「セコム、してますか?」

 CMでおなじみとなったあの長嶋茂雄氏の名フレーズが8年ぶりに復活した。引き継いだのは女優の松嶋菜々子(47)。今秋からタレントのMattと共演した「Uber Eats」の新CMにも起用されており、「メイクアップ篇」では、まさかの“Matt化メーク”を披露し、話題となった。SNSでは「松嶋菜々子様のMattメーク普通に美しくてすごい」「宝塚メークしたジェンヌさんにしか見えない」と若者世代にも驚きと絶賛の声が相次いだ。

「ここにきて、松嶋さんのCM出演数が急増しています。前出の2つのほか、大正製薬やサントリーなど松嶋さんのCMを目にしない日はないほどです。美しく品があり、よき母としてのイメージも定着している松嶋さんは、視聴者だけでなくスポンサー受けも抜群です」(女性週刊誌の芸能担当記者)

 かつて「やまとなでしこ」(フジテレビ系)や「魔女の条件」(TBS系)などの人気ドラマに主演し、視聴率女王と呼ばれた松嶋。2001年に俳優・反町隆史(47)との結婚後は、2児の育児などで仕事をセーブ。しかし、11年に11年ぶりに単独主演した「家政婦のミタ」(日本テレビ系)で演じた寡黙で不気味な家政婦役が当たり、社会現象にもなる大ヒットを記録した。

「家政婦役でいわばセカンドブレークを迎えた松嶋さんですが、あまりにもヒットしてしまったため、その後、出演ギャラが高騰し、オファーがしづらくなったという話もありました。『家政婦のミタ』以降は、ドラマ、映画ともに出演数が減り、主役もほとんどありませんでした。しかし、強くて頼りになるボス役など、脇役でもしっかりと存在感を発揮し、新たな活路を見いだしたともいえます。露出が激減したのは、お子さんのお受験なども背景にあったようです」(前出の記者)

 教育熱心ともいわれる松嶋。「女性セブン」(20年10月22日号)によれば、昨年3月に有名私立中学校を卒業したばかりの長女が、英ロンドンの学校に留学するため、昨夏に渡英していたという。コロナ禍のおり、松嶋は長女に付き添い、現地で新生活の準備を整えて帰国したという。帰国時にPCR検査を受け、14日間の自宅隔離も行うなど娘のために献身的に寄り添う姿が報じられたが、次女はまだ中学生ということもあり、一緒に移住というわけにはいかなかったようだ。留学先がイギリスになったのは、反町が「相棒」シリーズで共演した水谷豊の娘もイギリスに留学していたことから、水谷夫妻に相談した結果だとも報じられた。

■夫・反町隆史との関係は

「夫の反町さんは、若い頃は一斉を風靡しましたが結婚後は露出も減り、一時は“格差婚”とも言われました。夫婦で飼っていたドーベルマンが同じマンションの住人にかみつき、訴訟沙汰になったり、仕事の少ない反町が琵琶湖にある別荘に一人でこもっているなど、これまでさまざまな報道がありました。しかし、現在は夫婦協力し合って娘たちの進学をサポートするなど家族関係は良好のようです。娘たちも大きくなり、松嶋さんは仕事に本格的に復帰し、反町さんも俳優業をこなしつつ別荘と自宅を行ったり来たりマイペースに過ごしています。結婚20年の夫婦ですから、家族の絆は保ちつつ、それぞれ好きな生き方をしているということでしょう」(同)

 ドラマウオッチャーの中村裕一氏は、そんな松嶋の魅力と今後についてこう分析する。

「落ち着いた雰囲気の中に漂う壮麗感と、凛としたたたずまいで同年代の女優の中でもトップクラスの美しさ、存在感があります。映画『リング』や朝ドラ『ひまわり』をはじめ、ドラマでは竹野内豊と共演した『氷の世界』、江口洋介と共演した『救命病棟24時』、堤真一と共演した『やまとなでしこ』、福山雅治と共演した『美女か野獣』など、話題性のある作品に次々と出演し、90年代後半から00年代にかけてしっかりと実績を残してきました。女優としての自分の価値やニーズを十分認識し、手堅い演技を披露すると共に、あまりプライベートを明かさず、良い意味でカリスマ性とブランド性をキープしていることが、息の長い活躍を続けている理由の一つでしょう。まだまだ彼女の姿を見たい視聴者は多いと思いますので、今まで演じたことのないような役に果敢にチャレンジしてほしいですね」

 10月14日からスタートする江口のりこ主演のドラマ「SUPER RICH」(フジテレビ)にもスーパーキャリアウーマン役での出演が決定している松嶋。CMも増え、3度目のブレークも近いかもしれない。(高梨歩)