ロンドンブーツ1号2号の田村淳というと、そつのない仕切りで知られるMC芸人の第一人者というイメージがある。また、私生活では数々の女性有名人と浮き名を流してきたプレイボーイでもある。

『ロンドンハーツ』という番組においては、淳は恋愛系ドッキリ企画のスペシャリストであり、下心のせいで罠にはまる男性芸人たちを地獄に突き落としてきた。そこから狩野英孝をはじめとする数々のドッキリスターが生まれた。

 また、物事を進めるための企画力、実行力、交渉力にも非凡なものがある。相方の田村亮が闇営業問題で事務所を追われた際には、芸能活動復帰に向けて力を尽くし、コンビとしての活動を再開させた。

 淳はスマートでクレバーな策士である。彼の頭脳は、目の前の人間を相手にして目的を達成しようとするときにフル回転する。逆に言うと、目的としていないものに関しては、とことん不器用であり、無作法であり、無様でもあったりする。

 そんな淳の意外な一面が掘り下げられていたのが、9月6日放送の『アメトーーク×ロンハー×有吉クイズ×テレビ千鳥 4番組コラボスペシャル』だった。テレビ朝日を代表する4つの人気バラエティ番組のMCである蛍原徹、ロンドンブーツ1号2号、有吉弘行、千鳥が一堂に会して、さまざまな企画に挑戦していた。

 ここで淳は数多くの醜態をさらし、イジられ役に回っていた。メイン企画の1つである「淳VS村上 夢の6番勝負」では、お互いに「運動神経悪い芸人」として知られるフルーツポンチの村上健志と6つの競技で対決した。走り方が滑稽であることから、村上は「ヒザ神」、淳は「モモ神」と呼ばれている。そんな2人は50m走などの競技で低レベルな戦いを繰り広げていた。

 それだけではない。MC芸人同士がスタジオで対決する企画では、まともに縄跳びをすることもできず、ほかのメンバーの失笑を買っていた。千鳥のノブは「俺らはあんな人に回されてたのか」とあきれ果て、大悟は「小学校行きました?」と言った。

 その後、高所にある平均台を60秒以内に渡り切るという企画では、恐怖のあまり鳥のように甲高い奇声をあげながらも、何とか時間内に渡り切ることができた。

 さらに、淳は有吉らと共に『テレビ千鳥』の人気企画「1周だけバイキング」に挑んだ。バイキングでどんな料理をどのくらい取ってどう盛り付けるのか、そのセンスを競う企画である。

 ここで淳は「辛いのは味覚じゃない。辛いものを食べてうまいと言う人は舌が馬鹿になってる」「抹茶塩をあんまり信用してない」「立ち上がるほどうまいチャーハン、バイキングであったことない」などと、悪口やネガティブな発言を連発して、ほかの共演者をあきれさせた。

 さらに、できるだけたくさんの種類の料理をほんの少しずつチマチマ取っていくという立ち回りを見せ、これも不評だった。ノブが「つまみ食いだ」と言ったのに続いて、有吉は「女子もそうなんだよ」と付け加えた。バイキングでの料理の取り方に女性に対する扱い方が表れているという指摘には、うなずく視聴者も多かったのではないか。

 審査員の博多華丸は淳について「とにかく口が悪い」と酷評し、料理を選り分けるようなトングの使い方にも苦言を呈した。この番組では、運動神経のような外から見える部分だけではなく、内面についても厳しい評価を下されていた。

 淳クラスになると、普段は番組を仕切る立場なので、自分がイジられる側に回ることが極端に少ない。だが、こうやって特番でほかのMC芸人と横並びになってみると、淳はイジられ芸人としても突出した才能を持っていると言わざるを得ない。

 目的のためには手段を選ばず、目的に向かって最短距離を突き進む合理主義者の彼は、目的以外のところが全部すっぽり抜けている「おとぼけ天然野郎」でもあるのだ。世が世なら、淳は狩野英孝や出川哲朗に匹敵するような「イジられ芸人のカリスマ」になっていたかもしれない。(お笑い評論家・ラリー遠田)