金髪に褐色の肌。青い瞳からは、鋭いまなざし。

 人種を超えたボーダーレスな存在でありたい――。そう願い活動するのは、バングラデシュにルーツを持つモデルのシャラ ラジマさん。広島県で生まれ、幼い頃は親の仕事の関係でバングラデシュと行き来しながら、9歳の頃に下町情緒あふれる東京都北区に移り住んだ。

 大学生の頃にモデル活動を始め、今ではドラマやバラエティーにも出演。そんなシャラさんが一躍注目を集めたのは、ちょうど1年前のコラムがきっかけだった。

<私が「美しい」と思われる時代は来るのか?“褐色肌、金髪、青い眼”のモデルが問う>

 そんなタイトルで公開された記事はインターネットを駆け巡り、シャラさんの存在を世の中に突き付けた。

 金色に染めた髪とカラコンで飾る青い瞳は、そのルーツをどこかあいまいにする。コラムを読み、凝り固まった価値観へのモヤモヤが吹き飛んだという人もいれば、批判的なコメントも連なった。書いたシャラさん本人も反響の大きさに驚いたという。

「私は、世の中にとっての全ての間のような存在でいたいんです」

 そう飄々と言ってのけるシャラ ラジマとは何者なのか。

*  *  *

「シャラって何人だっけ?」

 9歳で日本に移り住んでから、幾度となくそう問いかけられた。褐色肌、金髪、青い瞳。そしてその口からは、流暢な日本語が飛び出す。

「来日したばかりの頃は日本語は話せませんでしたが、言葉はもちろん日本の生活にもすぐに馴染んでいたので、みんな私がバングラデシュ出身だということを忘れてしまったんだと思います。新しく知り合う人だけでなく、小中学校の同級生からも『ハーフだっけ?』『日本の血が入っているの?』と勘違いされることが多かったんです」

 大学進学で王子から出たあとも、シャラさんのアイデンティティーを問いかけられることは頻繁にあった。

「どっちの心が強いの?」「カレーと出汁どっちが好き?」

 繰り返される質問にさぞうんざりしたのかと思いきや、「まったく嫌ではなかった」とシャラさん。一方で、自分の人種に明確な線引きができない感情を抱いていたという。

「私のなかでは、自分は日本人でもあり、バングラデシュ人でもあり、そのどちらでもないという感覚があるんです」

 実は、この「どちらにも属せない」感覚は、幼い頃からあった。シャラさんは幼少期をこう振り返る。

「母は若くして結婚していて、私が生まれてすぐの頃、父が病死しました。その時は日本に住んでいたのですが、父の死後、母はバングラデシュに戻り私を祖母と共に育てながら大学院に通い、働きました」

 シャラさん曰く、若くして配偶者を亡くしているにもかかわらず、再婚しない母の存在はバングラデシュでは特殊で、そんな家族を好奇の目で見る人もいたという。

「バングラデシュでは、中東のイスラム教社会ほどの強制力はなくても、女性だと遺産相続ができないなど、様々なイスラム法をベースとした社会があり、そこには男尊女卑的な思想が蔓延しています。母は勉強がとても出来たにも関わらず、男性と女性で与えられる機会の差が大きいことを幼い頃から経験していたようで、その自分の経験を踏まえ、この国で娘を育てたくないと考え、海外で働けるよう大学院に行くなどして頑張ったんだと思います」

日本語学校の存在に驚愕

 その後シャラさんの母は東京で仕事を見つけ、移住したのは東京都北区王子だった。その頃はまだ小さかったがバングラデシュ出身者が多く暮らすコミュニティーがあり、近くには今や「リトル・ダッカ」とも呼ばれる東十条がある。

 だが、こうした移民コミュニティーとは距離のある幼少期を過ごした。シャラさんが言う。

「すべてのコミュニティーがそうではないと思いますが、移民コミュニティーは逆にローカライズされて、保守的になりがちです。世界中のどんな場所のどんな人種の移民コミュニティーでも同じ構造が起きているとは思います。そこでは専業主婦の方も多く、彼らや彼女たちにとっては当時バングラデシュのような発展途上国出身の女が女手一つで、異国で子供を育てるというのは異質な存在に映っていたと思います」

「母は日本語学校の存在を知らず、私は1ミリも日本語の知識がないまま地元王子の公立小学校に入学しました」

 日本語学校の存在は1年後に転校してきたフィリピンとハーフのクラスメイトに教えてもらった。

「その子が毎日午後から学校に来るから、午前中は何をしているのか聞いたら日本語学校に通ってるって。そんなのあったの!?と驚きました」

 周りのクラスメイトとは顔つきや肌の色も違う。それでも、激変した環境に戸惑うことはなかった。

「最初から『みんなと一緒』という感覚があったとしたら、日本に来たときに反抗心を持ったと思います。どうして私だけ違う扱いを受けるんだろう?とか。でも幸か不幸か、私はバングラデシュでも東京でも、周りとは違うバックボーンだったから、東京で戸惑うことも憤ることもなく馴染めたのかもしれません」

自分の色のファンデーションがない

 母一人子一人の生活。外国人として日本で暮らす日々だったが、いじめられることもなかったし、友達もできた。それでも、自分自身を取り巻くぼんやりとした違和感は抱えたままだった。

 高校生になると、同級生と同じくシャラさんも化粧に目覚める。だが、ドラッグストアの化粧品コーナーを見渡したとき、すぐにこう思った。

「その頃デパートの存在を知らなかった私は、地元王子のドラッグストアでみんなと同じく化粧する方法を探ろうと思ったんです。でも、最初に自分の色のファンデーションがないことに気がついて、めんどくさがりの私はすぐに化粧を諦めました(笑)」

 店に並ぶのは、薄いオレンジがベースになったファンデーションばかり。シャラさんの肌に合うコスメは見当たらない。海外からのコスメを探せばいいと思うかもしれないが、当時はアジア人以外の友人や知り合いがいなかったため、相談できる相手もいなかった。

「私の中で化粧という手段は絶たれてしまったので、なにか簡単に印象が変わる方法はないかなと考えていたら、たまたまカラコンという存在に出会いました。原宿のカラコンのお店で店員のお姉さんに言われるがまま色々試してみた中で、一番似合うと言われたのが青でした。確かに私の実際の目の色とのコントラストが一番大きく、その不思議な感じが気に入ったんです。その後、髪も肌の色と一番コントラストが大きくなる金髪に染めてみました」

 そんなシャラさんを、周りはキャッチーに受け止めてくれた。

「悶々と考えていたことの答えが見つかったような気がしたんです。何人かわからないような、相手に問いを生むこの容姿で人と関わるのは実験的でとても楽しく感じました。一見すると何者かわからない印象は、自分のそれまでのパッチワークのような人生に、とてもフィットする感じがありました」

※記事の後編<<「自分の人種を愛してください」に違和感 モデル自身が“何人なのか”あえてわからないようにしている理由>>に続く

○シャラ ラジマ/モデル、俳優。バングラデシュにルーツを持ち、東京で育つ。「私は何人でもない」というコンセプトのもと、人種のボーダーレスを表現している。Twitterは@lalazima_

(編集部・福井しほ)

※AERAオンライン限定記事