デビューしてから現在に至るまで、多くの映画賞を受賞し続けてきた俳優の広瀬すずさん。新作映画「流浪の月」では、誘拐された過去を持つ難しい役どころに挑戦しています。作家・林真理子さんの対談で、広瀬さんが撮影の舞台裏を語ってくれました。

*  *  *

林:広瀬さんこんにちは。4年ぶりですね。たしか映画「ちはやふる‐結び‐」のときで、あのときは「すずちゃん」って気軽に呼べたけど、いまこんなすごい女優さんになっちゃって、「広瀬さん」としか言いようがないですよ。

広瀬:ウフフフ……。

林:今度の映画「流浪の月」(李相日監督、5月13日公開)は、原作が凪良ゆうさんのベストセラー小説(『流浪の月』)で、私も読みましたけど、広瀬さんが演じた役(更紗)ともう一人の主人公の彼(文=松坂桃李)の心境とか行動を映像で理解してもらうって、難しいだろうなって思っていたんです。作品を拝見したら李監督、いろんなことを省いていましたね。たとえば更紗をあずかっている伯母さんのところでのこととか。

広瀬:ええ、ええ。

林:それを更紗ちゃんのセリフで言わせるんだけど、セリフだけで見てる人に気づかせなきゃいけないから難しいですよね。

広瀬:そういうところ、いっぱいありましたね。

林:この本、読んでました?

広瀬:お話をいただいたときに読みました。

林:演じるの、ちょっと難しいなと思わなかったですか。

広瀬:更紗を演じることがわかって読んだということもあって、演じるうえでのヒントが多かったですね。

林:広瀬さんが静かなカフェで本を読んでいるたたずまいが本当に美しくて、彼女の本質があらわれてるなと思いました。カフェのオーナーの文も近づいてこないし、あれが二人の理想の関係だったんだろうなと思いましたけど、それを壊しちゃったのが更紗の婚約者の亮(横浜流星)で、更紗の心をとらえることができない。ここまで更紗ちゃんが好きなのに可哀想って、私なんか思っちゃいましたよ。

広瀬:つらい役ですよね、亮君。事実と、本人たちしか知らない真実との温度差というか、はたから見ると少女誘拐の加害者と被害者なんだけど、二人だけのこの特別な関係って、第三者にはなかなか理解してもらえませんよね。

林:何も知らずに文とつき合っている谷さん(多部未華子)も、最後、文と更紗の壁にぶち当たって去っていくわけですが、更紗と文の世界があまりにも強固で美しすぎて、周りの人を不幸にしているという感じがしますよね。

広瀬:二人は、周りの人たちに自分たちの感情を理解してほしいという気持ちはもちろんあるけど、無理やりそれを求めてはいないですよね。婚約者にも伝わらないものは伝わらないし、そのやり場のない感情というか、それは結局、二人にしかわからないんだと思います。

林:あの二人、魂の双子という感じで、この二人を引き離すことはできないだろうなと思いました。松坂桃李さんとは、最初からバッチリ息が合ったんですか。

広瀬:桃李さんと一緒のシーンは途中からだったんですけど、感性も受け入れ方も、すごく柔軟なんですよね。脳内がすごく柔軟で、何しても受け止めてくれるし、すんなりフィットさせてくれるので、「ホンモノの文だ!」と思いました。

林:私も本から文が出てきたみたいでびっくりしちゃいました。暗〜い不思議な感じがよく出ていて。

広瀬:コワいです。何者かよくわからなくて(笑)。

林:広瀬さんの目が素晴らしかったです。亮君のDVで倒れたとき指のあいだから目が見えるんだけど、あの目がすごくいろんなことを語っていて、「海街diary」(2015年)ですごくかわいい高校生のすずちゃんを見てた者からすると、「えっ、こんなにすごい女優さんになっちゃって」と思ってびっくりしましたよ。

広瀬:ありがとうございます。

林:そして更紗の子ども時代を演じた子(白鳥玉季)が、顔、広瀬さんにそっくりで、私、最初、広瀬さんがやってるのかと思った。

広瀬:ほんとですか。実は、夢を見ながら泣くときの泣き方がまったく一緒だったと言われたんです。でも、別々の現場でそれぞれ演じたもので、私は玉季ちゃんのそのシーンを現場で見てないし、彼女もたぶん私がどういう泣き方をしたか知らないと思う。だから周りに言われて、「あ、そうだったんだ」と思いました。

林:撮影の途中から松坂さんと一緒になったっておっしゃってましたけど、テンションをいきなりそこに持っていくのって大変じゃないですか。

広瀬:そうですね。桃李さんは幼少期の更紗とのシーンを先に撮っていたので、更紗との生活を体感していたんです。私は途中から、成長した更紗として文とのシーンが始まるので、李さんから「文と一緒にいると温度差がある。玉季ちゃんと過ごしたときのことを桃李君に聞けば?」と言われて、桃李さんにメールで聞きました。

林:そしたら?

広瀬:「抽象的な言い方しかできないけど、すごく自由だった」って。「自由か。二人にとってどれだけ視野の広い世界だったんだろう」と思って、その言葉に頼って演じるしかなかったですね。

林:映画の途中で、更紗が家を引っ越して、朝起きると窓からの風でカーテンが揺れるじゃないですか。この映画、何度も風のシーンが出てきますけど、その描写が、自由を得たという感じで、桃李さんが「自由」と言ったの、わかるような気がします。

広瀬:本編に使われてはいないんですけど、引っ越す場所を探してるシーンも撮ってるんです。「この川、あの川に似てない?」っていうセリフだったんですけど、昔「誘拐してもらった」あの町、あの公園、あの川がある場所が二人にとっては落ち着くし、一緒にいたい人と一緒にいるということしか、たぶん二人は求めてないんだと思います。

(構成/本誌・直木詩帆 編集協力/一木俊雄)

広瀬すず(ひろせ・すず)/1998年、静岡県生まれ。2012年、雑誌「Seventeen」でモデルデビュー、翌年俳優デビュー。15年の映画「海街diary」で数々の新人賞を受賞。17年「ちはやふる−上の句−」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞、18年「三度目の殺人」で同最優秀助演女優賞など、受賞歴多数。その他の出演作に映画「怒り」(16年)、「ラプラスの魔女」(18年)、「一度死んでみた」(20年)など。5月13日から松坂桃李とW主演の映画「流浪の月」(李相日監督)の公開が控える。

※週刊朝日  2022年5月6・13日合併号より抜粋