1980年代に人気を博し、18歳で命を絶ったアイドル岡田有希子さん。今年も4月8日、36回目の命日を迎えた。現場となった都内のビルの前や、故郷の墓前には、今年も多くのファンが足を運び、“ユッコ”を偲(しの)んだ。

 4月8日、午前11時半過ぎ。東京都新宿区の新宿御苑にほど近いビルの前に行くと、歩道の植え込みに岡田有希子さんの写真やポスターなどが並べられ、花を手向けるファンが多くいた。

 1986年のこの日、岡田さんは、所属する事務所のビル(当時)の屋上から飛び降り、18歳の短い命を絶った。熱心なファンはこの日を、本名・佐藤佳代の「佳」と、桜が満開の時期であることにちなみ、「佳桜忌」(けいおうき)と呼んで偲んでいる。

 現場で歩行者の誘導をしていたのは、岡田さんをテーマにした作品を持つ現代アート作家の弓指寛治さん(36)。

「ここは公共の場所なので、近隣の方や通行人に迷惑をかけるわけにはいきません。以前、集まったファンの数が多くて110番通報され、警官が規制に来たそうです。もし、再びそのようなことが起きて集まれなくなったら、ファンはもちろん、何よりも岡田さんが悲しむんじゃないでしょうか。それで2019年から自主的に1人で始めたんです」

 以前は元親衛隊やユッコフレンズと称されるファンのグループが、命日に合わせて集まったり、オフ会を開いたりしていた。年忌法要の最後として執り行う三十三回忌の16年でピリオドを打ったが、その後も現場を訪れる人は尽きない。

「追悼したい方は来られるでしょうし、『佳桜忌』は無くせるものではありません。だったら僕が『交通整理』をやろう、って思ったのがきっかけで続けています」

 しばらくすると岡田さんが所属していたサンミュージックの関係者も喪服で来た。

 千葉県松戸市の会社員の男性(55)は、

「10年ちょい前から毎年来ています。今日は有給休暇を取りました」と話し、 岡田さんが亡くなった時のことを振り返る。

「僕はユッコがデビューして間もなくからのファンで、1浪して合格した関西の大学の入学式が4月8日だったんです。受験勉強からようやく解放され、コンサートにも行けるぞ!って意気込んでいた矢先だっただけに、すごくショックでした」

 1983年、名古屋市出身の岡田さんは、当時数々の人気アイドルが輩出したオーディション番組「スター誕生!」(日本テレビ系)で決戦大会まで残り、サンミュージックがスカウトしたのがきっかけで芸能界入りした。同社の初代社長・相澤秀禎氏(故人)が自宅に下宿させたことからも、いかに期待されていたかがわかる。

 デビュー曲「ファースト・デイト」(竹内まりあ作詞・作曲)が発売されたのは84年4月。歌唱力が評価され、“ポスト松田聖子”の呼び声も高かった。

 岡田さんは、デビューして間もない頃、現在の東京ドーム(文京区)の横にあった『後楽園ジャンボプール』の歌謡ショーに出演したことがあった。そのとき司会を務めた芸能リポーターの菊田あや子さん(62)は、当時の岡田さんのことを今でも鮮明に覚えているという。

「小柄で素直な明るい感じの子でした。育ちが良かったんでしょう、きちんとあいさつができてて、とても好印象でした」

 感心したのは、頭の回転の早さだったという。

「中学では学年で一番の成績で、上京するまで通っていたのは地元の進学校だと聞きました。受け答えが上手で、可愛く見せよう、とするのではなく、自然に振る舞える。売れる要素を感じましたね」

 転校した都内の堀越高校同級生には、南野陽子さん、長山洋子さん、本田美奈子さん、桑田靖子さん、田中久美さん、岡田有希子さん、いしのようこさん、宮崎萬純さんら、その後、歌手や女優として活躍するそうそうたる顔ぶれがそろっていた。

 そして、84年は日本レコード大賞最優秀新人賞をはじめ、名だたる歌謡賞の新人賞を獲得。まさにシンデレラガールだった。

 その後も大手メーカーのCMタイアップ曲に恵まれ、スマッシュヒットを連発。86年1月にリリースした8枚目のシングル「くちびるNetwork(ネットワーク)」(作詞・Seiko=松田聖子、作曲・坂本龍一)も沢口靖子さんをイメージキャラクターにした化粧品のCMソングに起用され、待望のオリコン1位を獲得するヒットとなった。

 高校在学中にすでに「売れっ子」になった岡田さん。岡田さんの日記や母親の手記などがまとめられた本「愛をください」によると、3月3日に高校を卒業し、全国ツアーがスタートする前日の4月4日から一人暮らしを始めた。

