BTSが6月14日にアップしたYouTubeチャンネルでグループ活動を控え、個人活動に集中することを発表。AERA2022年6月27日号では決断に至った経緯について、動画の中で語られた彼らの言葉を掲載する。

*  *  *

RM:10周年ではなく、なぜ9周年でアンソロジーアルバム(6月10日発売の「Proof」)を出したのか。実は僕たちの中では「シーズン1」は(2020年リリースの)「ON」までだった。「ON」の後、本来は大規模なワールドツアーを回ろうと計画もしていた状態だったが、「ON」の活動をする中で新型コロナウイルスが発生し、何カ月かとてもつらい日々を過ごした。その中で、チャートや話題性としても確実なインパクトを一度出してみようと突破口にしたのが「Dynamite」と「Butter」「Life Goes On」だった。

SUGA:グラミー賞のノミネートまで行って、もう一度また挑戦してみたけどダメで。その過程で正直うんざりしたことも多かった。

■チームが変わった

JIN:完璧なプランを準備して、合わせていくのでもなく、状況によってそのたび変わっていかなければいけなかったから。

SUGA:9年間、プラン通りに行ったことはない。欲を出したらかなったことの方がずっと多い。

RM:世の中に何かを伝えたくて音楽とBTSを始めたけど、正直なところ、「ON」の次から、どうすればいいかわからなかった。コロナを理由にして、「Dynamite」「Butter」「Permission(to Dance)」とやりながら、確実にチームが変わった。「ON」「Dynamite」まではチームが僕たちの手のひらの上にあると感じていたけど、「Butter」「Permission」と、僕は僕たちのチームがどんなチームなのかわからなくなった。僕は歌詞を主に書いていて、どんなメッセージを伝えるのかが重要で、それが僕の生きている意味だったけど、それがなくなった感じがした。何を話していいかもわからないし。BTSは他のチームとは違うと思ってきたけど、K−POPもそうだし、アイドルシステム自体が、人を成熟させてはくれない。ずっと何か撮らなくてはいけなくて、何かしていなくてはいけなくて。朝家を出て、メイクして、何かをしている。成長する時間がない。

 10年の間に僕は人間としてたくさん変わった。いろんなことを考えて、一人の時間を過ごしたあと、それを成熟させて表に出していくべきだが、10年BTSをやってきて、物理的なスケジュールをこなしながらでは、難しくなった。

 今、僕らは全盛期を迎えたところで、どうにか世の中で機能しないといけないのに、どうすればいいかわからない。何かはしなければいけない。でも、考える隙をくれない。僕がどんな人で、BTSがどんなチームで、僕がなぜここにいて、僕はメンバーたちにとってどんな人で、これから僕たちがどうしていかなければいけないのか、そういうことを頭の中で認識して、発言して、歌詞にしなければいけないのに、いつの日からか、僕は僕らがどんなチームなのか、これからどうするべきなのか、わからないという気持ちが大きくなった。それでいつからかラップを作る機械になってしまった。英語を頑張れば僕の役割は果たせるし、パフォーマンスがうまい人もいるから、なんとなく踊っていればチームは回るけど、ここから抜け出せない感じをものすごく感じていた。そういうことを全部いったんとっぱらって一人になって、どうするべきか考えをしっかりした後で、また動きだしたいのに、そうさせてくれない。昨年から、「これだけ終われば」「これだけ終われば」って続けてきた。けれどもやっぱりダメで。でもやっぱりチームで練習したら楽しくて。今でもファンのことを考えると振り付けの練習をしていい姿を見せたいし、やれば見てくれるだろうという気持ちはある。だけど、方向性を失った今、一度立ち止まって考えて、また戻ってきたい。けれども、こんなことを言うのは無礼な気もするし、ファンの期待を裏切るようでもあるし。僕たちを育ててくれたのに期待に応えられないようでもあるし。

■無理に絞り出している

V:そう思わないファンが過半数だと思う。僕たちの真心をよく知っていると思う。僕らがどんな音楽をしてどんな道に行っても応援してくれる人たちが90%だろう。

JIMIN:僕たちがどんな歌手なのか、どんな歌手として皆さんの心に残りたいのか、というのを今になって考えるようになったことで、つらい時期を過ごしているようだ。今になってアイデンティティーを見つけようとしているからこそ、つらいこともあるし、時間がかかるのではないか。ファンに伝えたいことも多いけど、でも毎回正直ではいられない。それがとてもつらかったけど、少しずつ解放されようと努力している途中のような気がする。

