人気沸騰中の7人組グループ・BE:FIRSTを生み出した、ボーイズグループ発掘オーディション「THE FIRST」。このオーディションに私財1億円を投じたのが、主催のSKY-HIだ。BTS、BLACKPINKなど世界的な人気を得ているアーティストが続々と登場している韓国などと比べても遅れを取っている、旧態依然とした日本のエンターテインメントの在り方への危機感。そして、SKY-HIというアーティストが乗り越えてきた過去、現在、そして自分だけでなくこれからの若者のためにも切り拓きたい未来とは。

*  *  *
「THE FIRST」をきっかけに結成された7人組グループ・BE:FIRSTが、大きな注目を集めている。楽曲、MVの制作のために募ったクラウドファンディングは4億円を突破。11月3日に配信されたデビュー曲「Gifted.」が各種チャートで軒並み1位を獲得するなど、新人としては異例の成功を収めている。

 BE:FIRSTのプロデューサーであり、私財1億円を投じてオーディション「THE FIRST」を開催したのは、SKY-HI。ダンスボーカルグループAAA(トリプル・エー)のメンバーとしても知られる日高光啓だ。

■「消費されて終わり」にはしたくない

 彼がオーディションを主宰したきっかけは、アーティストを目指す多くの若者が既存の芸能界に居場所を見つけられず、才能が埋もれている現状に危機感を覚えたこと。核になっているのは「“消費されて終わり”には絶対したくない。ここで選ばれなかったとしても、成長のきっかけにしてほしかった」というスタンスだ。

「目標は世界に通用するボーイズグループを輩出することですが、その過程においては、参加してくれた彼らを成長させることに心血を注いでいました。オーディションではありますが、“周りを蹴落としても”ではなく、音楽をもっと好きになって、技術を伸ばす場所を提供したかったので」

 1カ月に及ぶ合宿審査には、SKY-HI自身も参加。10代〜20代前半の参加者と寝食を共にし、楽曲制作やパフォーマンスの審査を通して、「あなたにはこういう才能がある」「ここを伸ばせば、もっと良くなると思います」と丁寧にアドバイスを送り続けた。エンターテインメントの世界を目指す若い才能と濃密な時間を過ごすなかでSKY-HIは「かつての自分を見るような気持ちになった」という。

 2005年、18歳でAAAのメンバーとしてデビューした彼は、その直後から“SKY-HI”を名乗り、都内のヒップホップ系クラブで活動をはじめた。フリースタイル(即興)・ラップで腕を磨き、ラッパーやビートメイカーとの交流を深めるなど、自力でヒップホップ・アーティストとしての土台を作り上げた彼だが、シーンでの知名度が上がるにつれて、周囲からのイメージや偏見に苦しむことに。

 ヒップホップの現場では「なんでアイドルがラップを?」と冷ややかな目を向けられ、昼間の仕事では、夜な夜なクラブで活動することにいい顔をされない。才能と努力だけではなかなか突破できない壁は、彼自身に大きなストレスと痛みを与えた。

「“アイドルではなくラッパーとして活動したい”ではなく、どこかに帰属させられること、ジャンル分けされること自体がイヤだったし、耐えられなかったですね。自分が求めていたのは、信頼できる人と“ここなら成長できる”という場所。残念ながらどちらも得られたとは言えませんでした。自分が活動を続けられたのは、たまたま運と根性と体力があったから」

「THE FIRST」を立ち上げた理由のなかには、“過去の自分を救いたい”という切実な思いも含まれているようだ。

「アーティストとして成功するだけでは報われないし、この状況のままだと、今後もかつての自分と同じように苦しむ人を見ることになる。自分が受けた傷やトラウマを解消する唯一の方法は、過去の自分を救ってあげること。そのために、オーディションに参加してくれた人たちに才能を伸ばせる場所を提供することが必要だった気もします。そういう意味では利己的なプロジェクトなのかもしれないですね」

