話題の映画やドラマに次々と出演し、CMにも引っ張りだこの俳優・広瀬すずさん。多忙を極めていた生活から一転、コロナ禍以降、休日が増えたことで心境に変化が起きたんだとか。いまや押しも押されもせぬ人気俳優の私生活に、作家・林真理子さんが迫ります。

【広瀬すず「流浪の月」で感じた演技の壁 「20テイク」撮り直しのシーンも】より続く

*  *  *

林:次のお仕事のオファー、もういろいろ来てると思うけど、いまは一息つきたいという感じですか。

広瀬:このコロナ禍で一息ついたんですよ。でも、休むことを覚えたら……。

林:休みの味を覚えてしまった?

広瀬:そうなんです。いままでは休まないでも平気なタイプで、長期間の休みってそんなになかったんですよ。でも、コロナであんなに長く休んじゃうと、休みってこんなに素晴らしいものなんだって知ってしまって、いまは、いつ休みかなと思うようになって。大人になりました(笑)。

林:休みは何をしてたんですか。

広瀬:マッサージが好きなので、マッサージとか、汗をかくのが好きなのでジムに行ったりしてます。

林:キックボクシングされてるんでしょう?

広瀬:はい。パーソナルとかピラティスもやっていて、体調に合わせてジムに行ったり、酵素風呂に行ったり、そういう場所に最近は自転車で移動するのにハマっています。

林:自転車で移動するんだ。

広瀬:車の運転も好きなので、休みが1日だったら家から出ないですけど、3日ぐらい連続してあると、車の運転と自転車に乗って、みたいな日を1日はつくります。

林:本も読んだりして?

広瀬:本はまったくです。映画もドラマもそんなに見ないですね。休みの日くらい作品とかお芝居のこととか考えたくないというか、普通の人としての休日を過ごしたくて、なんにもせず、ボーッとしてることが多いです。

林:お買い物は?

広瀬:私、洋服大好きなので、よく買います。お店を決めて、そこに買いに行って、知らないブランドでもかわいかったら買います。ネットでも。

林:ネットでも買っちゃうんだ。

広瀬:メッチャ買います。毎日何かしら届きます(笑)。

林:「情熱大陸」を見てびっくりしたけど、広瀬さん、意外にたくさん召し上がるんですね。ラーメンとかいろいろ。

広瀬:食べるの大好きで、休日もずっと食べてます。一日4、5食は食べます。

林:えっ、そうなの? それでピラティスとかキックボクシングとかでバランスとってるんですね。

広瀬:私、ちゃんと太るタイプなので(笑)。「食べたら動きに行き、動いたら食べる」みたいなところがありますね。

林:お酒は召し上がるの?

広瀬:お酒、好きなので、友達と会うときはお酒飲んでます。

林:でも、いまは打ち上げとかもないんでしょう?

広瀬:ないです。だからお礼を言わずに終わってしまった人もいるので、あらためて会って、乾杯してちょっとだけ作品の思い出話をすると、うれしさが倍になったように感じますね。それが唯一の楽しみというか。外食も行くんですけど、一人で行っちゃうので。

林:ウソでしょ。一人で行くの?目立っちゃって大変でしょう。

広瀬:いやいや、一人だからぜんぜん目立たなくて(笑)。

林:NHKの朝ドラの主役(「なつぞら」19年度前期)もやったし、次は大河ドラマの主役とかありそうですよね。

広瀬:いやもう、大変そうじゃないですか(笑)。

林:でも、お仕事は楽しいでしょう?

広瀬:楽しいですけど、やっぱり10代のときのほうが楽しんでやってた感じがします。いまのほうが変にいろいろ考えながらやるようになりました。

林:これだけの役ができたら、何だってできそうな気がする。体に気をつけてくださいね。ちゃんと食べるものも食べて。

広瀬:大丈夫です。ずっと食べてるので、私(笑)。

(構成/本誌・直木詩帆 編集協力/一木俊雄)

広瀬すず(ひろせ・すず)/1998年、静岡県生まれ。2012年、雑誌「Seventeen」でモデルデビュー、翌年俳優デビュー。15年の映画「海街diary」で数々の新人賞を受賞。17年「ちはやふる−上の句−」で日本アカデミー賞優秀主演女優賞、18年「三度目の殺人」で同最優秀助演女優賞など、受賞歴多数。その他の出演作に映画「怒り」(16年)、「ラプラスの魔女」(18年)、「一度死んでみた」(20年)など。5月13日から松坂桃李とW主演の映画「流浪の月」(李相日監督)の公開が控える。

※週刊朝日  2022年5月6・13日合併号より抜粋