2018年に亡くなった樹木希林さんの「一番弟子」と言われるほど親密だった浅田美代子さんが二人の思い出を綴った本『ひとりじめ』を上梓しました。プライベートでも仲良しの作家・林真理子さんとの対談では、樹木さんとの思い出から、浅田さんの現在まで語り尽くしました。

【樹木希林さん、ドラマ演出家の不倫暴露も “一番弟子”浅田美代子が振り返る】より続く

*  *  *

林:この本は、希林さんのこととリンクしながら、美代子さん自身のこともいろいろ書いてるんですよね。50歳以上の人はみんな覚えてると思うけど、「時間ですよ」で屋根の上でギター弾きながら「赤い風船」を歌って……。

浅田:すいません(笑)。

林:あのときの美代子さんのかわいさって、いままで見たことのないかわいさだった。上白石萌音ちゃんを見てると、あのときの美代子さんをちょっと思い出すけど。

浅田:それ、ときどき言われる。「雰囲気似てるね、昔の美代ちゃんに」って。

林:やっぱり。美代子さんって、何の苦労もしていない東京麻布生まれのお嬢さまだと思ってたら、けっこう家庭で苦労されてたんですね。ご両親が離婚されたり。

浅田:そうですね。父親のことは、確かにみんな知らなかったことかもしれない。

林:お父さまは家庭人として、ちょっと問題ある方ですよね。

浅田:そう。その父親のことにも希林さんが出てくるんですよ。私は父親を絶対許せなかったんだけど、「もう許してあげなさい。お墓参りに行ってあげなさい」って言われて、それで私はお墓参りに行くようになったんです。

林:そうなんだ。美代子さんの結婚のときも希林さんがかかわってるんですよね。

浅田:周りはみんな反対だったのに、希林さんは背中を押してくれました。いつも節目節目に希林さんがいましたね。

林:結婚したのが19歳?

浅田:19歳で知り合って、21歳で結婚しました。

林:当時は携帯がなかったから、彼(吉田拓郎さん)、実家に「吉田ですけど」って電話かけてきたんでしょう?

浅田:そう。電話に出たうちの母親が私に「吉田先生から電話よ」って。なんか違う作曲家か作詞家と間違えたらしくて(笑)。

林:吉田正先生とか(笑)。

浅田:「みんなといるんだけど、来ない?」って言われて、親も吉田先生だと思ってるから、行かせてくれたんですよね。

林:あのころ彼は若者の教祖だったし、カッコよかったもんね。

浅田:でも、テレビに出ない人だったから、彼のラジオ番組にゲストで呼ばれるまで、私は知らなかったんです。LPを何枚か彼からいただいて、「ああ、いい歌を歌ってるんだな」と思ったの。

林:世間知らずの美代子の心をつかむのは簡単だったのね(笑)。

浅田:アイドルみたいなことをしてたから、マネジャーさんが行きも帰りもベッタリで、うちまで送り届けてくれて、誰ともつき合うチャンスがなかったのに、それを破った人だったんですよね。

林:それで21歳のときに結婚して、専業主婦してたの?

浅田:うん。私はドラマとかお芝居やりたかったんだけど、彼がイヤがったので。

林:そうだったんだ。そのあと離婚して、それがいくつのとき?

浅田:28のとき。

林:それから今までずっと切れ目なく仕事を続けてるってすごいですよね。

浅田:出戻った1本目がTBSの「金曜ドラマ」なんです。プロデューサーとかディレクターが「時間ですよ」のときの人たちで、昔から知ってたから、それで始めたんですよね。そして今まできちゃったという感じ。

林:「30代は、寝ても覚めても恋をしていた」って本に書いてあるけど、再婚しようとは思わなかったの?

浅田:結婚を持ち出されるとイヤになっちゃったの。一回失敗してるから、もう結婚はいいやと思って。21で結婚して、同年代の友達みたいにディスコに行ったりお酒飲んだりとかできなかったから、離婚してからは遊びまくってました。30代が青春でしたね。

林:みんなにつくられた「となりの美代ちゃん」のイメージが、そのころちょっと重荷になった?

浅田:仕事に戻ったときは「赤い風船」の話をされるのがすごくイヤで。取材でも「『赤い風船』の話はしないでほしい」って言ってました。でも、何かきっかけがあったわけじゃないけど、「赤い風船」の時代があったから、私は今こうしていられるんだと思ったら、「『赤い風船』? 歌いますよ」みたいになっちゃいました。打ち上げのときとかカラオケで。

林:「紅白」に出ましたっけ。

浅田:出てないの。当時、NHKの歌番組に出るにはオーディションに受からなきゃいけなくて、私は毎回落ちちゃって、5回目ぐらいかな、やっと受かったの(笑)。

林:そうだったの。女優をやっていけるなと思ったのはいつですか。

浅田:いや、まだダメですよ。希林さんにほめられるようなお芝居は、まだできてないと思ってる。

林:私、「朝が来る」(20年、河瀬直美監督)はまだ見てないんですけど、「泣いちゃった」と言う人、多いですよね。

浅田:あれで賞(日本映画批評家大賞助演女優賞)をもらって、希林さんの着物を借りて、希林さんのお墓に行って報告したんだけど、あれはうれしかったです。

林:ゴメンね。必ず見るからね。

(構成/本誌・直木詩帆 編集協力/一木俊雄)

浅田美代子(あさだ・みよこ)/1956年、東京都生まれ。73年、ドラマ「時間ですよ」でデビュー。劇中歌「赤い風船」が大ヒットし、同年の日本レコード大賞新人賞を受賞。「寺内貫太郎一家」「時間ですよ・昭和元年」「釣りバカ日誌」などのドラマ・映画など出演多数。2019年、映画「エリカ38」に主演、21年には映画「朝が来る」で第30回日本映画批評家大賞助演女優賞を受賞。動物愛護団体への支援をライフワークとしている。俳優・樹木希林さんとの思い出をつづったエッセー集『ひとりじめ』(文藝春秋)が発売中。

※週刊朝日  2021年11月26日号より抜粋