9月4日に自身のインスタグラムを更新し、俳優の溝端淳平と出演した二人芝居「毛皮のヴィーナス」を終えたことを報告した女優の高岡早紀(49)。「ほんとにほんとに頑張ったー とりあえず、ビールで乾杯!」とつづり、同舞台で使用したミニスカに網タイツというセクシーな衣装を着て乾杯する写真を投稿。フォロワーからは労をねぎらうコメントに加え、「とてもセクシーです」「スタイル抜群ですてき」など、変わらぬ美しさを称賛する声が集まった。

 シングルマザーとして3人の子どもを育てながら、女優業の他、情報番組「ポップUP!」(フジテレビ系)の金曜レギュラーを務めるなど、マルチに活躍する高岡。一方、昨年「魔性ですか?」(KADOKAWA)というタイトルのエッセー本を発売するなど、妖艶ぶりは健在で、その色気は男性のみならず女性もひきつけている。“魔性”という言葉にはネガティブなイメージもあるが、高岡の場合、アンチは少なく、男女問わず好感を持たれているのが特徴的だ。

「5月に更新されたインスタグラムでは『今日も娘のお迎えなどなど、家事に追われた1日でした』とつづり、黒のトレーナーにデニム、スニーカーという私服コーディネートを披露。フォロワーからは『カジュアルもすてき』『ジーパンなかなか似合います』などの声が上がるなど、ラフなファッションも着こなしていました。また、昨年6月に更新された自身のブログでは、『冷蔵庫のお掃除。』というタイトルで、豚肉や舞茸、もやしなど、残りもので作ったという“肉野菜ポン酢炒め”の写真を公開するなど、庶民的な一面もあります。そうしたギャップもあり、妖艶さだけではない魅力に好感を持つ人が多いのだと思います」(テレビ情報誌の編集者)

 確かに、オシャレな雰囲気を醸し出しながらも、清潔感のある母親という一面は女性にも好印象だろう。最近、高岡は自身の恋愛観について語ることも少なくない。魔性のイメージとは異なる、彼女の恋愛観に共感する人もいるのかもしれない。

「毎日キレイ」(8月9日配信)では、10代、20代と世代によってさまざまな恋愛をしてきたと告白。「10代の頃から唯一変わらないのは人に頼りたくないということ。自分でも可愛くないと思うんですけれど、こういう生き方しかできないので仕方ない」と語っていた。一方、「ここは私が頑張るところじゃないんだけどな」と、後々反省することも多く、「これまでちゃんと恋人に頼ることができていれば、今の私はシングルじゃないと思います」と、若干自虐気味に過去を振り返っていた。

「バラエティー番組で明かしていましたが、実は恋には臆病らしく、フラれたら怖いので、自分から男性にアプローチしたことはないそうです。気になる男性がいたら、そばに近づき、『私のこと好きかな』と確認して、その男性のそばでニコニコとうれしそうにしているとか。好意を寄せる相手に対しては、控えめでかわいらしい一面があるようです」(同)

■幼い頃に恋の駆け引きを学んだ!?

 女性週刊誌の芸能担当記者は過去の熱愛報道などから、彼女の恋愛観をこう推察する。

「前夫の保阪尚希や、熱愛報道のあった布袋寅泰、市川海老蔵など基本的にはヤンチャなタイプが好きなようですね。関係者の話では、高岡は自ら積極的にアプローチはかけず、自分が好いていることをそれとなくアピールするのがうまいとのこと。また、酒席で一緒になったというテレビ局員によると、飲み会などで酔うと一気に距離感が近くなるそうで、勘違いしてしまう男性も数多くいたと言います。父親が老舗のジャズライブハウスを経営していたことから、幼い頃から大人の男性と接する機会が多く、恋愛の駆け引きはこの頃から身についていたのかもしれません」

 私生活ばかりでなく、女優としても幅を広げている。最近では、2019年放送のドラマ「リカ」(フジテレビ系)で、愛する人を手に入れるために狂気へと突き進むサイコな主人公・雨宮リカ役を怪演し、昨年もドラマ「桜の塔」(テレビ朝日系)での色気あふれる高級クラブのママ役、NHK朝ドラ『おかえりモネ』でのテレビ局の報道番組の責任者役など、さまざまな役を器用に演じている。

 芸能評論家の三杉武氏は、女優・高岡早紀について「業界内で評価が高い」と言う。

「美貌やプロポーションが注目されがちな高岡さんですが、外見だけで30年以上にわたって芸能界の最前線で活躍し続けることはできません。今の活躍は、常に努力を怠ることなく周囲の期待に応え続けてきた結果でしょう。実際、演技力や存在感など女優としての業界内での評価は高く、マスコミ対応などを見ても常に『周囲が期待する高岡早紀』を意識している印象で、プロ意識の高さを感じさせられます。一方、SNSなどではそのイメージとは反対の飾らない“素”の部分も垣間見えて、新たにファンになる人も増えているのではないでしょうか」

 母として、女優として、高岡早紀に憧れる女性はますます増えそうだ。(丸山ひろし)