ドラマや映画はもちろん、バラエティー番組や情報番組など、さまざまな分野で活躍している俳優・高橋克実さん。作家・林真理子さんとの対談では、デビューまでの道のりや、お子さんとのほっこりしたエピソードまで、盛りだくさんの内容をお届けします。

【前編/高橋克実は「本格派俳優」ではない? 「『グッディ!』、楽しかったですよ」】より続く

*  *  *

林:高橋さんって、ホームグラウンドというとどこなんですか。翻訳ものも、前衛的なものも、新橋演舞場でもおやりになるし。

高橋:僕が20代のころ、小劇場ブームというのがありまして、大きいところで言うと、野田(秀樹)さんの「夢の遊眠社」と鴻上(尚史)さんの「第三舞台」の二つがあって、ほかにも三谷幸喜さんの「東京サンシャインボーイズ」とか人気劇団があって、そのブームの中に僕がいた劇団もあったんです。それがスタートですね。

林:最初はテレビとか映画じゃなくて、舞台だったんですね。

高橋:舞台をどうしてもやりたいということではなくて、僕は映画とかテレビを見て育ったものですから、映像の世界にかかわりたいと思ったのがスタートだったんです。でも、いろんなオーディションに行ったりしてもなかなか映像にはかかわれず、自然と自分たちで劇団を作っていた、という感じでした。

林:そうなんですか。

高橋:だから舞台をやるのは最初すごく違和感がありました。「なんで俺、舞台をやってるんだろう」って思っていたくらいです。

林:「映画スターになるはずだったのに」ということですね。

高橋:昔は映画の撮影所があって、大部屋のシステムがあったんですけど、僕らのときはもうそれもなかったですし、どうやったら映像の世界に行けるのかまったくわからずにオーディションに行って、落ちた人同士でしゃべっているうちに「舞台でもやろうか」という、そんなのがスタートでした。

林:そういうパターンって、めずらしいんじゃないですか。舞台をやる人って、舞台を見てシビれて「貧乏でもいいから芝居やろう」みたいな方が多いと思いますけど。

高橋:そうなんですよ。僕は最初のスタートからちょっと違いましたね。だから今でも子どものころ見てた映画とかを夜一人で繰り返し見て、「やっぱりいいなあ」と思ってますよ。

林:舞台をこれだけおやりになってるから、最初から舞台の方だって皆さんたぶん思ってますよね。

高橋:文学座とか俳優座とか、新劇の本流に行かないと「太陽にほえろ!」に出られないんじゃないかといっとき思っていて……。

林:松田優作さんみたいに。

高橋:はい、そうですね。それで新宿の紀伊國屋書店で文学座の受験の本を立ち読みしたら、さっぱりわからないんですよ。「かもめ」とか作品名が並んでて、反対側に作者が書いてあって、「線で結べ」とかいうんですけど、何のことかぜんぜんわかんなかったんです。戯曲自体読んだことがなかったですから、これは絶対ダメだ、何人か集まって劇場を借りて表現するほうが早いなと思って、だから最初はコントみたいなのがスタートでした。

林:へぇ〜、知らなかったです。

高橋:それから所属した劇団離風霊船(りぶれせん)の作品が岸田國士戯曲賞を受賞して、そのころから真剣に舞台に取り組むようになりました。

林:そしてすぐ映像でも売れるようになったんですか。

高橋:いや、それはずいぶんあとです。NHKの連続ドラマの「新銀河」で、林さん原作の……。

林:「トーキョー国盗り物語」(93年)に出ていただいたんですよね。沢口靖子さん主演の。でも私、その話を、前に出ていただいたとき(08年)にうかがって、そのあといろいろ考えたんですけど、高橋さんどこでお出になっていたのか、記憶がないんですよ。

高橋:だって、途中でいなくなる役でしたもん(笑)。いちおうセミレギュラーみたいな役だったんですが、ストーカーみたいな役で、結局、沢口さんに気持ち悪がられていなくなっちゃうんです。

林:そうでしたっけ。

高橋:僕、撮影現場が初めてで、映像の「つながり」のルールとかがまったくわからなくて、何度やってもできなかったんですよ。たとえば、二人で食事をしているシーンで、「こっちから返します」(カメラを移動して、同じシーンを別方向から撮る)というときに、「さっき同じセリフのとき、右手でこれ持ってましたよ」とか記録さんに指摘されて、NGを連発したり、ほんとに苦いデビューというか……。

林:アウェーだったんですね。マネジャーさん、いたんですか。

高橋:そのときは劇団にいたので、一人で行きました。

林:一人でアウェーのところに行くって、つらいですよね。

高橋:自分としては憧れの映像の世界だったので、張り切って行ったんですけど、映像の世界の人なら当たり前のように知っていることも全くわからなくって、参りました(笑)。

林:うまくいくようになったのは、いつごろからですか。

高橋:いつからですかね。やっぱり場数を踏んでからですね。うちはなかなか厳しい事務所で、「何か現場に残して帰ってこい。そうじゃないと次の仕事につながらないから」ってつねづね言われてきました。ですから、いろんなことを考えて、やってみましたよ。たとえばお医者さんの役で、ちょっとした役なんでつくり込む必要なんてないのに、ものすごくつくり込んで、現場で「ズボンの裾をまくってサンダルばきでやりたいんです」って言ったら、「いらないよ、そんなの」って言われて帰ってきたりとか(笑)。

