松下洸平さんがホストを務めるAERAの対談連載「じゅうにんといろ」、3人目のゲストは俳優や脚本家として多彩に活躍するマギーさんです。対談は、2人の仲が深まったNHK連続テレビ小説「スカーレット」の現場での思い出話からスタートしました。9月26日号に掲載した対談の様子を紹介します。

*  *  *

松下 よろしくお願いします! 対談のゲストは、お一人目が俳優の井浦新さん、お二人目が林遣都くんでした。

マギー おお、俺の息子! 「スカーレット」で遣都くんの父親役をやったからね。

松下 家族でご出演いただき、本当にうれしいです! ありがとうございます。

マギー うれしいねぇ。

松下 実は、マギーさんとは「スカーレット」でお会いする前に、映画「燃えよ剣」で共演しているんです。ただ、一緒のシーンがなかったので、当時はご挨拶ができませんでした。

マギー そうだった、すれ違ってるんだよね。

松下 「スカーレット」の撮影中に、ヒロインの父親役の北村一輝さんが声をかけてくださって、マギーさん、遣都くんの4人で飲みに行った時に初めてお話しさせていただきました。マギーさん行きつけのおでん屋さんでしたね。

マギー そうそう。山椒のハイボールをずっと飲んでたな(笑)。あれ、美味いやろ?

松下 はい、とても美味しかったです。当時マギーさんは、僕のことを「誰やねん」と思っていたはずなのに、すごくいろんな話をしてくださったのを覚えています。

マギー 「松下洸平」という字面は、もちろん知っていたよ。舞台のチラシでよく見る、どうやら若くて結構本格的な役者がいるらしい、と。ただ、まだ顔と一致していなかった。「スカーレット」で、僕は洸平くんが演じた八郎の義父となる北村さんの親友役だった。あの日、北村さんから「今日、ハチも連れて行くわ」と聞いて、なんとなく近所のおっちゃんが品定めするような雰囲気になったよね。

松下 めちゃくちゃ緊張しましたもん(笑)。あの日は、お義父さんに初めて飲みに連れて行ってもらった日なんです。それまで、すごく嫌われてたんで(笑)。

マギー ははは(笑)。役の上でね。

松下 芝居の中で「ハチ、なんやお前、喜美子(ヒロイン)のことが好きなんか。近寄ってくるな」という感じなんですが、前室でも「なんでおんねん、どっか行け」「すいません」みたいな感じで(笑)。そんな中で、飲みに誘ってもらったので本当にうれしくて、泣きそうになりました(笑)。

マギー 朝ドラのいいところだね。「朝ドラマジック」じゃないけれど、特に役作りどうのこうのじゃなくて、新幹線に乗って、大阪のNHKに入って、先に支度している人の顔見たら、もうその役になれる、というか。

松下 不思議な体験でした。

マギー あの飲み屋での帰り際に聞いてびっくりしたのは、洸平くんが関西人ではなかったこと。出身はどこなん?と言ったら「東京」だと。ええ!? 関西弁めっちゃうまいやん!!と驚いた。耳がいいよねぇ。

松下 いえいえ、皆さんに影響されただけです。

マギー 洸平くんに対する予備知識が少なかった分、今でも僕の中では「ハチ」なんだよね。

松下 朝ドラが終わり、フジテレビ系ドラマ「知ってるワイフ」で再会した時、僕は銀行員の役だったのでビシッとスーツを着て座っていたら、マギーさんが「ハチ、何をかっこつけてんねん」。いや僕、こういう役なんです、と(笑)。

マギー そうだった(笑)。これからも、近所のおじさんと親友の息子という関係はずっと変わらないと思うな。

松下 そうですね。コロナ禍で中止になる舞台や撮影も多くありました。この間、どんな想いで芝居に向き合ってこられましたか?

マギー 緊急事態宣言が出て、本当にずっと家にいた期間を経て、いよいよ撮影が始まった時に、ああ、俺はやっぱりここが本当に好きなんだなと思ったんだよね。あの日、僕は初心に戻った。この仕事が好きだ、大好きだなと思った。

松下 僕も現場に立っている間ずっと「ありがとう」という思いでいっぱいでした。ひとつの公演、ひとつの現場の価値を改めて噛みしめていました。コロナ禍が終わり、いつの日にか、昔こんなことがあってね、と伝えたいけれど、うまく伝わるんでしょうか。説明がつかないものと闘っているような気がしています。

マギー なんせ俺は早いとこ笑いも交えた昔話みたいにして語れる世の中になってほしいって思ってる。「知ってるワイフ」の撮影中、フェイスシールドをカットがかかるたびに「フェイス!」と言いながら着けたこととか(笑)。

松下 ありましたね。銀行の机の一番下の大きな引き出しにフェイスガードが入っていました。外し忘れて本番を迎えたトップバッターが、確かマギーさんでした(笑)。ご飯もそのまま食べてましたよね? お箸がフェイスガードにコツンと当たって、おかずがぽとんと落ちて(笑)。

マギー そうそう(笑)。毎日、鼻をぐりっとする検査をしてから劇場に入っていたんだよ、とか。今は日々、感染対策として当然のようにやっていることも、「マジすかぁ?」「やってたんだよぉ」って笑いながら下の世代に話せるようになったらいいよね。

〇まぎー
1972年生まれ、兵庫県出身。お笑い集団「ジョビジョバ」リーダー。俳優、脚本家、演出家として多方面で活躍。手がけた主な脚本に、ドラマ「向かいのバズる家族」(2019年、YTV)、「#家族募集します」(21年、TBS)がある

〇まつした・こうへい
1987年生まれ、東京都出身。2008年に洸平名義でCDデビュー。2ndシングル「Way You Are」が発売中。11月30日から、全国8カ所11公演のライブツアー決定。9月30日に映画「アイ・アム まきもと」が公開予定

(構成/編集部・古田真梨子) 

※9月26日発売の「AERA 10月3日増大号」では、対談の続きを掲載しています。