映画「総理の夫」に政界のドン役で出演する俳優の岸部一徳さん。作家の林真理子さんもファンだというザ・タイガースの沢田研二さんついて語りました。

【「芝居の勉強はしないほうがいい」と言われ…岸部一徳の役へのアプローチとは?】より続く

*  *  *

林:沢田研二さん、先日映画(「キネマの神様」山田洋次監督)で主演をなさいましたね。だから今回の話題の2作、偶然ですけど、どちらもザ・タイガースのメンバーの方がお出になって、どちらも原作が原田マハさんで。

岸部:林さんは、沢田さんのファンだったんですか。

林:もちろんステキ、と思ってはいましたけど、そんなに熱烈ではなかったんです。田舎の女の子ですから、みんなキャーキャー言って、同級生はファンレターやプレゼントを送ったりしていましたけど、私は「どんなに好きでも、一生会えない人に手紙を書いてもしょうがないかな」と思って、さめた目で見ていました。

岸部:でも、沢田さんと会ったことはあるんでしょう?

林:はい。沢田さんのマネジャーだった方のお嬢さんが……。

岸部:ああ、森本さんですね。

林:そうです。7、8年前、森本千絵さんという売れっ子アートディレクターの方の結婚式に呼ばれて行ったのですが、そのときたまたま同じテーブルに沢田さんがいらしたんです。前に1回、若いころ対談させていただいたんですけど、そんなことはもちろんお忘れでした(笑)。

岸部:アハハハ。

林:ひげをのばしていらして、すごくカッコよかったですよ。若さに執着しないで思うがままの姿が、めちゃくちゃカッコよかったです。

岸部:ああなったらああなったで“スター顔”ですよね。

林:そして最後に沢田さんが「勝手にしやがれ」をお歌いになって、みんなで歌って踊って、その披露宴は終わったんです。すごく楽しかったです。

岸部:へぇ〜、そうですか。それは貴重な体験ですね。彼はそういう場で、なかなか歌わないんですけどね。

林:わっ、ほんとですか。すごい話だな。10年くらい前、ザ・タイガースの皆さんが集まってコンサートをなさったんですよね。

岸部:そうでした。楽しかったですよ。もうやる機会はないかもしれないですけどね。

林:ご自身は、音楽活動のほうはいかがですか。「ライブ、ちょっとやろうかな」という思いもあるんですか。

岸部:いやぁ、どうですかね。あのときみたいに、集まってコンサートをやろう、という話になったらちょっと練習すると思うんですが、いまはいっさい楽器にさわらないんですよね。でも、沢田さんは、今でもコンサートやっていますからね。

林:沢田さん、以前コンサートの当日に「お客さんが少ない」って怒って帰っちゃったことがあるんですって? それもすごい話ですよね。

岸部:「らしい」って言えば「らしい」ですよね。さいたまスーパーアリーナで、7千人も入っていたんですが、会場が広いのでスカスカに見えちゃうんですよ。ふつうなら「7千人来てくれたら十分じゃない?」ってところが、「7千人じゃやらない」と言って自分を通す。そういうところ、みんなが好きな部分ではありますね。どんなときでもプライドを貫くという。

林:今も電話なんかでお話するんですか。

岸部:ときどき電話しますかね。1年に何回かは直接会います。彼のコンサートは、必ず見に行きますしね。

林:岸部さんが見に行くと、お客さんに気づかれちゃうんじゃないですか。

岸部:いやいや、僕は周りに気づかれてもぜんぜん大丈夫ですよ。沢田さんのコンサートに来ているのは、ほとんど彼のファンだけですからね。今度機会があったら見に行きますか? ジュリーのコンサート。

林:はい! ぜひぜひ!

(構成/本誌・直木詩帆 編集協力/一木俊雄)

岸部一徳(きしべ・いっとく)/1947年、京都府生まれ。67年、ザ・タイガースのベーシストとしてデビュー。グループ解散後、PYGや井上堯之バンドを経て、75年にドラマ「悪魔のようなあいつ」で俳優に転身。90年にカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した「死の棘」で、第14回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞。ドラマ「相棒」シリーズ、「医龍」シリーズ、「ドクターX」シリーズ、映画「必死剣鳥刺し」「舞妓はレディ」「一度も撃ってません」など出演多数。映画「総理の夫」が9月23日全国公開。

※週刊朝日  2021年10月1日号より抜粋