俳優の菅田将暉(28)と小松菜奈(25)が11月15日、結婚したことを発表した。これまで、映画で3度も共演したことのある2人。『ディストラクション・ベイビーズ』(2016年)、『溺れるナイフ』(2016年)、そして『糸』(2020年)で、交際がスタートしたのは、『糸』の撮影中、2019年の秋頃だったという。「共演結婚は長続きする」という夫婦問題研究家の岡野あつこさんにその理由を聞いた。

 *  *  *

「恋愛対象の人物と出会いの少ない職業の人たちだし、菅田将暉さんと小松菜奈さんは2人とも人気者だからプライベートの時間も少ないはず。ましてやコロナ禍だから人と接する機会も少ない。今回の結婚は、最初の映画共演の時から、菅田将暉さんの一目惚れだったとも報じられていましたが、コロナで精神的にストレスフルな生活の中で幸せな家庭を築きたかったのかもしれません」

 そう話す岡野さんが、共演からの結婚が長続きする大きなポイントは周囲の説得。

 「この2人の何がすごいかと言えば、それぞれの所属事務所を説得できたこと。人気も実力もある芸能人同士で、双方の事務所を説得するのは大変だったのではないでしょうか? 事務所から結婚を許してもらえたというのは、28歳と25歳という若い2人なのに純粋にすごいと思います。周囲をきちんと説得できるほどの相当しっかりとした考えを持って、結婚をスタートさせるので長続きすると言えます」

 また、「菅田将暉さんの方から好きになっている」のもキーとなる点と指摘する。

 「山本耕史さんと堀北真希さんの共演カップルは、山本耕史さんが堀北真希さんを大好きだったそうです。元々大好きというところから共演してしまうと他が見えなくなってしまうのでは? 昔で言うと石原裕次郎さんと北原三枝さん(笑)。石原裕次郎さんは映画で共演する前から北原さんの大ファンだったそうです。男性の側から大好きになってしまうと、年齢や事務所、その他、どんな大きな障壁があってもゴールインに突き進んでしまうのでしょう」

 最近の共演結婚と言えば、「逃げ恥婚」と言われた星野源と新垣結衣。ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で共演してゴールインしたが、この2人と比較し、菅田・小松カップルで岡野さんがやや気になるのが年齢。

 「新垣結衣さんは33歳で星野源さんは40歳で、色々な人を見てから『この人』と決めたのだと思いました。菅田さんと小松さんの結婚のニュースを知った時、率直な感想は『若いな、せめてあと2年後とかでもいいのでは?』。菅田さんが28歳、小松さんが25歳で、特に菅田さんは映画もドラマも音楽もという超売れっ子。30代前半までにさらに仕事を充実させて成熟してからの結婚でもいいのではと思ってしまった。その点は気になった一方で、菅田さんはもう少し仕事をしてから結婚ではなく、結婚してから安心して仕事に励むことを選んだのは純粋で真面目だからなのだと思います」

 強固な結びつきからスタートする共演結婚は長続きすると岡野さんは言うが、東出昌大・杏のような例もある。

 「東出さんの場合は大失敗例で(笑)。東出さんは俳優として『プロ化』していなかったのだと思う。俳優としてプロフェッショナルだったならば、共演するたびに恋愛はしない。好きという感情が湧いても、そこはプロ。それが、東出さんは共演した唐田えりかさんの方に走ってしまった。余計なお世話ですが、菅田さんはまだ若いし、俳優としてこれからもっと成熟していく段階だからこそ色々な共演を経験しても、『東出二世』というか『東出化』はいけない」

 菅田将暉は結婚発表から8時間後、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『オールナイトニッポン』の生放送冒頭約20分間を使い結婚を報告。「いままでは役の人生に向き合ってきたが自分の人生に向き合うきっかけになった。そのきっかけを作ってくれた小松さんには感謝しています」と語った。その言葉に揺るぎはなかった――。(AERAdot.編集部太田裕子)