RM:僕は疲れたと言うこと自体が罪のような気がしていた。

SUGA:一番難しいのは歌詞を書くことだ。出てこない。語ることがない。僕が感じたこと、話したいことを言葉にしなくてはいけないのに、無理やり絞り出している。ずっと何か誰かを満足させなくてはいけなくて、誰かに聞かせなくてはいけないから。それがすごくつらいけど、仕事だから。僕は2013年から一度も「すごく面白い」と思って楽曲制作をしたことがない。常につらくて。書き出すのに苦労して、今絞り出しているものは、7、8年前に絞り出したものとはあまりに違う。当時は伝えたいことはあるけどスキルが足りなくて絞り出していた感じで、今は本当に語るべきことがない。何を話せばいいかわからないんだ。

RM:伝えたい言葉を作る時間をもらえていない感じがある。発言をしたり歌詞を書いている中でふと思うことがある。これは僕の考えであって、チームの考えなのかな、と。僕は一人で話そうとすることはたくさんあるけど、チームとして話すことが一つもない。昔は自分のこととチームの活動をある程度同時にできたけど、今は両立ができない。チームのことをしていて「じゃあここからは自分のことをしよう」とモードを切り替えることができない。自分ひとりになる必要があると強く思う。

SUGA:気持ちを落ち着かせる必要がある。あまりに一生懸命走ってきたから。

JIMIN:今、僕たちは自分の時間を持っている途中だ。自分の時間を過ごして、こうやって集まるとこんなに話すことが多いじゃないか。自分の時間を長く過ごして、また戻ってきたら僕たちが話すことがどれだけ多いかということを考えている。

■ソロ活動への希望

SUGA:共同体で生きていく難しさを、あらためて感じている。

V:僕たちがつらかったのは、僕たちが団体に執着をしていたからだと思う。J−HOPEさんが僕に言ったことがある。今回、ソロ活動や何かをした後、再びチームとして集まったら、そのエネルギーはほかとは全く違うだろう、と。

RM:僕もそう思う。

JIMIN:実はJ−HOPEくんが、こういう話を一番してきた。

SUGA:僕は今いろんなレッスンを受けている。ジャンルを変えたい。ラップだけでソロ公演をしても面白くないと思うからだ。CM音楽もしたいし、ゲーム音楽もしたい。

JIN:僕は4日くらい、ご飯も食べず、あんまり寝ずに、ゲームだけをして過ごしていた。そうするとSUGAの仕事のスケジュール表が来て、こうやって過ごしていたらダメだと思った。

RM:兄さん(JIN)が好きなように過ごせばいい。

JUNG KOOK:本人の合うテンポというのがあるから。僕も最近、SUGAさんと似たような生活を送っている。昨日と同じ自分ではいけない、昨日より成長した自分になっていないといけないという考えでいろいろとやっている。

■7人からの最後の言葉

RM:カメラの前で、こういう場がしばらくないかもしれない。

SUGA:この仕事をしながら、楽しかった瞬間の方がずっと多かったけど、つらい瞬間も多かった。毎活動、毎瞬間、楽しいわけがない。生きているすべての人が同じだろう。なぜこの仕事を始めたのか、なぜこの仕事を選択したのかを考えると、自分が幸せになるために始めたことじゃないか。7人が本当にいつ終わるかわからないし、いつ死ぬかわからないけど、それまで幸せだったらうれしい。僕は今その幸せを探している。自分がしたいことを自由にできている今がすごくいい。やりたいことをして生きよう。僕たちはどうせ100歳くらいになったら死ぬんだし。100歳までBTSをするのは簡単ではないと思う。本当に。だけど、終わりのその時まで幸せに楽しく活動できたらうれしいと思う。

JIN:僕がもともと俳優志望だった理由は、いろんな勉強をして、いろんなことを学ぶことができるからだったけど、アイドルをすることになって、それ以上に多くのことを経験したので、俳優業に対する未練はない。人生は長いから何があるかわからないけど、今はその考えはないということだ。アイドルとして生きているのがとても楽しかったし、これからも楽しむつもりだし、こんないいチームに出会って、これからも楽しい経験ができたらうれしいと思う。

