あの大門未知子が2年振りに帰ってきた。

 米倉涼子(46)が主演を務めるドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系)のシーズン7が14日からスタートする。

 米倉は昨年3月末、27年間所属した事務所「オスカープロモーション」を退社して、個人事務所「デサフィオ」を設立。米倉が代表取締役に就任した。

 本作は独立後初の連ドラ主演となるだけに、本人の意気込みも並々ならぬものがあるようだ。

「これまでは大手事務所に所属する売れっ子タレントだったので、『大門未知子のイメージが定着するのはイヤ』などと言って、仕事も選んできたけれど、個人事務所の社長になってから、意識がガラっと変わった。数人いる社員を養わなきゃいけないし、ボーナスも払おうという意識でやっているようです。事務所の売り上げを出せるのは彼女しかいないわけですから必死です。マネジメントは、オスカーの元社員と一緒にやっていると聞いています」(芸能界関係者)

「ドクターX」はシリーズ誕生から10年目の節目を迎える。シーズン7では、100年に1度のパンデミックにより、世界的な医療崩壊が起こるなかで「東帝大学病院」が新局面を迎える。感染治療と内科が最優先され、不要不急の外科手術は延期に。外科は隅に追いやられ、メスを使わない内科医が中心になっていく。そんな疲弊しきった医療現場でも、大門はひるむことなく目の前の命を救おうとする。

 米倉は7日の制作発表会見で「(10年は)あっという間。気が付いたら、70症例ぐらいはオペに立ち合ってプロになった気分。年齢を重ねて、腕と肩がけんしょう炎になっちゃって大変」など、10年の重みを語った。

「ドクターX」は、全シリーズの平均視聴率が20%を超えるモンスター番組。前作のシーズン6でも、全話平均視聴率は約18・5%と高い水準を維持した。シーズン7にも大きな期待がかかる。テレビ朝日関係者はこう話す。

「一部ではマンネリだとの声もありますが、もはや『ドクターX』は水戸黄門のような存在です。このドラマが強いのは、視聴者が録画ではなく、オンタイムで見る世代であること。かなり数字に表れます。第1話の視聴率は15%くらいいけば御の字だと思います。逆に12〜13%だとちょっときつい。第1話はご祝儀的な面があって視聴率は高めに出ますが、2話目以降は落ちやすいので、最初が低いと、途中で1ケタになってしまう可能性もある。もし第1話が17〜18%を取れば、今後の視聴率はかなり期待できます」

 今年の夏以降、テレビ朝日は視聴率三冠王の日本テレビを猛追している。

「8月と9月のプライム(19〜23時)の個人視聴率は日テレを上回りました。プライム以外も、朝のワイドショーの数字がよく、夕方の報道番組も日テレの『news every.』といい勝負をしている。そこに10月からは『相棒』『ドクターX』『科捜研の女』のビッグ3がスタートするので、数字を上げるチャンスです。今クールは、3冠も狙えるかもしれない」(同)

 それだけに、テレビ朝日が「ドクターX」にかける期待は相当なものだ。これまでのシリーズでは大門の恋愛的要素はなかったが、今回は取り入れるという。米倉へのギャラについては「おそらく、今までどおり1話500万円は維持しているはずだ」(前出の芸能界関係者)という。

 前出のテレビ朝日関係者は女優・米倉涼子への期待をこう語る。

「芸能界にはかわいくて、スタイルのいい子はたくさんいるが、米倉さんのようなスケール感、華がある女優はほとんどいない。あのスケール感は海外の女優にもひけを取らない。『ドクターX』はその米倉さんの個性が最も発揮されているドラマなので、今回も視聴率をたたき出してくれると信じています」

 はたして、第1話の評価と視聴率はどうなるか。(AERA dot.編集部・上田耕司)