人種を超えたボーダーレスな存在でありたい――。

 そう願い活動するのは、バングラデシュにルーツを持つモデルのシャラ ラジマさん。広島県で生まれ、幼い頃は親の仕事の関係でバングラデシュと行き来しながら、9歳の頃に下町情緒あふれる東京都北区に移り住んだ。

 大学生の頃にモデル活動を始め、今ではドラマやバラエティーにも出演。そんなシャラさんが一躍注目を集めたのは、ちょうど1年前のコラム<私が「美しい」と思われる時代は来るのか?“褐色肌、金髪、青い眼”のモデルが問う>がきっかけだった。

 金色に染めた髪とカラコンで飾る青い瞳は、そのルーツをどこかあいまいにする。「私は、世の中にとっての全ての間のような存在でいたいんです」。シャラ ラジマはそう言ってのける。彼女の思いを聞いた。

※記事の前編<<「私のファンデーションはなかった」 肌や目、髪の色にとらわれない「シャラ ラジマ」とは何者か?>>から続く。

*  *  *

 シャラさんはもともと好きだった音楽を通して、アーティストの友達が増えていく。自分にも何か表現できるのかもしれないと考えていたある日、モデルの誘いを受けた。もともと文章を書きたいと考えていたが、モデルの仕事は非言語表現にもつながると考え二つ返事で、決めた。

 芸能の世界では、年齢だったり、性別だったり、肩書だったり、あるいは国籍だったりといったことが求められる。シャラさんもそのバックボーンゆえ、多様性を語る存在として指名されることがあるが、馴染めなさを感じることがある。

「私のような南アジア系の人種がモデルの活動をできている時点で、世の中は大きく変わったと思います。ただ、特に今海外では『自分の人種を愛してください』という風潮が強いなと感じていて。わたし自身は自分の人種を嫌悪しているわけでもなく、崇拝しているわけでもなく、本当のことを言えばなんでもいいなと思っています。でも、この容姿で表現していると、海外では『白人に見せようとしている』と受け取られることもありました。インド人だったら『黒い髪で、瞳も黒のままなら起用する』という目線なんです。でも、自分が何人であるかもわからないようにしている私はそこからも外れている。白人の彼らは髪を黒や青に染めたって、『自分の元の色が』と言われないことにも疑問を持っています。有色人種の私の自由な容姿の表現が受け入れられるには、まだ少し時間がかかると思っています」

結婚が「女性」を考えるきっかけ

 これまでは、人種や美醜の在り方に意識が向いていたシャラさんだが、ロックバンド・OKAMOTO’Sのオカモトショウさんとの結婚をきっかけに、自分が「女性」であることをより考えるようになった。

 もともと結婚願望はなかったが、「したことがないことはしてみよう!」という感覚で結婚を決めたというシャラさん。そのとき、結婚という制度は「女性が誰かのものになる」という見えない社会の感覚をひしひしと感じたという。

「私自身も夫もそんな考え方は持っていないし、お互い『女性は家にいるべき』という感覚も持ち合わせていないので、二人の間では何の問題もないんです。でも、社会の目は違いますよね。本当は二人ともが互いのものになっているはずなのに、女だけが誰かのものになっているという視線を感じました」

「夫のものになりたい」と考える人がいることは理解している。だが、それを押し付ける風潮にはノーを突きつけたい。

 伝えたいことをどういう形で伝えるのがいいか、様々なことが今も模索中だと話す。

「自分がはらむ様々なマイノリティー性を発信していけたら、参考になる人もいるのではないかと考えています」

 その一つが、文筆家としての活動だ。冒頭のコラムはSNS上で大きな話題を呼び、記事を読んだファッションブランド「LOEWE」の担当者によって、ブランドのキャンペーンが決まるなど反響もあった。

「LOEWEのような海外のハイブランドが私のコンセプトに注目してくれることは、すごい希望になりました。『(デザイナーの)J・W・アンダーソンがOKだって?ありがとう!』みたいな(笑)。私は今、モデルやテレビでのしゃべりのように、自分自身をお金に換えて生きています。自分のテーマにあるのが、目に見えない知性に価値をつけるということ。容姿だけではなく女性の知性やコンセプトに価値が付く構造が作られていったらいいなと思っていて、それにつながる一手だったと思います」

 運命を変えた一本のコラムが生まれた背景には、友人と作った自費出版作品「ZINE(ジン)」が影響する。

「もう5年ほど前になりますが、私のコンセプトに初めて興味を示してくれたのが友人のharu.で。彼女が作っていた『HIGH(er) magazine』という雑誌で一緒に企画をしようと誘ってくれました」

 そこで初めてシャラさんが感じているマイノリティー性や違和感を、文章にした。だが、それを読んだ別の友人の一人から、「日本人が責められているように感じる」という感想が届いた。シャラさんは日本語を使っているけれど、もちろん特定の人種を責めるために文章を書いたわけではない。

「でも、こういう発言をすること自体が、『責められている』と思わせる題材になり得るんだと驚きました。相手との認識の遠さに途方にくれつつ、私のようなマイノリティーが前に出るだけで、何も攻撃をしてなくても、ドメスティックな考え方の人にとっては自分が責められて、攻撃されてるように感じるということを心の底から理解しました。でも、それって、こちらの存在をないことにして自分が安心したい、そんな気持ちからくる構造で、こっちをすごく下に見ていますよね?」

「常に反対側がいるよ」

 誰かを怒りたいわけでも、何かを煽りたいわけでもない。それなのに、責められていると感じる背景には何があるのか。分断を生まずに伝える方法を考えたとき、「リベラルと保守の狭間を生きる」ことに辿り着いた。

「どちらかといえばリベラルなほうだと自覚していますし、私の存在はリベラルな思想なしには存在し得ません。ただ、現在の人種、フェミニズムやLGBTQには似た構造の問題が孕んでいると考えています。私たちは自分に寛容になって欲しいのに、相手には寛容じゃないことも多い。寛容であって欲しいのであれば、自分も反対側の人に寛容になる。リベラルと保守はお互いを排除しようとするけれど、物事は二項対立じゃないし、常にイレギュラーをはらんでいるんです」

「暴力という言葉をなくそうとしたら、平和という言葉もなくなるという言葉が象徴的」だとシャラさん。言葉を一つなくすことは、その対義語もなくすことにつながる、という。

「だから、常に反対側がいるよってことを示したいんです。でも言葉だけでは届かないから、視覚的に気にならせるしかない」

 シャラさんは「シャラ ラジマ」という入れ物を通して、そう問いかける。

○シャラ ラジマ/モデル、俳優。バングラデシュにルーツを持ち、東京で育つ。「私は何人でもない」というコンセプトのもと、人種のボーダーレスを表現している。Twitterは@lalazima_

(編集部・福井しほ)

※AERAオンライン限定記事