元「モーニング娘。」のメンバーで、現在はタレント、YouTuberとして活動する後藤真希(36)が今月29日に10年ぶりとなる写真集「ramus」を発売する。10月に公開された先行カットがSNSなどで大きな話題を集め、受注開始直後から予約が殺到しているという。10年という時を経て挑んだ写真集の手応え、有観客ライブへの思い、モーニング娘。時代の貴重なエピソ−ドから36年間住み続ける江戸川区愛にいたるまで、後藤がAERA dot.のインタビューで語った。

*  *  *

写真集撮影のために「あえて肉付きを意識した」

――10年ぶりの写真集が発売前から、かなり話題になっています。率直にどう感じていますか?

正直、かなりびっくりしています。まさか、こんなにも多くの反響をいただけるとはまったく思ってなかったので。最初、スタッフさんから「写真集を出しませんか?」と提案された時も、実はかなり不安だったんです。10年間も写真集を出していなかったわけですし、それに最近は、YouTubeとか、自分のファンコミュニティーみたいなところで、のんびりと仕事をしていたので、いきなり「写真集」って言われたら「え?!今?!私が?!」みたいに戸惑ってしまって。カメラに向かって、水着を着るのも久しぶりだし、「撮影って、どんな風にやってたっけ?」って、そういう感覚もいまいち思い出せないまま、撮影の日程も決まっていって、衣装も決まって…「やばい、プロジェクトがどんどん進んでいる。私、大丈夫かな」って、すごいドキドキしていたのを覚えています(笑)。

――撮影に向けて、準備は入念に行ったのでしょうか?

私、これまでもそうなんですけど、写真集のために「痩せよう」とかはあまり思わない人なんです。私の場合は、普通にお仕事しているだけで、体重がどんどん落ちていってしまう傾向にあるので、逆に、いつも体重を増やすことを意識しています。今回も、最終的には2キロくらいは体重を増やして、撮影にのぞみました。

――久しぶりの撮影はいかがでしたか?

「女性でも楽しめるような写真集をつくる」というテーマもあったので、今回は初めてファッション系のカメラマンの方に撮影をお願いしました。だから、すごく新鮮な気持ちでのぞめたと思います。「どうやって撮ってもらおう」っていうのも色々と悩みましたけど、撮影当日になったら、もう吹っ切れたというか、あまり何も考えずに、普段のありのままの自分を撮ってもらえばいいやってくらいに思えました。今回はすごくカメラマンさんと呼吸が合っていたと思います。出来上がった写真を見たら、女性が見ても「いいじゃん!」って思ってくれるような素敵な写真がたくさん撮れたと思います。

11年ぶりの有観客ライブは「怖い」

――写真集の反響も大きいですが、今月と来月には11年ぶりの有観客ライブも控えています。

正直、今からすでに緊張しています。これまで経験してきたライブとは空気感が全然違いますからね。だから、イメージが全然わかないんですよ!写真集の撮影と同様、こちらもドキドキしっぱなしです。当日怖いです。

――元々後藤さんは緊張しやすいほうですか?

いや、モーニング娘。の時は、そんなに緊張しなかったんですよ。ある程度の年齢になってからです。急に、自分に「理想」を課すようになったんです。次はここまで攻めてみようとか、新たな自分を見てもらおうとか。そんな風に考えるようになってから、すっかり「緊張しい」になってしまいました。

「一日一日が長かった」モーニング娘。時代

――かつてのモーニング娘。のメンバーと、現在も連絡をとることはありますか?

もちろん、ありますよ。辻ちゃん(辻希美)やミキティー(藤本美貴)とはよく連絡をとります。でも、だいたい子どもの話とか、化粧品はこれがいいよとか、そんな話ばかりです。あと、ゆうちゃん(中澤裕子)とは、お互いの誕生日にLINEを送り合ったりはします。

――後藤さんにとってモーニング娘。に在籍していた3年間は、どういう時間でしたか?

とにかく一日一日が長かったです。毎日違う場所に行っていたし、何度も貴重な経験をさせてもらいました。一年が365日じゃないだろって思うくらい濃すぎる3年間だったと思います。「ほんとうに3年だけだったのか?」って、今でも不思議に思ったりします。体感としては倍くらいには感じているかも。

――後藤さんがモーニング娘。に加入したのは13歳でした。

未熟な部分はたくさんあったと思います。やっぱりまだ子どもだったので、反応がとにかく素直でした。歌入れとか歌詞を理解すること、振付を覚えることとかもよくわからなくて。もし、今の自分が当時の自分に何かアドバイスできるとするなら、「もうちょっと頑張りなさい」って言うと思いますね(笑)。

江戸川区にはずっと住み続けたい

――36年間ずっと江戸川区に住んでいる理由を教えてください。

やっぱり住みやすいからですね。近所の方とかも知っている人も多いし、家族や親戚もけっこう密集しているから、安心なんですよ。それに、公園も多いし、今となっては子どもを育てるのにはピッタリな街だなって思っています。

――今まで一度も離れようと思ったことはないですか?

憧れたことはもちろんあります。もっと都心のほうで、マンション暮らしとかいいなって。でも、当時、うちの母親が一人暮らしは絶対駄目だって言ってて…。

――理由はなんておっしゃっていたんですか?

「お母さんが寂しいからだ」って言っていました(笑)。だから、「しょうがいないな」と思いつつ、実家から仕事に通っていました。

――当時、モーニング娘。のメンバーと江戸川区の健康ランドに行っていたという話もありますが、事実なんでしょうか?

事実です。あれはレコーディング終わりだったと思います。その当時、江戸川区に限らず、仕事終わりに、サウナとか、みんなとよく行っていたんです。仕事終わって、サウナに行って、またすぐ仕事みたいな…。当時はそんな忙しい毎日でした。

――モーニング娘。のメンバー数人が健康ランドにいたら、一般の方はびっくりしたのでは?

それが意外とバレなかったんです(笑)。タオルをターバンみたいにして、顔をほぼ隠していましたから。でも、別に江戸川区で顔バレしても私は特に気にならなかったです。今も全然気にしませんし。だから基本的には、服装もめっちゃラフです。トレーナーにデニムに、サンダルみたいな。いつ汚れても良いような服で歩いています(笑)。江戸川区が崩壊しない限りはずっと住み続けると思います(笑)。

――最後に、今後の目標など教えてください。

今は、とにかくファンのみんなに早く会いたいっていう気持ちがすごく強いです。だから有観客ライブはほんとうに楽しみなんです。11年ぶりのライブですから。例えば、11年前のライブに来てくれた子がいるとして、その子が当時18歳だったなら、もう29歳になっている。当たり前ですけど、私が知らない間に、みんなすごい大人になっている。ファンの子たちのそういう成長も、早くみてみたい。今後のコロナの状況にもよるとは思いますけど、これからも定期的に、こういったファンと直接交流できるような活動をしていきたいです。

(構成・聞き手/AERA dot,編集部・岡本直也)

■ごとう・まき/歌手。タレント。YouTuber。1985年9月23日生まれ、東京都江戸川区出身。13才でモーニング娘。のメンバーとしてデビューし、数多くのヒット作に参加。その後、ソロアーティストとして活動。2002年、モーニング娘。を卒業。2014年7月、結婚。現在二児の母。21年11月には10年ぶりとなる写真集「ramus」を発売。さらに同月と12月には11年ぶりとなる有観客ライブ「後藤真希 Billboard Live 〜Reply〜」を大阪と横浜で開催予定