JUNG KOOK:人にはそれぞれタイミングがある。聞いているファンのみなさんもおのおののきっかけや状況があるように、僕たちもその時期がなくてはいけなかったけど、これまで延ばしていたような気がする。はっきりと話をしなければいけない日がきた。それが今日のようだ。僕たちと10年を過ごしてきて、理解してほしいというわけではないけど、理解してくれたらうれしい。僕たちも個人の時間、いい時間を過ごしながら、さまざまな経験を積んで、もう一段階成長してみなさんの元に帰ってくる日がくると思うので、応援してくれたらうれしい。今よりいい7人になると信じて疑っていないので、心配しないで、むしろ期待してほしい。一生懸命生きる。

V:音楽以外にも僕の中にあるものを見せたいと思っていたけど、いつの日かそれを考えること自体がいけないことだと思うようになって、したいと言うことを躊躇(ちゅうちょ)するようになった。これからは自分を見せられる機会があるのならば、今僕が見せられる最大限を見せたい。何もしないで休むより、「V」ではないほかの姿を多方面でたくさん見せたいと思う。

J−HOPE:9年間、一緒にいてくれたメンバーにありがたいという気持ちを表したいし、まずファンのみなさんに感謝を伝えたい。少しバラバラになってみると、またくっつくこともできる。それにはタイミング、時期が重要なようだ。これについて悪く、否定的に考えないでほしい。健全なプランだということを知ってほしい。

SUGA:解散するのではない。少しの間離れて過ごすこともある。

J−HOPE:BTSというチームが強くなると思うし、BTSの第2章にいくのにいい時期のような気がする。ARMYたちも理解してくれたらうれしい。これからもメンバーたちが健康で、おのおののことをしながら、精神的にも健康的に生きてくれたらうれしい。

JIMIN:メンバーたちが「ファン」「ARMY」と言うとき、そのままの言葉として受け取ってくれるとうれしいと思う。

SUGA:事実、切り離せない存在だ。これまでどうやって仕事をしてきたのかといえば、ファンがいなかったらできなかった。

JIMIN:僕たちはファン抜きに夢をみることはできない。ファン抜きに話すことはできない。だけどこういう話を全部伝えられないのがすごく悲しくてつらい。

■長く続けるための選択

RM:僕が運良く歌手としてデビューをして、気がつくとこうやって社会的に世界的に重い責任感を持つようになった。僕たちは適さないかもしれない。そんなすごい人ではないし、賢い人たちでもない。ただ7人が真心を持って、一つの目標のためにやってきた。BTSを考えるとき、みんなARMYの話をする。ARMYは僕たちの本質だ。だからこそ、みなさんを差し置いてはできないし、今、「活動がつらい」と話しながらも自責の念を感じるのもみなさんがそれを憎らしく思うのではないかという気持ちからだ。僕が休みたいといえば、僕が罪人のような感じがして。メンバーたちも同じだ。僕たちは論ニョン洞(ノニョンドン、ニョンは山へんに見)の小さい家に住んでいたときから、言いたいことは一つだ。僕は「Yet To Come」の歌詞にみんな入れた。僕がしたいこと、僕が今でも守りたいこと、それは、僕たちが一緒に真心でステージに立って、話をすること。僕たちが幸せに話をして、幸せの中で何かをできるということが、僕が求める全てなのだ。僕は……防弾少年団(BTS)を長くやりたい。

SUGA:長くするなら、こうするしかないんだ。

RM:長くしたいし、防弾少年団を長くやるとすれば、僕が僕として残らなければいけないと考えている。僕だけが防弾ではないから。僕は防弾の一部だから。だから、(ファンの)みなさんの期待を満足させられなくて、全部正直でいられない点、いつも申し訳なく、だけど僕たちはいつでも本音で話している。

 僕たちも失敗をする。完璧ではない。なぜ僕が国連で演説をして、バイデン(大統領)と会っているのか分からない。わかっているのは僕がBTSで、僕たちはみなさんに会ったからここまで来られたということ。いつまで僕たちが一緒にできるかわからないけど、本当に長く長く、僕たちが昔のようにかっこよくダンスが踊れなくなっても、僕は防弾少年団のRMでいたい。いま少し僕たちが止まって、緊張を解いて休むけど、もっとこれからたくさんの時間のためだということを知ってほしい。

JUNG KOOK:(メンバーに向けて)みなさんの人生、まだたくさん残っています。おのおのの人生のために、僕たち(BTS)のために乾杯!

※AERA 2022年6月27日号