日本初の女性総理となった妻の奮闘を、夫の視点で描く原田マハの小説『総理の夫』。映画化にあたり、夫婦を演じた中谷美紀と田中圭が語り合ったのは、日本の未来だった。AERA 2021年10月4日号に掲載された記事を紹介する。

*  *  *

——9月23日から公開中の映画「総理の夫」で、日本初の女性総理となる相馬凛子を演じたのは中谷美紀(45)。夫・相馬日和を演じたのは田中圭(37)。映画では13年ぶりの共演となった。

田中圭(以下、田中):前の現場では、それほどお話しできなかったのですが、今回はカメラの回ってないところでも、たくさんお話しできましたよね。

中谷美紀(以下、中谷):圭くんはとても空気の読める方なので、私も含めて現場に居る方も楽な気持ちでいられました。

田中:僕は、中谷さんの意外な一面をいっぱい知ることができました。中谷さんのいないところで「美紀ちゃん」と言うぐらいには知った気になっています。

中谷:嘘、絶対に言ってないでしょう(笑)。

田中:中谷さん、一回、僕が持っていたささみを取ったじゃないですか。

中谷:いただきましたね。メイクさんがダイエットしていらしたので、ちょうどいいと思って「一つ、いただけますか」と。

田中:僕、そのやりとりが結構楽しくて。中谷さんにささみを取られたって、面白いですよ。

中谷:そんなに言うなら、ささみ、お返ししますよ(笑)。

——映画では、凛子は働く女性が子どもを産み育てやすい社会の実現のために奔走。日和は、総理となった妻との生活に戸惑いながらも懸命に凛子を支えていく。

■自分も犠牲にしない

田中:日和はただ巻き込まれていくだけ。周りのキャラクターも強烈だし、僕はそこにいればいいなと思って演じていましたが、凛子は違いますよね。

中谷:役作りとして、ドイツのメルケル首相が国民に対して直接語りかけるふるまいや、声の抑揚などは参考にしました。とりわけ、リーダーたるものアンガーマネジメントが大事だと思いますので、何か憤りを覚えたり、改善しなくてはならないときに、ただ声を張り上げるだけでは相手の心には届かない。公の場で無礼なふるまいをされても平然としている態度は、とても参考になりました。

田中:僕もそうですが、現場のスタッフも「中谷さん、本当に出馬してくれないかな」って話をしていました。

中谷:そうだったんですか? 凛子は、働く女性が子どもを育てやすい社会を作ることをマニフェストの一つとして掲げていましたが、自分の生活は犠牲にせず、かつ世界を救おうとしていて、素敵だと思いました。でも日和は何もしてないわけじゃなくて、凛子のストレスにならないように、ものすごく心がけている役でしたよね。

田中:日和が「凛子、こうあるべきだ!」みたいなタイプだったら、多分ダメでしたね。

中谷:途中で凛子は、総理大臣として立っていられるのは、日和がサポートしてくれていたおかげだと気づきますが、それは結局、男女の役割が反対になっただけで、何も解決していないかもしれない。難しい問題だなと、演じながら思いました。

——仕事と家庭、公と私の両立は、実際に二人が働く現場でも、簡単なことではないようだ。

田中:僕らの業界もバリバリ働いている女性がいっぱいいますけど、子育てしながら働くというのはそれだけで尊敬します。

中谷:私自身は働くことを決めた時点で、子どもを産むつもりはなかったんです。どうしても長時間労働になる現場ですから、自分が理想とする子育ては残念ながら無理だと思いました。女性のカメラマンなどが、出産で仕事をあきらめざるを得ない状況も見てきて、現場に託児所があればな、とも思います。

田中:今回、コロナで一時期、すべての仕事がキャンセルになって、家族と過ごす時間が増えたんです。それがすごく楽しかった。仕事が好きだし、忙しい方が性格に合っているとは思うものの、バランスを取るのは大事だなあと思いました。

中谷:女性にとっては、いまのような社会のままで、子どもを産め、でも働けと言われると、ちょっと苦しくて身動きできないですよね。より良い日本の未来のために、誰かが変えてくれないかと本当に思うのですが、それを凛子がやろうとしている。彼女には夢を託しました。

■ちょっとずつでいい

田中:でも僕、この業界を変えたいな、という気持ちもあります。ちょっとずつでいいと思うんですけど、いい作品を作るためにも労働環境を変えていくのはすごく大事じゃないですか。自分が60歳、70歳になったときにいろいろチャレンジできる人が増えているようにしたいです。

中谷:ぜひ、お願いします。

田中:とか言いつつ、ユーチューバーにもなりたいし、スウェット屋になることもあきらめてないし。僕、やりたいこといっぱいあるんです。

中谷:スウェット屋さんは、たくさんあるんじゃない?

田中:自分が着たいスウェットを作りたいんです(笑)。

中谷:そうなのね(笑)。でも、働き方改革と言いますけど、働く女性が幸せを享受するには、上に立つ方々が、早く仕事を切り上げて余暇をもっと大切にするとか、家族と時間を共に過ごすとか、そういうことをしてくださらないと難しいです。

田中:何年かかるかは分からないですが、いつかそんな時代が来ると思います。スキージャンプでも、昔は女性の種目はなかったけど、今は当たり前にある。リアル女性総理の夫も、そのうち誕生するだろうなあって。

中谷:「総理の夫」とタイトルを聞いたとき、最初、男性の総理大臣でパートナーも男性なのかなと思ったんです。残念ながら今はまだ、女性が総理大臣というのはイメージできなかったから。それも変わるかもしれませんね。

田中:この映画、僕はいろんな人に感情移入して、泣きながら見ましたが、いつかこんな日本になればいいなと思いました。観客の方にもそう思ってもらえたらうれしいです。

(編集部・大川恵実)

※AERA 2021年10月4日号