんです。古田さんが演じたオジーに毎回笑わせてもらっていて。それでこの仕事を始めて徐々に、独自のポジションを築き上げている唯一無二のすごい方なんだということを知っていきました。

古田:オジーと、あとちょっとしか出てないのに「池袋ウエストゲートパーク」のヘビーEはいまだに言われるね。オイラは桃李はいろいろな作品を観て、フラットな状態で作品入りするんだろうなと思ってたんだけど、今回「やっぱり!」って思った。

松坂:作品の舵を切るのは監督なので、その指示にちゃんと従うことで作品に役をはめられると思っているんですよね。

■一発目から全力でやる

古田:監督の言うことを聞くのは、俳優として一番良い要素だと思います。桃李自身がやっぱりそう考えているとわかって今ホッとしましたね。オイラは自分でいろいろ工夫したり、「監督、もう一回やらしてください!」っていう俳優が苦手なんです。

松坂:誰に向けて言ってるんですか(笑)。

古田:監督が言った通りにやれば早く撮影も終わるし(笑)。

松坂:「空白」の現場は巻きましたからね(笑)。

古田:「もう一丁!」って、もっと良い芝居が出てくるのを待つ監督もいますけど、最初の芝居が一番良い。今回のキャストは(寺島)しのぶちゃんも、(片岡)礼子ちゃんも、みんな全力で一発目からやるし、下手がいなくて良かった(笑)。オイラは一応最初に「これが一番やりすぎだろう」っていうところから出しますけど、「やりすぎ」と言われたらやめるスタンス。「もうちょっとこうして」と言われない俳優を目指してます。

松坂:引き算なんですね。

古田:そう。ときどき「カーテン開けてから喋った方がいいですか? 閉めてからがいいですか?」とか聞く俳優がいるけど、「どっちでもいいわ!」って。

松坂:あははは。さっきから誰のこと言ってるんですか(笑)。

――娘の無実を信じるが故に暴走し、青柳をはじめ周囲を総攻撃する添田について、こう語る。

古田:添田は作品の宣伝においては「怪物」っていう打ち出し方になっていて。確かに青柳だけでなく、娘が通っていた中学校、車で娘を轢いた加害者とその母親、青柳をかばうスーパーの店員・草加部と、いろんな人を責める。話が進むにつれてそれぞれとの関係性は見た目には変わらないんだけど、添田の心情的には少しずつ変わっていく。表立って変化を表現したくはないから、何かしら心が動いてるのを観ている人が感じてくれればいいなあ、ぐらいのことしかやっていない。怖がらせるのも、何もせず無表情でこちらを見てる人が一番怖い。だから、スーパーの外から青柳を見る時もそうしていました。眉間に皺を寄せたりするのは野暮ですよね。

松坂:スーパーの外に立ってこちらを見てる古田さんは怖かったです(笑)。「わ、またいる! もうやめてほしい」という気持ちになりました。僕は後から現場に入ったんですが、その時すでに古田さんがロケ場所の蒲郡の空気をまとっていたのも怖かったです。

古田:添田は居丈高に行くキャラで、そこで青柳が本当に嫌そうに怯える。そうするとさらに拍車がかかる、という。

松坂:添田が青柳を追い込むほど耐えるしかなくなってくるので、こちらも助かりました。

古田:添田をさらに怒らせたくないもんね(笑)。

松坂:はい(笑)。でも、青柳がそう思うほど添田は怒っていく。どんどんはまっていく感じがありましたね。

■作品のリアリティー

――松坂は自らの意思を表に出さず、じわじわと追い込まれていく青柳を、どう感じたのか。

松坂:僕は台本を読んでまず、古田さんとしのぶさんに挟まれる現場を想像して、「ああ〜っ」てなりました(笑)。

古田:オイラとしのぶちゃんがののしりあってる間に入るのって、嫌だよね(笑)。

松坂:そうなんです(笑)。とても重い作品ですし。青柳は自分というものがほとんどない。周囲からいわれのない疑いをかけられるのも、青柳が何の主張もしてこなかったところが大きいと思いますし。でも、自分の意思をはっきり伝えられず言葉に詰まってしまう青柳みたいな人は、結構多いのかなと思うんです。

古田:青柳もそうだけど、この作品のキャラクターはみんなリアリティーがあって、不器用で不自由な人たちばかり。もうちょっと自由にうまくやれないの?って思いました。

松坂:何かが変わればもっと楽になれるはずなのに。形が変わってしまった歪(いびつ)なものを持ち続けているから、ああいう不自由さが付きまとうんでしょうね。

古田:「リアリティーを感じる」という感想が多いのは、その不自由さがどこかしら自分にもあると感じた人が多いからじゃないですか。いろいろな受け止め方ができる作品ですよね。本当に嫌な気持ちになる人もいるだろうし、青柳がかわいそうと思う人もいるだろうし、添田がかわいそうと思う人もいるだろうし、自分の正義を振りかざす草加部に感情移入する人もいるだろうし。いろいろな捉え方ができる作品は、楽しいですよね。

松坂:観終わった後に誰かと話したくなるのは良いですよね。答えは明確には示してなくて、「自分はこう思った」を話し合える余白を残してくれている作品だと思います。

(構成/ライター・小松香里)

※AERA 2021年9月20日号