放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は薬丸(石川)秀美さんプロデュースのジュエリーブランド「ALOHILANI(アロヒラニ)」を取り上げる。

*  *  *

 先日、他誌の連載でヤックンこと薬丸裕英さんと対談させていただいた。『2年B組仙八先生』(TBS系)やNHK大河ドラマ『峠の群像』に出演し、デビュー前から人気を博したヤックンは、本木雅弘さんや布川敏和さんと「シブがき隊」を結成。アイドルグループとして一世を風靡する。

 同期=「花の82年組」の石川秀美さんと90年に結婚し、今年1月には初孫が誕生したことが、おおいに話題となった。

「花の82年組」は、女性陣も変わらず第一線で活躍している人たちばかりだが、秀美さんだけが表舞台に出てこない。その理由が「僕も妻も、シッターさんやハウスキーパーさんに任せるのを好まなかったから」と例の対談で知り心から驚いた。

 果たして、5児の子育てが一段落した秀美さんが6年前、ハワイで立ち上げたジュエリーブランドが『ALOHILANI』(アロヒラニ)。ハワイ語で「天国の輝き」という意味だ。

 芸能人とハワイが切っても切れない関係であることは、年末年始のホノルル空港からの中継を見ればわかろう。が、近年は、ワイドショーの取材班が縮小傾向にあるうえ、コロナ禍によって、別荘をもっていたり、お店を経営したりしているタレントでさえ、ハワイとは疎遠になってしまっている。

『ALOHILANI』もコロナで休業を余儀なくされるも、現地スタッフの尽力によりネットで購入できるようになった。

 愛用者は多く、たとえば「82年組」の松本伊代さんは、番組出演時に着用。ほか、千秋さんや保田圭さんなど、多くの女性タレントがSNSに『ALOHILANI』のアクセサリーをアップ。

“お付き合い”ではなく、純粋に気に入って購入し、出演時に着けているのは、文字通り、“天国の輝き”でキラキラ輝いて、映りがいいからなのである。

 アクセサリーそのものが揺れると、マイクが音を拾ってしまったり、ピンマイクに当たったりしてしまってNGだが、『ALOHILANI』のそれは、中央のジュエリーだけが鼓動に反応して揺れてキラキラ輝く理想形。

 ヤックンが『バイキングMORE』(フジテレビ系)で着けているのも発見した。ジャケットの襟元が輝いていて、すごく素敵だった。

 芸能人がこよなく愛するハワイの気分が味わえる『ALOHILANI』。買いやすい価格も人気だ。

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。TBS系「サンデー・ジャポン」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

※週刊朝日  2021年10月8日号