Sexy Zoneが表紙を飾った「週刊朝日」11月26日号が発売された11月16日は、グループの10回目の誕生日だ。デビュー当時、平均年齢14.4歳だったメンバーたちは、どのような思いで節目の年を迎えたのか。紆余曲折あった10年の道のりを振り返り、未来への意志を語った。

*  *  *

──本誌の発売はみなさんがデビュー10周年を迎える11月16日当日です。

松島:えー! すごー! 雑誌で当日は初めてじゃないかな? ファンのみなさん、ついに今日で10歳になりました!

佐藤:すごい偶然ですね。CD出して10年、いままでありがとうございます。

松島:いろんなドラマがあった10年だったんですけども、とにかく楽しかった記憶のほうが多くて。ぜひ、まだフレッシュさが残っている(笑)僕らを、これからも応援していただけたらうれしいです。

中島:みなさんの存在がなければ、ここまで来られていない。僕のやる気の源はみんなだし、今後はみなさんが生きるうえで、僕たちが大きな力の源になれるようにしっかり頑張っていきたいです。

菊池:ひとえにみなさんのおかげです。このご時世で制限もあって、正直、自分たちが思い描いていた10周年ではない。なんか、もっと大人なイメージだったし、もっと売れてると思ってたし、まだまだだなって。もっともっとみなさんに見せたい夢があるので、これからもよろしく!

──10周年の曲「Change the world」には「笑って泣いた」というフレーズがあります。この曲を含む記念アルバム「SZ10TH」の3月のリリース直前の取材で、「10周年イヤーに、笑って泣ける瞬間があれば」とおっしゃっていましたが。

佐藤:「笑って泣いた」って僕が書いた歌詞なんです。5周年のときに同じようにメンバーが歌詞を持ち寄った曲「STAGE」では「泣いて笑って」って歌詞なんですけど、それを逆にして。楽しいことが先がいいよねって。言葉通り、笑って泣いたのは、ライブツアーですね。久々の有観客だったので。

菊池:生でみなさんの顔を見られて、こんなに支えられてるんだ、って感動しましたね。

松島:ツアーでは本当に笑って泣けました。僕、昔って、あんまり心の底から笑って泣けなかったんです。なんかね、とにかく必死だった。でも(芸能活動休止から)復帰してからは心の整理がついて、仕事も人も好きで大事にしたい、って気持ちになって。そのなかでの有観客ツアーだったので、感情も高ぶって。

中島:僕はグループのことに関しては、少し俯瞰(ふかん)で見てる部分があるからか、あんまり涙出ないんですよ。でも、今年は、何げない時間、楽屋での会話とかで、みんながちゃんと笑える瞬間が多かったなと思います。

──それは昨年、コロナを機にメンバーでいろいろな話をされたことで生まれた変化ですか?

中島:うん、そうですね。なかなか話す機会もなかったので、どういう曲をやりたいか、グループとしてどこの位置に立っていたいか、そういうことをちゃんと話をすることができてよかった。

佐藤:ちょうどコロナが拡大した時期に僕らのツアーが予定されていて。そのときはグループで出した答えでツアーを中止したんですけど、それが紆余曲折を経て今年の有観客ツアーにつながった。いろいろ考えるきっかけになって、みんなで話せてよかった、グループだなあって思いましたね。

菊池:どんなかたちであれ10周年イヤーでツアーできてよかったな。不安はやっぱりありましたけど、ライブをやらせてもらって、なおかつみんなの顔も見られて。

松島:コロナ禍であっても僕らは僕らなりの歩み方があるって、自分もみんなも思ってるんだなって感じました。男性のファンの方も増えてきたので、昔から応援してくれてる人も、最近ファンになってくれた人も、一緒になって10周年以降も歩んでいこうっていうスタンスが、みんな同じだったってわかってうれしかったかな。

──その10周年以降はどう歩んでいこうと考えていますか?

