11月3日公開の劇場版「きのう何食べた?」に出演するほか、ドラマに映画に引っ張りだこだ。俳優活動にかける思いと、意外な原点を聞いた。AERA 2021年10月11日号から。

*  *  *

――ド直球でグイグイ迫る部下、何を考えているのかわからない不気味なチンピラ、賢く立ち回る現代っ子ながら恩人の愛情を大切にして生きる半グレ……。幅広い演技力で「カメレオン俳優」とも称されている。今年は待機作品を含め、出演作はドラマ9本、映画4本、舞台1本という活躍ぶりだ。

 11月3日に公開される最新出演作は、西島秀俊と内野聖陽のW主演で深夜枠として異例の大ヒットを記録したドラマ「きのう何食べた?」の劇場版だ。

 映画化すると聞いた時は驚きました。原作がドラマの世界観にすごく合っていると思っていたので、逆に、どんなふうに映画ができあがるんだろう、どういうふうに作るんだろうという興味が湧きました。

――磯村が扮するのは、恋人の小日向大策(山本耕史)が「(僕にとって『風と木の詩』の)ジルベールのような美少年」と話す井上航。小悪魔的に小日向を翻弄し、シロさん(西島)とケンジ(内野)も振り回される。

■子どもっぽい可愛さ

 漫画が原作なので、ビジュアル面では原作ファンの方を含めて楽しんでいただけるように、なるべく漫画に寄せたいと思っていました。髪形や髭の感じでちょっと汚らしいというか、だらしなさみたいな部分が見せられたらなと。姿勢からもモサッとした感じを見せたいとも考えていましたね。内面では、航は愛に飢えている人。親の愛情を知らずに育ってきたがために、パートナーである大ちゃんに対してすごく行き過ぎた愛の求め方をしてしまう。そこを嫌味でないように演じていきたいと思っていました。どこか可愛らしさが見せられればと。ただ可愛くしようと思って演じると、すごくあざとくなってしまうので、子どもが駄々をこねているような、子どもっぽさがイコール可愛さにつながればいいなと思って演じていました。

――航は意外にも(?)料理上手。慣れた手つきを見ると、普段から料理をしているのだろう。

 一人暮らしなので、自炊しています。得意料理はないです(笑)。でも、煮込み料理のように時間をかけて味を染みこませる料理が好きです。燻製作りは特に好きですね。時間も手間もかかるんですが、出来上がった時がすごく美味しい。ヒノキだったりりんごだったり桜だったり、使うスモークチップによっても、香りが全然違ってきます。そこがまた燻製作りの一つの楽しみ方でもあります。

――劇場版「きのう何食べた?」は、コロナの自粛期間が最初に明けた時の作品だった。撮影初日がすでに気心知れた西島、内野、山本とのシーンで、コロナ対策の不安を抱えながらも「久しぶりに集まれた喜びで良いスタートが切れた」という。

■先輩たちの姿勢に感銘

 ドラマの時から4人で食事をするシーンが何度かありましたが、先輩たちがディスカッションを何度も重ねるんです。このシーンではこういうふうに言った方がいいんじゃないかとか、こういう動きをした方がいいんじゃないかとか。皆さん(自分の演技を)突き詰めていく。現場の空気感を肌で感じることができました。そんな先輩たちの作品を良くしようという姿勢は、今後、自分も作品を作っていく時に大切にしたいと思いました。

――2020年正月のスペシャルドラマでは、シロさん&ケンジ、大ちゃん&航のカップル2組が焼き肉店で食事をするシーンに宮沢りえが登場、シロさんが大ファンだという大女優を演じていた。磯村にとっては、12月6日に始まる舞台「泥人魚」の相手役だ。

 宮沢さんと本格的に共演するのは「泥人魚」が初めてです。ドラマの撮影は一瞬で、残念ながら全然お話しするタイミングがなく終わってしまいました。でも、(焼き肉店の個室のドアを)ガラリと開けて入ってきた時のオーラはすごく輝いていました(笑)。「泥人魚」は長崎の諫早干拓問題をテーマにした唐十郎さんの作品ですが、宮沢さんのことはこれから稽古を重ねる中で、たくさん知っていきたいと思います。難しい作品だと思うので、一つの挑戦として、自分がどこまで俳優として闘えるかを知ることができる作品になるな、と感じています。

■地元の劇団が原点

――2014年にデビューしてから、舞台は「泥人魚」で3作目。ただ、演技を学んだのは、高校入学後に参加した地元・沼津の劇団沼津演劇研究所だった。

 確かに地元の劇団が俳優・磯村勇斗を作った原点と言えるのですが、僕はもともと映像がやりたかったんです。でも、地元でお芝居を学ぶには舞台しか方法がなかった。今では舞台の魅力ももちろんわかりますが、最初はすごく複雑な心境でした。

――映画が大好き。俳優になりたいと思ったのも、中学生の時に映画を撮ったことがきっかけだ。

 僕にとって映画は日常でした。子どもの頃から洋画を見ていて、映画の世界に興味を持っていました。その時から今でもずっと映画が好きです。俳優になりたいと思ったのは興味本位、かな。芸能界はやはり別世界だと思っていました。日常に飽きていたということもあるし、刺激が欲しかった。人と違うことをやりたいというところもあったのかもしれません。

――上京して演劇を学ぼうと大学へ進学したが、俳優になるために中退した。

 大学をやめてからはフリーランスで転々と小劇場を回っていました。その頃からドラマなど映像をやりたいという思いがすごく強かったんですが、事務所に入らないとなかなか作品には出られない。オーディションを受けても全然引っかかりませんし、事務所オーディションも書類で落ちてしまう。芝居をやるには居場所が小劇場しかなかったんです。そこでしっかり芝居というものを学ばないと勝負できないと思い直し、転々としながら演技を磨いていました。

――現在の事務所へ入ることになったのは、主演舞台をやっていた時に声を掛けられたことがきっかけだ。事務所に所属すると、入ってくる情報もオーディションを受ける機会もフリーランスの時とは全然違った。俳優の夢をあきらめず、地道な下積みが実を結び、今や文句なしの売れっ子に成長した。

■こうしたら面白い

――俳優としての強みは何か。

 ある程度、適当なところではないでしょうか(笑)。俳優はいい意味で適当でないとやっていけない部分があると思っています。それが(公私の)切り替えでも重要だったりしますし。他には……好奇心です。「これをやったら面白いのでは?」「これをやっても大丈夫だろう」とチャレンジしていく。それも適当なんですけど(笑)、良い言葉で言うと、「好奇心旺盛」と言い換えられるかもしれません。

――今後、どんな役に挑戦したいのだろうか。

 特定の志向はないんですが、年を重ねていった時に、例えば三島由紀夫さんのような実在の人物の伝記を演じられるようになっていたら、立派な俳優なのではないかと思います。俳優としても生き残れるようにしっかり頑張ります。

 (フリーランス記者・坂口さゆり)

※AERA 2021年10月11日号