「人間誰しも、自分を育ててくれた人がいる」。そんな言葉とともに、北村匠海は自分の家族について語り始めた──。4月8日に公開された映画「とんび」で、“日本一不器用な父”と情に厚い町の人々の愛を一身に受け成長する青年、市川旭(あきら)を演じた北村自身の“親子の物語”に迫った。

*  *  *

──今作で描かれている親子像とは?

 アキラは優しい子なんですけど、父とはお互いすごく不器用に接する。まあ愛ゆえなんですけど。男くさいというか、武骨な感じをもってる親子の話です。

──アキラのまっすぐな性格は、ご自身の自然体でクリーンなキャラクターと近かったのでは?

 近いかどうかわかりませんが、周りの人に対する彼の透き通った思いみたいなところは、とてもクリーンに、というか素直に演じました。家族や自分を育ててくれた人の前だと、アキラは顔が変わる。思春期の彼は、父親よりも町のみんなに対する顔のほうが、実は無邪気だったりするんですけど。

──“家族の物語”である本作ですが、ご自身の家族はどんな家族?

 北村家はいい家族だと思います。弟とちがって、僕は反抗期もあんまりなかったですね。父も母も人としてだめなことはちゃんとだめって言うけど、だいたいのことは自由にやらせてくれてた感じはします。

 僕の趣味嗜好はたぶん父にすごい近い。カメラが好きだったり、いいものを長く使うっていうファッションに関するルーツみたいなものだったり。

 父が若かったころ、1990年代は裏原宿がカルチャーの中心だったようです。僕は80年代とか70年代の服が好きです。

──おしゃれなお父様なのでしょうか。

 物件を探すとき、親から「グッドデザイン賞をとったところとかに住んでみたら」って言われました(笑)。

 当時はコンクリ打ちっぱなしの6畳くらいの部屋で、ウッドバルコニーだけが広くて……。海外の洗濯機がついてて、洗濯から乾燥まで全部終わるのに9時間ぐらいかかるんです(笑)。とにかく長い。楽しかったし好きでしたけどね。

 ほかにも、全体的にガラス張りみたいな家だったので、落ち着かないんです。友だちには「すげーオシャレじゃん」って評判よかったんですけど、住むのはちょっとね(笑)。友だちの家ぐらいだったらちょうどいいですかね。

 それからは、ぬくもりのある家を探したりもしました。

──両親の愛情を実感したことは?

 大人になって親と対等に話せるようになってから、より感じるようになったと思います。一緒にお酒を飲むんですけど、仕事の話とか昔の話とかしたりして。

 僕は8歳から芸能をやってたので、いろいろと苦労をかけてたみたいなんです。

──アキラにとっての町の人々のように、家族以外で自分を育ててくれた存在はいますか?

 誰が育ててくれたというよりかは、役者・アーティストという仕事を通して、いろんな世代の人と出会って話して感性に触れることが、日々自分の生き方を磨くことになってる気はしますね。

 僕は、自分がこう生きてるからっていうエゴを人に押しつけることもないし、好きに生きりゃいいっていう感覚です。みんなが好きなことやってご飯食べられてたらよくない?って。

──理想の父親像は?

 結婚願望はすごいあるので、父のように、年を重ねて自分の趣味を押しつけるような親になりたいです(笑)。これはもう代々つなげていくしかないと思う。

 子どもとは自分の好きなものを共有したいし、いいものはちゃんと教えたい。今伝えるんだったら……デニム? 男は白Tとデニムでいいんだっていう。僕も父に、「男は時計とベルトと革靴だ」って言われました。

 もちろん子どもには好きに生きてもらうっていうのが大前提で。否定しない父親になりたいです。

 弟が18歳くらいのとき、将来について相談を受けたんですが、否定から入っちゃったんです。左脳的な脳みそが働いて、自分がここまで来るのにかかった時間とかを計算しちゃった。別にこうなりたくて仕事をしたわけではないし、好きでやってたから、今があるんですけど。

 だから、そういうのはもうやめようと思って。弟に限らず相談されたら乗るけど、基本的には好きに生きろよって。

──ダンスロックバンド「DISH//」でミュージシャンとしても活躍されていますが、俳優としての自分との区別は?

 簡単に言うと、自分じゃない自分と、自分っていう感じなんですけど、結局それをやってるのは僕一人なわけで。なのでそういう難しいことを考えるのもやめましたね。

 映画やドラマって音楽で言うレコーディングだし、舞台っていわゆるライブだし、あんまり区別する必要はないかなって。

「とんび」っていう映画を通しても、音楽活動を通しても、僕らって人の心を動かすことが日々目標。心を動かすだけじゃなくて生きる意味とか目的とかを与えたり、今をすくいだしたり。嘘の言葉って、今の時代いちばんいらないと思います。

 最近、役を演じる上で、どんなキャラクターも自分の中にあるんだと思ってて。役作りをするっていうよりは自分の内実からなる役を演じるよう意識してます。自分の中に眠るアキラから出る言葉が、いちばん人の心に寄り添ったりするのかなと思うので。

 自分一人で大それたことをしようとか大きい舞台に立とうとかは、僕の性格上あんまり興味がないです。好きだからやってるっていう。だからまあ、やりきったなと思ったらゆっくりキャンプ場を経営しながら生きるとか、それぐらいの気持ちでいますね(笑)。

(構成/本誌・大谷百合絵)

北村匠海(きたむら・たくみ)/1997年、東京都生まれ。俳優として、映画「君の膵臓をたべたい」「東京リベンジャーズ」、ドラマ「ナイト・ドクター」など多くの作品に出演。主人公の息子・市川旭役で出演する映画「とんび」が4月8日に公開。ダンスロックバンド「DISH//」ではボーカル・ギターを担当し、音楽活動も精力的に取り組む。

※週刊朝日  2022年4月15日号