フジテレビで放送されている『人志松本の酒のツマミになる話』が人気を博している。この番組はもともと前身番組である『ダウンタウンなう』の中の特別企画として放送されていた。それが好評だったことから、2021年4月に独立して1つの番組になった。

 松本人志がスタジオの中心にいて、出演者が車座になって話をするというフォーマットは『人志松本のすべらない話』と同じだが、番組に流れる空気は全く違う。『すべらない話』では、話芸のプロである芸人たちが、笑いのカリスマである松本の御前でとっておきの笑える話を披露する。「すべらない」と銘打たれているだけあって、芸人たちには並々ならぬプレッシャーがかかるため、収録現場には緊張感が漂っている。

 一方、『酒のツマミになる話』では、出演者が酒を飲みながら他愛のない雑談をする。特にテーマも決められていないため、話題はあちこちに飛ぶこともある。

 でも、それが面白い。アルコールが入ってほろ酔いの出演者たちが、ほかの番組では見せないリラックスした態度で雑談をするのが楽しい。

 この番組が人気を博している最大の理由は、コロナ禍のせいで人々の間で飲み会への憧れが高まっていることだ。昨今は酒を飲まない若者が増えているし、上司や年長者が下の立場の人間に対して「飲みニケーション」を押し付けるのは悪であるという風潮が根強い。

 だが、酒を飲むのが好きな人にとって、飲みの席でワイワイととりとめのない話で盛り上がるのは楽しいものだろう。コロナ禍により、人々はその楽しみを長期にわたって奪われてしまった。

 そんな中で始まった『酒のツマミになる話』は、失われた飲み会の疑似体験としての価値がある。酒の席で展開されるのはただの雑談である。話のテーマが明確でなくてもいいし、きちんとしたオチがなくてもいい。そんな飲み会特有のダラッとした雰囲気を味わえるのがこの番組の魅力なのだ。

 さらに付け加えると、雑談には雑談の面白さがある。普通のテレビ番組では、限られた時間で多くの情報や多くの笑いどころを詰め込む必要があるため、一つ一つの話の尺が短くなりがちだ。テレビタレントには瞬間的で即物的な笑いの取り方が求められているし、その能力が高い人だけが長く生き残っている。

 でも、実際には、長い話やオチのない話ならではの面白さというものも存在している。『酒のツマミになる話』では、従来はテレビ向きではないと言われてきた雑談の面白さにスポットを当てているのだ。

 もちろん、雑談を軸にした番組はこれまでにもたくさんあったし、いわゆるトーク番組は広い意味で雑談の番組であるとも言える。だが、ほとんどの場合は、話す内容が事前に大まかに決められていたりして、本当の意味で自由に話していいという番組は多くはない。

『酒のツマミになる話』の場合、「ツマミになる」というコンセプトが絶妙である。それは、単にオチがあって笑える話というのとは違う。その場が盛り上がるような話題であれば何でもいいのであり、間口が広く取られている。

 酒も入っていて気楽な雰囲気で話せるからこそ、出演者の口から普段は聞けない本音がポロッと漏れることもあり、そういう発言がネットニュースなどで取り上げられたりすることもある。

 雑談番組は『酒のツマミになる話』だけではない。たとえば、10月31日にテレビ東京で放送された『中居正広のただただ話すダーケ』という特番も、テーマを決めない雑談番組だった。車座になった出演者たちが「お互いの下の名前を言えるか」「昨日の夕食に何を食べたのか」といった他愛もない話題でトークを展開していた。

 コロナ禍は我々からたくさんのものを奪っていった。その1つが、酒を飲みながら親しい人とダラダラと過ごす時間である。そんな飲み会の雰囲気を疑似体験できる雑談系トーク番組は、これからもっと増えていくかもしれない。(お笑い評論家・ラリー遠田)