3〜4年前のお笑い界では「第七世代」と呼ばれる若手芸人が注目されて、爆発的なブームが起こった。「第七世代」という言葉には、実ははっきりした定義はなかったのだが、その頃に頭角を現していた一群の若い芸人たちを指す言葉として使い勝手が良かったので、広く浸透していった。

 同じように、最近、明確な定義がないままよく使われている言葉として「地下芸人」がある。地下芸人と呼ばれる芸人がじわじわと注目され始めていて、テレビの企画などでも取り上げられるようになっているのだ。

 3月17日放送の『ダウンタウンDX』では「新時代到来!?地下芸人SP!!」と題して、「地下ライブ」と呼ばれる小規模なお笑いライブで腕を磨いてきた「地下芸人」が多数出演していた。このときに出ていたのは、モグライダー、真空ジェシカ、オズワルド、ランジャタイ、ぺこぱ、ハリウッドザコシショウ、チャンス大城というメンバーだった。

3月26日放送の『さんまのお笑い向上委員会』でも、地下芸人のオダウエダが先輩の地下芸人であるチャンス大城、岡野陽一から生き方を学ぶという企画が放送されていた。

 そもそも、テレビでレギュラー番組を持っているようなごく一部の売れっ子を除けば、ほとんどの芸人は規模の小さいお笑いライブに出ることを活動の中心にしている。いわば、芸人と名乗る人の大半が実質的には「地下芸人」であるとも言える。

 その中でも、一般ウケしづらい荒っぽいネタをやっていたり、テレビで放送できないような下ネタや過激なネタを得意としている人が、狭い意味での地下芸人である。「地下芸人」という言葉がメディアで使われるときには、この2つの意味が混同されて用いられていることが多い。

 地下芸人にスポットが当たるようになったきっかけは、そういう芸風の芸人が立て続けにお笑いコンテストで結果を残したことだ。

 2020年の『M−1グランプリ』では、型破りな漫才を演じて喧々諤々の「漫才論争」を引き起こしたマヂカルラブリーが優勝した。2021年の『M−1』では、狂気じみたパフォーマンスを見せるランジャタイが決勝の舞台に出てきた。2021年の『女芸人No.1決定戦 THE W』では、地下芸人界の女傑・オダウエダが優勝を果たした。立て続けに地下の臭いのする芸人が出てきたことで、地下芸人という存在が注目されるようになった。

 彼らは「地下」を根城にしていたとはいえ、本当の意味でターゲットの狭いマニアックなことをやっていたわけではない。いわば、魂はマイナーでも芸はメジャーだった。だからこそ、お笑いコンテストで結果を出すことができたのだろう。

 第七世代ブーム以降、お笑い市場は活気づいていて、景気の良い時期が長く続いている。そんな中で、どんどん新しい人材が求められるうちに、ライブシーンの一番底にある地下芸人という鉱脈が見つかり、そこが掘り起こされることになったのだ。

 その背景には、テレビでMCを務めるような立場の芸人が後輩に対して優しくなっている、という時代の変化もある。一昔前のテレビでは、先輩芸人は後輩芸人に厳しく接することが当たり前だった。芸歴が違うとはいえ、お互いがライバルであり、競争相手であるという意識が強かった。そんな中で、新しく出てきた後輩芸人は萎縮してしまい、本来の良さを出せないこともあった。

 だが、最近では、先輩芸人も優しくなり、後輩芸人の暴走を温かく受け止めるようになっている。実際、前述の『ダウンタウンDX』でも、ランジャタイの国崎和也は、ほかの芸人が少し前に話したのと全く同じ話を2回繰り返す暴挙に出て、ダウンタウンをあきれさせた。そのような破茶滅茶な振る舞いをしても、ダウンタウンの2人は怒ることはなく、寛大に受け止めてくれる。

 お笑い界全体に優しい空気が漂い、駆け出しの芸人が自由に暴れるのを許してくれる土壌ができたことで、地下の臭いのする人たちがテレビでのびのびと振る舞えるようになった。

 最近では、ギャンブルで借金を重ねる岡野陽一、鈴木もぐらのような「クズ芸人」、先輩にも平気で噛みつく鬼越トマホークのような「毒舌芸人」など、ネガティブな要素を売りにした芸人が勢いづいている。地下芸人もその一種であると言える。

 芸人が「地下っぽい」というのはかつては悪口だったが、今では褒め言葉になった。お笑いブームが続き、芸人のスタイルがどんどん多様化していく中で、地下芸人はその進化の最先端にいる存在なのだ。(お笑い評論家・ラリー遠田)