■BTS、BLACKPINKを生んだ韓国との差

 SKY-HIが掲げるもう一つの問題点は、旧態依然とした日本のエンターテインメントの在り方だ。ストリーミング(定額聴き放題の音楽配信サービス)や配信ライブの活用も立ち遅れ、大手の事務所も、インターネット以降の音楽マーケットに対応できているとは言い難い。BTS、BLACKPINKなど世界的な人気を得ているアーティストが続々と登場している韓国と比べても、日本のエンタメの衰退ぶりは明らかだ。

「日本の芸能界ビジネススキームは、20〜30年前のまま。インターネットを中心とした今のシーンの在り方と乖離しているのは由々しき問題だと思います」

 その閉鎖感を打破すべく立ち上げたのが、彼自身が代表をつとめるマネージメント・レーベル会社・BMSG。“音楽ファースト”という理念を掲げ、質の高い楽曲制作はもちろん、対等な契約システム、海外進出へのプラン、アーティストのメンタルサポート、ファンとのコミュニティ作りなど、現在のシーンに合った芸能プロダクションだ。その成果は、BE:FIRSTによって証明されつつあると言っていい。「THE FIRST」は情報番組「スッキリ」でも定期的に放送されたが、この企画を持ち込んだのはSKY-HI本人。こんなところにも彼のビジネスセンスの高さが感じられる。

■自身のアーティスト活動も変化の時期に

 世界に通用するボーイズグループを目的にしたオーディション「THE FIRST」、“才能を殺さないために。”をスローガンにしたBMSGの設立は、SKY-HI自身の音楽活動にも影響を与えている。最新アルバム「八面六臂」には、女性ラッパーのちゃんみな、ロックバンドTHE ORAL CIGARETTESの山中拓也、THE FIRSTのメンバーらが参加。

 その背景にあるのは、彼のなかに生じた“好きな人と好きなことを好きなようにやる”という純粋なモチベーションだ。

「ベストアルバム『SKY-HI’S THE BEST』(2020年9月リリース)を出したときに、過去の作品に対して思うところがあって。自分の活動を続けるため、周囲に認めさせるための思惑みたいなものが楽曲に滲み出ていることに、音楽へのアティチュードを見直したくなったんです。そんな過去に踏ん切りをつけるために作ったのが、これまでの自分を殺すような思いを込めた『Mr.Psycho』という楽曲。その後は、自分が信頼しているアーティストと好きなことだけをやろうと決めました」

 アルバム「八面六臂」は、SKY-HIの心の移り変わりがリアルに反映された作品だ。<一人のままでもいい>(「Simply Yourlife」)と孤独を抱えていた青年が、様々な活動の中で信頼できる仲間と出会い、音楽と戯れ、心が開けて行く。

「To The First」の<怖くても進め>という歌詞から始まったストーリーが、<怖くても独りじゃないから>(「One More Day feat.REIKO」)というTHE FIRST出身者のREIKOの言葉で締め括られる、エモーショナルなストーリーが表現された作品となっている。

 今後の活動について「従来の芸能システムと渡り合って、いいバランスを見つけることが課題。大変ですが、それをやらないと次の道は見えてこないので」と語るSKY-HI。過去のトラウマを乗り越え、信頼できる仲間と活躍の場所を得た彼の活動が、日本のエンタメに新たな刺激と進化を与える――、一人の音楽ファンとして、そんな光景を見てみたいと思う。

(森 朋之)

■SKY-HI(スカイ・ハイ)/2005年にAAAのメンバーとしてデビューし、ほぼ同時期からSKY-HIとして東京都内のクラブで活動をスタート。2011年にラッパーとのコラボレーション企画「FLOATIN’ LAB」を立ち上げ、翌2012年にコンピレーションアルバム「SKY-HI presents FLOATIN’ LAB」をリリース。2014年3月には1stアルバム「TRICKSTER」を発表した。2017年5月には東京・日本武道館で単独公演を開催。その後も精力的に活動を継続し、2020年9月に初のベストアルバム「SKY-HI’s THE BEST」をリリースした。2020年9月には「才能を殺さないために。」をスローガンにした自身のマネジメント/レーベル会社・BMSGを設立。2020年秋より、自身が1億円以上投資したボーイズグループ発掘オーディション「THE FIRST」を開催し、同オーディションをきっかけに生まれたBE:FIRSTのプロデュースを担当している。