今年、デビュー10周年を迎えた俳優の広瀬すずさん。新作映画「流浪の月」は松坂桃李さんとのダブル主演で、2度目の出演となる李相日監督作品です。複雑な感情が絡まり合う本作、広瀬さんは主人公の更紗を演じ、「壁に当たったまま終わった」と感じたんだとか。作家・林真理子さんが進化を続ける実力派俳優の今に迫ります。

【広瀬すずと松坂桃李、“息ぴったり”の演技の裏に苦労も 映画「流浪の月」撮影秘話】より続く

*  *  *

林:「情熱大陸」(TBS系)が2週にわたって広瀬さんを取り上げてましたけど、あの中でこの映画のメイキングのシーンがあって、刑事さんとのやりとりの場面で李監督が「刑事さんに訴えるんじゃなくて、もっと別の感情の出し方を」と言って、何度も何度も撮りなおしていたじゃないですか。監督に言われたことを自分の中で咀嚼して、また別の言い方をするわけですね。

広瀬:李さんは抽象的な感じで、演出の指示もニュアンスでおっしゃるんです。自分で考えて生まれたものを信用してくださってるんだと思うんですけど、ニュアンスだけで聞いてしまうと、私の咀嚼の仕方が違ったりするんですよね。「そこは違う」って言われて、あのシーン、20テイクやりました。20回目で言ってる意味がやっとわかって、それでやってみたら「その方向」って言われたんです。

林:20種類演じ分けたわけですね。李監督、直接教えてくれないの?「こう言ってみて」とか。

広瀬:「こう言ってみて」の“こう”が具体的ではなくて、あえてニュアンスでしか教えてくれないんですよね。そういうことは李組の中ではよくあります。

林:李監督の作品は、映画「怒り」(16年)にお出になってましたけど、あのとき広瀬さん、「もう李監督には呼ばれないだろうな」と思ったって本当? 期待に沿えなかったんじゃないかと思って。

広瀬:呼ばれないと思ったというか、そう簡単には参加できない組だし、私も10代だったので、「しばらくはないだろうな」ぐらいの気持ちでした。

林:でも、まだ23歳でしょう? 23でここまで来ちゃって、このあとどうするの?って感じですよね(笑)。これを超える作品とか役をやるのって大変だと思う。

広瀬:年齢を重ねていったら、自分の感覚も変わると思うんです。今回、李さんに「ちょっと早かったかもね、この役やるの」って最後に言われたんです。

林:そうなの?

広瀬:年齢かどうかわからないですけど、何かがまだ李組に追いつけてないので、やることはたぶんいっぱいあるんだと思います。私自身も、今回定まってないままインしちゃったので、ある意味焦ってます、ちゃんと(笑)。

林:そう言われて、ちょっとムカッときませんでした?

広瀬:いや、私はこのお仕事しかしたことがなくて、特殊な人生経験しか持っていないので、自分は普通のことを理解すべきだなと思いました。

林:普通だったら学校を出て、お勤めしたかしないかくらいの年齢のときに、重みを持った人間の内面を演じなきゃいけないわけだから、大変なことですよね。

広瀬:だからたぶん「早かった」と言われたんです。

林:「情熱大陸」でも、すごく迷ってましたね。「まだわからないことがいっぱいです」と言って。

広瀬:そのまんまこの作品にぶつかったという感じです。

林:でも、こんなに忙しかったら、いろんな人とおつき合いすることだってできないですよね。

広瀬:ラブストーリーもぜんぜんやったことないんです。誰かに恋心を抱く役しかやったことなくて、彼氏がいる役は演じたことがなかったんです。だから相手の役者さんとの距離感とかがぜんぜんわからなくて、李さんにいっぱい助けてもらいました。

林:今回は撮影監督が「パラサイト 半地下の家族」の……。

広瀬:ホン・ギョンピョさんですね。空の色とか自然光をすごく大事にされて、日中でも夕方でも、30分しか撮れない状況で、まあ辛抱強く撮ったりするので、李さんとぜんぜんスピードが合わないんですよね。それで何日かにわたって撮影することもありましたし、天気待ちもよくありました。その待ってる間に「空だけのカットだったら、いま奇麗だからそっちを撮っちゃおう」とか、その場で撮影スケジュールが変わったりしました。

林:私、お会いしたことないんですけど、原作者の凪良ゆうさんにはお会いしました?

広瀬:先日お会いしました。

林:どんなことをおっしゃってました?

広瀬:「この作品はこうだから」とおっしゃる方ではなく、映画は映画として楽しんでいただいている雰囲気が伝わってきました。「更紗ってそんなふうに感じてたんだ」という視点でした(笑)。

林:うれしかったんじゃないですか、凪良さん。広瀬さんに更紗をやっていただいて。私も更紗役って広瀬すずさんしか思い浮かばないです。このイノセントな感じ、ぴったりだったなと思います。

広瀬:ありがとうございます。

林:これで壁一つ突き抜けたという感じしませんか。

広瀬:いや、壁に当たったまま終わったので、試写で初号を見たとき「ヤバい!」と思いました。

林:どうして?

広瀬:桃李さんが素晴らしすぎて感動を覚えつつ、「私、ヤバい」と思って、李さんに感想も言わず、逃げるように帰りました(笑)。

林:そんなことないです。素晴らしい演技でしたよ。考えてみると、是枝(裕和)監督とか李監督とか、巨匠と言われる監督に若いときから鍛えてもらってるって、すごいことですよね。

広瀬:私、岩井俊二さんの作品を見てすごい好きになって、岩井さんの現場にも何回か参加させてもらったんですけど、岩井さんの場合はあの時間の流れ方とか独特だし、李さんも独特だし、是枝さんもぜんぜん違うジャンルだし、慣れることは一生ないだろうなって思います。

林:これからまた別の監督さんとチームを組んで映画をつくっていくわけですよね。

広瀬:そうですね。李さんも是枝さんも2回ずつお世話になっているんですけど、もう一度呼んでもらえたら光栄だなと思います。でも、年齢を重ねていけば新しい出会いも減っていくので、だからこそ挑戦したいなという気持ちがすごくありますね。

林:このあいだ津田梅子を見ましたよ(スペシャルドラマ「津田梅子〜お札になった留学生〜」)。英語、すごくうまいのね。

広瀬:いえいえ、なんにもしゃべれないんです、私。

林:でも、あの長い英語のセリフ、すごくうまかったと思う。

広瀬:もうやめてという感じです。ほんと英語は「カンベンして」ですね(笑)。

(構成/本誌・直木詩帆 編集協力/一木俊雄)

広瀬すず(ひろせ・すず)/1998年、静岡県生まれ。2012年、雑誌「Seventeen」でモデルデビュー、翌年俳優デビュー。15年の映画「海街diary」で数々の新人賞を受賞。17年「ちはやふる−上の句−」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞、18年「三度目の殺人」で同最優秀助演女優賞など、受賞歴多数。その他の出演作に映画「怒り」(16年)、「ラプラスの魔女」(18年)、「一度死んでみた」(20年)など。5月13日から松坂桃李とW主演の映画「流浪の月」(李相日監督)の公開が控える。

※週刊朝日  2022年5月6・13日合併号より抜粋