 さらなる活躍が期待された時だった。だが、その4日後、岡田さんは帰らぬ人となった。

 当日、現場からワイドショー「3時のあなた」(フジテレビ系)の中継リポートをした東海林のり子さん(87)はこう振り返る。

「人気絶頂のアイドル歌手でしたから、あまりにも衝撃的でした。

“ユッコシンドローム”と言われるほど若い世代の後追い自殺がおきて、国会でも取り上げられる社会問題となりました」

 忘れられないのが、数ヶ月後、直前まで下宿していた相澤社長宅を取材した時のことだ。岡田さんの部屋が、ファンのために開放されていたという。

「奥様が在宅されている時は、いつでも応対されていました。部屋にはノートがあって、自由にコメントも残せるんです。それが何冊も何冊もありました。ファンのためでもあり、ご自身が悲しみを忘れるためでもあったのかもしれません。それだけ、相澤夫妻は我が子のように可愛がってらっしゃったんだと思います」(東海林さん)

 突然の死から36年−−。岡田さんを思うファンは多い。彼女が今も愛される理由はどこにあるのだろうか?

 4月8日に新宿の現場に訪れたオーストラリア出身の元サンミュージックの社員、リチャード・ノースコットさん(56)=現在は都内のIT企業の社長=はこう言う。

「彼女が亡くなった時、僕はオーストラリアの大学の学生でした。登校できなくなるくらいショックで、それを癒やすために日本の大学に編入して、サンミュージックに入社したんです。人気アイドルの要素を全て持っていたユッコは、今でも私の憧れの女性です」

 デビュー時からのファンという男性(57)は、

「一番輝いていた86年で時間が止まっているんです。僕らは年齢を重ねてそれぞれの人生を歩んでいますが、ユッコは18歳のかれんでピュアなアイドルのまま。だから素直な気持ちで今も応援できるし、心の中で生き続けてる理由だと思います」。

 岡田さんのパネルを少し離れた場所から見つめていた50代の女性は、かつてファンクラブの運営に関わっていたといい、最近命日に現場を訪れるファンについて、

「彼女を直接知らない若い世代のファンが増えてきたというのが最近の特徴ですね。全体の3分の1以上にはなったというのが実感です。純粋に彼女や楽曲が好きなのではなく、“悲劇のヒロイン”であることに興味を持って来てる人も多く、5、6年前までとは雰囲気が変わったように思います」と話す。

 兵庫県姫路市から夜行バスで来たという2人組はいずれも36歳。当然、岡田さんをリアルタイムで見ていた世代ではないが、岡田さんの魅力についてこう語った。

「ファン歴はまだ2年ほどですが、80年代アイドルならダントツでユッコ。デビュー曲の『ファースト・デイト』はもちろん好きですけど、亡くなられた翌月の5月14日に発売予定だった最後のシングル『花のイマージュ』が一番好き」

「5枚目のシングル『Summer Beach』とか、生前最後の曲『くちびるNetwork』などは、今ブームのシティポップ風で歌詞もいい。聴けば聴くほど心に染みるんです」

 このように岡田さんのファンは、50〜60代からリアルを知らない世代までと層は厚く、広い。

 4月8日の正午くらいには、現場に集まったファンの数は、少なくとも200人を超えていた。

 岡田さんが亡くなった12時15分。現場では、1分間の黙祷が行われた。

 コラムニストでアイドル評論家の中森明夫さんも来ており、こうツイートした。

「アイドル#岡田有希子の36回目の命日です。四谷四丁目交差点へ行き、12時15分に黙祷してきました。毎年、来ています。今年も沢山の方々がいらっしゃっていました。一度だけお会いした時の彼女の笑顔が忘れられません。岡田有希子さんの魂が安らかでありますように…」

その後、供花や写真パネルなどは、有志の手で愛知県愛西市郊外にある岡田さんの菩提寺、成満(じょうまん)寺へ全部運ばれた。

 前出の弓指さんは「僕は持てるだけ持って新幹線で。残りは愛車で運んでくださる方がいるのでお任せしました」と急ぎ足で東京駅へ向かった。

  一方の成満寺。岡田さんと同じく84年デビューの歌手・荻野目洋子さんは、今も墓参を欠かさない。

 同寺の住職(79)によると、

「今年は3月7日、(荻野目さんは)朝の7時頃に来て下さいました。36年経つのにずっと続けられるのは、なかなかできないことだと感心しています」。

4月8日は朝早くからファンが絶えず、岡田さんが眠る墓は供花で埋め尽くされた。

「100人以上お越しになられました。東京で追悼後、新幹線で足を運ぶ方もいらっしゃるので、毎年午後4時から本堂で法要を行っています。今年は50人ほど参列されていました」

 わずか3年弱の歌手生活だったが、岡田さんは永遠のアイドルになった。

(高鍬真之)