テレビやラジオでの発言が切り取られてネットニュースに上がるお笑い芸人のカンニング竹山さん。ネットニュースでは「常連」な域にすら達して、報じられ放題なことに改めて何を思う?

*  *  *

 最近、ひろゆきさんのYouTubeに出たんですよ。仕事で一緒になることはあってもあんなにガッツリお話したことがなかったので、面白かったです。改めて面白い人だなと思うし、頭がいいし変わっている人。色々な話ができて面白かった。

 ひろゆきさんのYouTubeは、切り抜きをOKにしているパターンらしいんですよね。切り抜きとは、オリジナルの動画投稿者(この場合「ひろゆき」さん)のコンテンツを第三者が特定の場面のみを抜粋して動画編集して再投稿する仕組み。ひろゆきさん側からOKもらえれば、生配信などの面白いところだけまとめられる。

 ひろゆきさんのYouTubeに出るまで、そういう仕組みを詳しく知らなかったんだけど、切り抜き動画を検索してみると、サムネで「竹山 〇〇にかみつく」とか「竹山 〇〇を語る」とか切り抜かれた動画がたくさんあった。

 見出しにつられて視聴すると、元の動画の数分単位で切り取られているから、そんな大したことを言っていない。見出しでは、竹山が怒っていたり文句言っていたりするニュアンスなんだけど、動画では別に平和にお話しているのに、キレている雰囲気で見出しが並んでいる。

 東スポの見出しだったらお家芸で、最初から半信半疑なものもあって楽しませてもらうけど、ネットの見出しやサムネだと「竹山は、こんなこと言ったのか!?」と思ってしまう。

 切り抜きは申請して許可されてやっているし、クリックされればお金が入る仕組みだったりもするので、このことを否定するわけではない。だだ、YouTube動画での発言には、そういう拡がり方があるんだなと改めて気が付いた。

 僕がテレビやラジオで何か発言するとネットのニュースで書かれるんですよ。「竹山が〇〇と発言、視聴者の賛否が」と、よくネットニュースに書かれるけど、そういうニュースに書かれている内容のように叩かれてもいないし、批判も浴びていない。「俺のところに何の苦情もきていないのに、こんな風に書くなら俺のところに取材に来いよ!(笑)」と思ってしまう。

 しかも僕みたいな人の発言はバンバン上がる。ネットニュースには書かれっぱなしの状態だから、「勝手に書かないでくれ」というのが本音。僕のところには苦情も批判も一件もきてないんだから。また、ネットの記事をよく読んだり、その発言の前後をよく見てくれたら、見出しに書かれたようなことではないってわかると思うんですけどね。

 そういう書かれ放題みたいなのが当たり前になっている昨今に、どうなっているんだと怒っているわけではなくて、そういうのって「どうなんですかね?」という感じ。報じ放題というか、報じたものの勝ち。それで、1円でも多くの利益が上がればそれでいいみたいに見える。

 それこそ「2ちゃんねる」の時代からカンニング竹山のスレッドが立って、そこに「竹山 死ね」「竹山 面白くない」とか書き込まれていたから、もう慣れてしまったけど。書かれ放題なことには「いいんだけどさ」という感覚というか、苦笑いして見ている感じ。

 そんなことを考えていたときに、「#太田光をテレビに出すな」がTwitterでトレンド入りしたけど、あんなことしちゃダメだろ。太田光さんという個人に「#」付けて、そういうことをやっている人にビックリしてしまう。

 もし、政治家に対してだったら、国民から選ばれた代表者の位置づけだから、仕方ないかもしれないけど、個人に対してあんなことをやってはダメじゃない!? それこそ、そんなことするんだという驚きがありますよね。「#太田光〜」の投稿でみんなで盛り上げようって、人として、こういうことしちゃっていいのかな? SNSと言えどもメディアの1つだから個人への攻撃はダメだと思う。

 個人へ矛先が向いたと言えば、ある番組でも取り上げたんですけど、Googleのストリートビューにフランスの街角で携帯電話を持ちながら歩いているひろゆきさんが映し出されていたんですよ。そんな偶然に、最初の反応は「すごい」なんですが、その後ネットでは「ひろゆき、歩きスマホなんかしていいのか」となった。

 それに対して、ひろゆきさんはただ歩いているだけなんて時間の無駄だからスマホを見ていたみたいな反論をしたんだけど。僕は、ストリートビューに外国の街角でひろゆきさんが映っていただけでスゴイと思う。スゴイだけでいいじゃない!? そこからひろゆきさんの歩きスマホが賛否になるのが気持ち悪い。そういうことを見つけ出して、批判するのがイヤだな。こういう発言をすると今度はこちらに矛先が向かい、「竹山 歩きスマホ批判に気持ち悪い」などと報じられていく可能性がある。

 僕も昔だったらTwitterで色々な意見にいちいち反応していたんですけど、もう、「反応したところで……」という気持ち。こういう状況をどうにかして欲しいわけではなく、ある意味、そういう世の中に進んでいくんだと思いますよね。だから、あれもこれも突っつくのではなくて、いい塩梅でやろうよ(笑)。生きていく上で、全てのことに「いい塩梅で」って思ったりしますよね。

■カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。オンラインサロン「竹山報道局」は、昨年4月1日から手作り配信局「TAKEFLIX」にリニューアル。ネットでCAMPFIRE を検索→CAMPFIREページ内でカンニング竹山を検索→カンニング竹山オンラインサロン限定番組竹山報道局から会員登録