林:テレビでブレークしたのは何ですか。

高橋:やっぱり「ショムニ」シリーズ(98〜13年)ですね。

林:あれはすごい視聴率でした。

高橋:5年間で3クールやって、スペシャルが3本ぐらいあったと思うんです。あれで数をやらせていただいて慣れてきました。

林:人気者になって、街でも声をかけられるし、テレビ局に入るときも「俺、芸能人になっちゃったよ」みたいな感じですか(笑)。

高橋:幕張のほうでロケがあったんですけど、電車で通っていてもそんなに反応されませんでしたね。たまに気づかれても、笑われる感じで。コメディーでしたから、「プッ、ショムニ!」みたいな(笑)。僕、名前で呼ばれることほとんどないです。「ショムニ!」とか「トリビア!」とか。

林:ああ、「トリビアの泉」ですね。

高橋:さすがに「グッディ!」とは言われなかったですけど(笑)。

林:アハハハ。お話をお聞きすると、高橋さんって、誰とでも仲良くなって、どこの現場でもうまくやれそうですよね。

高橋:この世界に憧れがあって飛び込んだので、そこにいられるだけで楽しいんですよ。

林:どこに行ってもお人柄で皆さんに愛されて、だから仕事も途絶えなくあるんじゃないですか。

高橋:いやいや、そこまでこだわるほどの哲学みたいなものが、自分の中にないんでしょうね。若いころ憧れていた俳優さんと現場が一緒だったりすると、「やった!」と興奮します。今でも洋画より邦画を見ることが多いですし。

林:こんなに人気者なのに、ピュアな気持ちを忘れないんですね。話が変わりますけど、高橋さん、お子さんはまだ小さいんですよね。

高橋:そうなんです。上が男の子で小学校低学年で、下が女の子で幼稚園の年長です。

林:お子さんたち、お父さんが出てる番組を見るんですか。

高橋:先月までやっていたドラマ「プロミス・シンデレラ」を楽しみに見てましたね。僕、旅館の大女将の三田佳子さんの執事で、吉寅英二という役だったんですけど、うちの娘、まだ幼稚園児なのに、イケメン2トップのEXILEの岩田(剛典)君と眞栄田郷敦君を見て「キュンキュンする」とか言うんです(笑)。

林:お父さん、ちょっと嫉妬しちゃいますね。

高橋:いえいえ、お父さん、今うちで「ヨシトラ」って役名で呼ばれてます(笑)。「ヨシトラ、髪拭いて」とか言われて髪拭いてあげたり。すべて命令ですね。

林:三田さんになったつもりで、執事に命令するんですね(笑)。

高橋:娘は大竹さんが好きで、「女の一生」も見たいと言って見に来たんですよ。子どもには難しいかな、と思っていたんですが、最後まで食い入るように見てましたね。

林:すごいですね。女の子はお父さんに似るって言いますから、きっとかわいらしいお子さんなんでしょうね。

高橋:かわいそうなぐらい僕に似ていて、生まれたとき「あらっ、お父さんに似てる」ってみんな声をひそめて(笑)。

林:いいじゃないですか。お父さん、目が大きいし。

高橋:自分だけは、うれしかったですけど(笑)。

林:それはそうと、高橋さんは若いころ新潟から上京されて、原宿のセントラルアパートの下の「レオン」(喫茶店)に勤めていらしたんですよね。

高橋:はい。林さんはセントラルアパートの糸井重里さんの事務所にいらっしゃったんでしたっけ。

林:そうです。そこに下の「レオン」からコーヒーを運んでもらって、お金を払ってたのが私なんです。あ、でも高橋さんは私よりずっと年下だから、そのころ私、もういなかったかな。

高橋:いや、ずっと下なんてとんでもない。僕もう60歳になりましたから。

林:そうでしたか。撮影のときに思いましたが、それにしても高橋さん、長身で脚が長いですよね。

高橋:不必要に長いんです(笑)。これが生かされたことがなくて。

林:でも、今度のお芝居、イギリス人の役だからちょうどいいじゃないですか(笑)。スーツもすごくお似合い。カッコいいですよ。

高橋:ハハハハ、ありがとうございます。

(構成/本誌・直木詩帆 編集協力/一木敏雄)

高橋克実(たかはし・かつみ)/1961年、新潟県生まれ。小劇場で活躍し、93年「トーキョー国盗り物語」でテレビデビュー。過去の出演歴は、ドラマ「ショムニ」シリーズや、バラエティー番組「トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜」、報道番組「直撃LIVE グッディ!」など幅広い。そのほか、テレビ、映画、舞台など出演多数。舞台「Home, I’m Darling〜愛しのマイホーム〜」(10月20日〜11月7日、日比谷・シアタークリエ、その後全国6カ所でツアー公演)では、鈴木京香の夫役を演じる。

※週刊朝日  2021年10月29日号より抜粋