関西ジャニーズJr.のエース、「なにわ男子」がついに今月12日にCDデビューした。8月にファンクラブが発足するとアクセスが殺到、24時間で登録者が13万人を超える記録をたたき出した。売れっ子街道まっしぐらの7人の、パワフルでほほえましい“わちゃわちゃ”をお楽しみあれ。

*  *  *

──次々とデビューのお祝いの声が届くなか、印象に残っているのは?

長尾謙杜:(関ジャニ∞の)大倉(忠義)くんですね。なにわ男子が結成されたときからプロデュースしてくださっているので。

西畑大吾:デビュー発表があったツアーの公演で最後の曲を歌った後、イヤホン越しにボソッと「おめでとうございます」って。涙がドバッと出ました。

大西流星:「じゃ、次の公演からはデビュー組としてのパフォーマンスを期待してます」みたいなことも言われました(笑)。

高橋恭平:(King & Princeの)永瀬廉くんは「おめでとう! 会えたらご飯行きたいね」って。(SixTONESの)田中樹くんは「デビューとは」みたいなメッセージを送ってくれた。

大橋和也:(ジャニーズWESTの)重岡(大毅)くんから電話が来ましたね。ジーコ(Snow Manの向井康二さん)はデビューの発表があった日の夜にコンサートを見に来てくれて、直接「おめでとう」「一緒に頑張ろな」って言ってくれて。

道枝駿佑:初ドラマで共演させていただいた(Hey! Say! JUMPの)中島裕翔くんも「一緒に頑張ろう」って。

藤原丈一郎:ジャニーズの先輩ももちろんうれしいですけど、舞台で共演した中井貴一さんに連絡しようと文を打ってるときにちょうどメッセージが来てすっごいうれしかった。いつも「大阪忘れたらおぼえとけよ」って言われて「はい、初心(うぶ)な気持ちで頑張ります!」って。

──ファンクラブも開設されましたが、みなさんも加入しようとしたとか。

道枝:はい。でも、(アクセスが集中して)サーバーエラーでできなくて。

大橋:僕もチャレンジして、ダメだった(笑)。

高橋:ファンのみんなの勢いがうれしかった。

長尾:うれしい悩みというか。しばらく入れなくて、こないだ入りました。

西畑:デビュー曲のレコーディング中だったので、歌いながら更新ボタンを押し続けて、3時間後くらいにつながりましたね。

大西:僕はその日の夜に。一生に一度しかないので、頑張りました!

藤原:ファンのみなさんと戦ってました(笑)。面白いっすよね、自分のファンクラブに自分で入金しに行くっていう。

──デビュー曲は「初心LOVE(うぶらぶ)」ですが、メンバーで一番初心なのは?

西畑:ま、西畑じゃないっすか。

道枝:違いますねー。

大橋:俺かなー?

道枝:あなた違いますよ。

大西:ここで自分って出てくるあたりは、全然初心じゃないですね。

大橋:(お菓子を食べながらもごもごと)俺はみっちー(道枝)やと思います。

道枝:いや、俺でもないですよ。俺、ちがう……。

大橋:僕らが下ネタ言うと恥ずかしそうにします。

高橋:映画のキスシーンも目を開けて見られない。

道枝:言うなよそれを!

藤原:あとは、冗談を言うと「え、ガチ?」みたいな反応します。

道枝:だってリアルなテンションで言ってくるんですもん。この前、ツアーで飛行機乗ったときに帽子かぶってたら、隣にいた丈くんと長尾が「みっちーみっちー、帽子もとらなあかんで」って。俺、あんま飛行機乗ったことないんで、素直に帽子とっちゃって。

西畑:かわいかったっすよー。

長尾:バカやもんなあ。

藤原:初心王です。おめでとう!

一同:おめでとー(拍手)。

──これからどんなグループを目指したい?

西畑:デビューすることによって、よりキラキラしていたいですよね。キラキラっていうのは……キラキラですね(笑)。

大西:今、元気なキラキラ感はあると思うんですけど、落ち着いた大人のキラキラも身につけたい。

藤原:番組によって色も変えていきたいですよね。教育系とか静かな番組でわちゃわちゃしてたらあれやから……。

大橋:教育番組出ようとしてるの?(笑) 僕、色気ほしいです。ダンスするときとか。

高橋:魅力は、こういうわちゃわちゃ感。このまま仲良しでいたいですね。

大西:距離感、ゼロ距離。

長尾:年齢差はありますけど、それぐらい仲のいいところが「なにわしか勝たん」ポイントです。

(取材・構成/本誌・大谷百合絵・秦正理・伏見美雪)

>>【後編/なにわ男子・大橋和也「りゅうちぇ(大西流星)好きなんです。チューしたことあります」】へ続く

※週刊朝日  2021年11月19日号