佐藤:見たことないっていうのが一番言われたいですよね。SNSとかはもう当たり前だと思うから。そのなかでどういう新しいものをできるかっていうことをやっぱり求めたいなって。

中島:ジャニーズがまだ踏み出してない領域。でも最近意外とやっちゃってるんですよね(笑)。……わかんないけど、先輩のアルバムを一枚全部カバーしたアルバム出すとか(笑)。あとは、やっぱり大きな舞台でね。日本のみならず日本以外での活動とか。海外のアーティストとコラボってしてないじゃん? 例えば、ビリー・アイリッシュとか、菊池のドラマの主題歌の彼女……。

菊池:オリヴィア?(笑)

中島:うん、オリヴィア・ロドリゴとか。デュア・リパとか同い年くらいなんですよ! だから“あいつら”って呼んで……。

松島:友達!?(笑)

佐藤:年近いから?(笑)

中島:って呼べるくらいにさ(笑)。聡が、「デュア・リパから連絡来たんだけど」とか。

松島:でも英語できないと(笑)。

中島:翻訳機があるじゃん。そういう新しいことをやっていくのがSexy Zoneじゃない?

──かつて「セクシーな時代を表現する言葉を」という質問から中島さんの「セクシーサンキュー」が生まれたそうですが、Sexy Zoneの次の10年を表現する言葉があるとすれば?

中島:……「さすがジャパン」。海外でも、日本を代表するような存在になっていけたらという意味で。例えば海外で賞をもらったとして、スピーチで感謝の意を英語で述べるけど、最後に「いろいろ言いましたけど、さすがジャパン」って(笑)。

【Q&A】もし自分がSexy Zoneのメンバーをプロデュースするとしたら?

★菊池風磨★

勝利は舞台ですね。舞台が楽しそうなので(9〜10月、単独初主演舞台「ブライトン・ビーチ回顧録」に出演)。顔もはっきりしてるから遠くからでも見やすいなって。報告を受けたりとかはしないけど、楽しそうな雰囲気は伝わってきますよ。松島くんはドラマ。舞台やって、それも楽しそうだったんで(9月、舞台「赤シャツ」に出演)、ドラマの聡ちゃんも見てみたいなって思います。中島くんは逆に、舞台見てみたいですけどね。ドラマとか映画とかっていうのはイメージあるけど、舞台のイメージはないんで。マリウスはモデルやってほしいですね。

★佐藤勝利★

中島健人は演劇。演劇は、目の前のお客さんをダイレクトに感じる場なんです。ケンティーは主観をすごく持てる人だから、客観っていう面もプラスされたらいいなーって。風磨くんは……器用だから、求められることに応えるのがうまいんですよね。だから本人がこれは120%やりたいと思うことを見たい。自分主体で。ケンティーとは逆ですね。松島は、難解な役とかやらせたいですね。殺人事件を扱った作品とかそういうのでもいい。絶対うまいと思う。マリウスはブロードウェーとかが好きなので、そういうステージに立ってるのは見たいな。

★中島健人★

菊池は、お掃除系ユーチューバー。相当掃除好きで、道具のこだわりもすごくて、この前、隣でずーっと話してたから(笑)。マリウスは、ドイツ語講座のユーチューブかな。勝利は、小説家の役。和服を着てほしい。で、最後に太宰(治)みたいに入水自殺する文豪が似合う。松島はティックトッカー。TikTokとInstagramは、秒で人をとらえるあざとさがないとできないけど、あいつはあざとさ持ってるから!(笑) 俺は、ジャニーズのファッションを体現するプラットフォームをつくる。ほかのブランドとコラボしたらどういう化学反応があるのか興味があります。

★松島聡★

マリちゃんは圧倒的にモデル。ファッション好きだし、知識もあるし。風磨くんは、「ごくせん」みたいなドラマに出てほしいです。先生じゃなくてヤンキー役、絶対さまになる。ケンティーは、ドSキャラの役は見てきたので、甘えるワンコ系男子とか末っ子キャラを見てみたいなー。勝利は、ジブリの実写。「千と千尋(の神隠し)」のハクとか。顔もきれいだし声質も似てるから。「耳をすませば」の聖司役も似合う。僕自身はアートメイクをやりたい。ほんとは顔がきれいな勝利とかがやったほうがいいんだけど(笑)、いかに変化していくかを見せたいです。

(取材・構成/本誌・大谷百合絵・伏見美雪)

※週刊朝日  2021年11月26日号