数ある芸術の分野の中でも、音楽ほど人間の感覚に直接訴えかけてくるものはない。文芸は活字を読んで頭で理解しなければいけないし、絵画や彫刻もそこに目を向けないと味わうことができない。だが、音楽だけは受け手が何もしていなくてもじかに耳に入ってくる。瞬間的に人の心を揺さぶる力の強さでは、音楽の右に出るものはない。



 お笑いのネタの中でも、歌や音楽を取り入れた「リズムネタ」は1つのジャンルとして確立しており、ハマったときの破壊力は抜群だと言われている。歌やダンスを取り入れたリズムネタは子どもが興味を持って真似をしたりすることもあるため、幅広い世代に支持されて爆発的に人気を博すこともある。

 だが、藤崎マーケットの2人は、そんなリズムネタの乱用に警鐘を鳴らしている。彼らは「リズムネタ撲滅キャンペーン」を行っていて、リズムネタに安易に手を出さないようにと戒める小冊子を芸人たちに配っている。

 9月6日放送の『なるみ・岡村の過ぎるTV』(ABCテレビ)では、そんな彼らが出演して、MCのなるみとナインティナインの岡村隆史にリズムネタの危険性を訴えていた。

 藤崎マーケット自身も、2007年に「ラララライ体操」というリズムネタで大ブレークを果たした経験がある。彼らは「ラララライ体操」はあくまでも自分たちの持ちネタの1つに過ぎないと思っていたのだが、世間ではそればかりが求められ、ほかのネタをテレビで披露する機会はなかった。

 しかも、一時のブームが過ぎてラララライ体操が飽きられてしまうと、テレビにもほとんど出られなくなり、いつしか彼らは「一発屋芸人」の烙印を押されてしまった。

 そんな自分たちの経験を踏まえて、同じような犠牲者を生まないために、彼らはリズムネタ撲滅運動を始めて、「リズムネタは劇薬」というメッセージを後輩芸人に伝えている。

 番組が進んでいくうちに明らかになってきたのは、岡村がリズムネタの普及に一役買っていることだった。一世を風靡したリズムネタ芸人の多くは、岡村が出演する『おもしろ荘』(『ぐるぐるナインティナイン』)や『めちゃ×2イケてるッ!』でネタを披露したことがきっかけでブレークを果たしていた。

 たしかに、それらの番組では、岡村がリズムネタ芸人のネタを真似したり、彼らとコラボしたりすることで、その面白さが増幅される光景がしばしば見受けられた。リズムネタは見る人が真似したくなるだけでなく、共演者が真似したくなるという効果も備えているのだ。

 芸人をキャスティングする番組スタッフも、岡村がリズムネタに親和性があると思っているからこそ、そういう芸人を積極的に起用したりする。いわば、岡村はリズムネタという麻薬を売りさばく「死の商人」だったのだ。

 最新のリズムネタ芸人としてこの番組に登場していたのが、男女コンビのEverybodyである。彼らは『おもしろ荘』出演がきっかけで若者を中心に人気を博している。

 藤崎マーケットの2人は、彼らに対してリズムネタに安易に手を出さないようにと伝えたのだが、Everybodyの2人の意思は揺らがなかった。EverybodyのタクトOK!!は12年の芸歴の中で自分に合ったネタはリズムネタだという結論にたどり着き、ようやく日の目を見たからだ。

 実際のところ、リズムネタをやる芸人の全員が辛い目に遭うわけではない。テツandトモ、小島よしお、どぶろっくのように、それを売りにしてしぶとく生き残っている人も存在する。リズムネタが悪いわけではなく、安易にそこにすがってしまうことが問題なのだろう。

 リズムネタは栄光と破滅につながる一か八かの劇薬である。そこに手を伸ばす芸人に求められるのは、リスクを引き受ける覚悟なのだ。(お笑い評論家・ラリー遠田)