澄んだ声と飾ることのない自然体で、いまやすっかり“夕方の顔”。そんな人気に拍車がかかったのは、飾り気ゼロのお弁当だった。ホラン千秋をひもとけば、根幹に流れる“解釈”が見えてきた。AERA2022年9月26日号の記事を紹介する。

*  *  *

 タッパーのなかで散らばる小松菜。ラップで区切ったハンバーグとラタトゥイユ。詰めたというよりは、ぶちこんだように見えなくもない。

 タレントでキャスターのホラン千秋さん(33)は、自身のブログやインスタグラムに手作り弁当を載せている。だが、ぱっと見、流行(はや)りの「映え」とはまるで対極。どんと横たわるきゅうりのぬか漬けに、スカスカのとうもろこしご飯──。そんな自由な弁当が注目されている。

「自分では、お弁当の見た目がひどいなんて思ってもいなかったんです」

 と、笑うホランさんだが、ファンやフォロワーの間では「鬼ヤバ弁当」として愛されている。

 そうなったきっかけは?

「1食分の料理を作るのって難しいじゃないですか。ほうれん草がぱらぱらと入っているお弁当は、2日くらい保存容器として使って、その最後の1食分を冷蔵庫から出して持っていっただけなんです。どっちも同じ容器だから、詰め替える作業を省略すれば時短になります」

「残飯みたい」と言われ

 ある時、ブログのネタに困り、目の前にあった弁当を載せた。

「そしたら『残飯みたい』とコメントがきて。母親も、『私がこういうお弁当を作っていたって勘違いされるじゃない』って戸惑っていました。私としては、キラキラしたデコレーション弁当と同列だとは思わないけれど、“あるもので工夫したお弁当”には変わらないよなという感覚だったんです」

 料理好きだというホランさん。一つひとつのおかずはどれもおいしそうで、ラザニアなど手が込んだものもある。ただ、その盛り付けは、ときに質素で、ときに豪快。当初はビジュアルについて散々な言われようだったが、次第に変化し始める。

「写真を載せているうちに、『この弁当を見て気が楽になりました』というコメントがくるようになって。きれいにお弁当を作らなければという呪縛みたいなものがあって、そこから解放される人がいるのだと、予想外の反響に驚きました」

 きらびやかな弁当がSNSに並ぶなか、おかずが1色しかない弁当を恥ずかしく感じる人がいることにハッとしたという。だが、最近では「白米とミートボールだけ」といったシンプルな弁当がコンビニでヒットしていると伝えると、机をバンッと叩いて切り出した。

「何であのお弁当は歓迎されるのに、同じような私のお弁当は『うわぁ』ってなるんだ!って思うんですよ。その気持ちの差がどうして生まれるのかを考えたとき、同じものを作っても、家庭での努力は過小評価されがちだって気づいて」

「衣装選び」はパズルだ

 たしかに、弁当箱には「こうあるべき」という思い込みを詰めがちだ。だが、ホランさんは違う。小さな箱のなかに「宇宙が広がっている」とたとえる。

「そりゃ私だって、心と時間と脳みそに余裕があれば、『曲げわっぱでのっけ弁』を作ってみたいって願望もあります。全部違うおかずにして、紫キャベツや青じそで彩りや仕切りを加えるとか。でも、寝たいし、頑張りたくないし、韓国ドラマだって見たい。人生の優先順位をリスト化したら、『お弁当をきれいに作る』というのはそれらの欲望よりも下のほうにあって。お弁当作りの優先順位が高い人ももちろんいると思いますし、それはそれで素敵だと思うんです。ただ、他人にあわせて自分が高くする必要はないですよね」

 目の前にあることに優先順位をつけて、てきぱき判断する。その考え方は、弁当作り以外にも垣間見える。

 平日の夕方、週5日間キャスターを務める「Nスタ」では、1週間分の衣装がまとめて用意されるという。トップニュースがスポーツやエンタメの明るい話題のときは、ピンクや黄色など、暖色系の洋服を。事件や事故など、悲しいニュースが続く日は落ち着いた色を自分で選んでいる。

「ときに、大変なニュースが続いてしまった週の後半には、明るい色しか残っていないということもありうるので、そうならないためにどう組み合わせるか、バランスを見ながら衣装のパズルをしています」

 一つ質問するたびに、明快でユーモアの交じった答えが飛び出す。秒単位で動くニュース番組でも、そのスキルはいかんなく発揮。相方であるTBSの井上貴博アナウンサーとともに、落ち着きながらもときにアツく、しっかり的を射た“コメント力”が人気を博している。さらに、今秋からはバラエティーの新番組でMCに抜擢された。

バカ笑いできる「瞬間」

「今でも私の“ホーム”は長いこと育てていただいたバラエティーだと思っています。バラエティーの仕事は楽しいし、バカ笑いできる瞬間ってすごく大事だと思っているんです。ニュースとバラエティーって雰囲気に振れ幅がありますが、切り替えは特に意識していません。スタジオに入ると、自然と番組ごとの私に切り替わっているのだと思います。それぞれの番組に合わせてチューニングすることで、どんなジャンルの仕事でも対応できるタレントでありたいです。それに、この数年は皆さん大変なことが多かったですよね。そんなとき、私の場合は半ば強制的に明るい瞬間を持ってくることで、重たい空気にのみ込まれないよう、ニュートラルな場所に私を引き戻してくれるのが、バラエティーの現場。だから、とっても大切なんです」

 20代の頃は悩みもあった。強烈な才能と個性にあふれる芸能界で、自分の価値がどこにあるのかわからなくなったことも。

「平凡な私にできることはあるのだろうかと、自信を持てない時期がありました。でも、“普通”が求められることもあると気づいて楽になりました。私たちタレントは“本人”としてテレビに出るので、本来持っている以上のものは出せないと思っています。一時的に取り繕えても、継続は難しい。今も天才的な才能や実力はないし、自信をなくすときもあります。そんなときは、こんな自分を信じてくれる人の声を信じればいい。その積み重ねが、毎日笑いながら仕事ができる日々に続いています」

 だからこそ、「自分」を偽らない。

「それに、私のお弁当みたいに自分が普通だと思っていたことが、周りからするとそうじゃなかったということもありますからね(笑)。ありのままでいることが、一番大切なのだと思います」

(編集部・福井しほ)

※AERA 2022年9月26日号