あの悔しさは、たしかに晴らした。

 今年7月、関西ジャニーズJr.のAぇ! groupが出演するはずだったライブ「Summer Paradise 2022」がメンバーのコロナ感染で中止になったとき、SNSには人気チケットを手にしていた人々の悲痛な嘆きがあふれた。大切なファンを悲しませてしまったことは、誰よりも6人のメンバーたち自身が心を傷めたにちがいない。すぐに公式ブログ上で発表されたコメントの数々は、「その気持ち俺たちが責任持って請け負います」「もっと大っきくなって東京突撃します」「絶対に6人でまたリベンジするからな」「浮気せずに待ってて」などと精いっぱいファンの心に寄り添っていた。

 そして、約束はすぐに果たされた。9月28〜29日、単独ライブ「西からAぇ!風吹いてます! 〜おてんと様も見てくれてますねん LIVE2022〜」を開催。しかも会場のぴあアリーナMMは、7月のライブで予定されていたTOKYO DOME CITY HALLの約4倍のキャパシティを持ち、ユニット単独では記念すべき“初関東&初アリーナ”公演となった。さすが、オリジナル曲「Stray dogs.」で「We’re like a stray dogs」とシャウトしているメンバーたち。ハングリー精神で、見事にピンチをチャンスに変えた。

 28日のライブ当日。大舞台に立った6人は、終始、うれしくてたまらないといったキラキラな笑顔を投げかけた。そして、ときに髪を振り乱して全力で踊り、ときにマイクが割れるほど必死に叫び、頻繁に本場・関西仕込みのハイレベルなコントを炸裂させた。観客たちは必死でペンライトを振ってボルテージを上げたり、ほほえみながら見守ったり、まさに“おてんと様”よろしく暖かに6人を包み込んでいた。

 関西ジャニーズとしての誇りを胸に、しっかりと爪痕を刻み付けたメンバーたち。フィナーレでは、それぞれ自らの言葉を噛みしめるように、“次の約束”を口にした。

草間リチャード敬太 えー本日は皆さん、ご来場で、ごらい、噛んじゃったー(笑)。ご来場いただきまして、誠にありがとうございました。僕たちAぇ! groupにとって初となる単独アリーナ公演、どうでしたか?[会場拍手] ありがとうございます。もうそれ以上の拍手を僕から送りたいです(笑)[自分でも小さく拍手]。このね、曲もそうですし、コントもそうですし、もうみんなで一体となって手振ってる感じ、ペンライトばーって振ってる感じ。めちゃめちゃ楽しい。めちゃめちゃ綺麗やし。みんなが出し切ってくれるこの、この感じがすごく伝わってきます。それに負けへんように僕もうわーってやってたら、バテそうになりました(笑)。いやでも、ほんまにそこで感じるエネルギーってすごいなって思うので、これからも僕たちにエネルギーを届けてください。僕らからもエネルギーを送ってます。エネルギーを交換しあいましょう。またこういう場を持てるように僕たち頑張っていきますので、ここからも一緒に上を目指して楽しく歩んでいきましょう。

福本大晴 Aぇ!のライブとしては1月に関西Jr.のライブやってからかな? 本当に久しぶりって感じがして、みんなのペンライトが見えた瞬間に「あ、やっと会えた!」っていう気持ちがあって。で、そのペンライトがバーって、声出されへんぶん、めっちゃ楽しそうに振ってくれてんのがさー、もうすっごい楽しくて。で、俺らが楽しなってんのを見て、(みなさんも)楽しなってるでしょ、絶対?(笑) だからこうお互いに支えあって、なんか人間してるなって感じがして、本当に最高です。タイトルにもありますけどね、西からAぇ!風吹いてます。その勢いを、本当にめちゃめちゃ感じています。なにわ(男子)がデビューして、(関ジャニ)∞さんは日産スタジアムでライブをやって、ジャニーズWESTさんは東京ドームでライブをして、で、僕たちは今、アリーナに立っています。でもね、僕、Aぇ! group結成してプロフィールのところの夢に5大ドームツアーするって書いてるんすよ。だからこのアリーナはまだ通過点です。その5大ドームツアー、夢叶えた先にもっとでっかい夢が待っているかもしれません。なのでみなさん、夢を叶えるため、僕たちも支えるんで、お互い支えあっていきましょう。

末澤誠也 みんなに本当に感謝です。忙しいのにさぁ、足を運んでくれてね。やって平日やん。なんで平日にライブすんねんって思ったやろ? ……そりゃしゃーない(笑)。でもさ、もっとたくさんの場所でみんなと楽しい時間空間を作りたいなっていうのは今日改めて感じました。僕、あのー、ほんまにAぇ! group好きなんですよ。信頼もしてるし。だから全然不安がなくて。そう、だからね、みんなも俺らのことほんまに信用してほしいね。信用してくれとるって信じてるけどね。俺たち絶対後悔させへんし、Aぇ! group応援しててよかったなって思ってもらえるように、がむしゃらに全身全霊で、プライドかけてやっていきたいなと思ってます。みなさん、Aぇ! group、今が推しどきです[うんうんとうなずきながら、自信ありげな表情]。Aぇ! groupってさ、アホなことばっかりするやん。でもみんなノリに付きあってくれるやん。自分たちが楽しい面白いと思っていることをみんなも楽しんだり笑ったりしてくれてるっていうのがすごい僕はうれしいし、これからもそういう関係でいられたらなと思っております。みんな頼むよ! これからAぇ! groupまだまだいくからね! ここで終わらんよ! これからもずっとついてきてください。

佐野晶哉 本日は「西からAぇ!風吹いてます!〜おてんと様も見てくれてますねんLIVE2022〜」にお越し下さいまして、本当にありがとうございます。「吹かせます(※昨年まで放送されていた冠番組タイトルから)」じゃないんですからね、「吹いてる」んですから! 吹かせてくれてるのは紛れもなく、僕たち6人ではなくてこの会場、全国世界にいるAぇ!を好きでいてくれてるみんなのおかげです。今年の夏はほんまにたくさんの経験させてもらえた夏で、(関ジャニ)∞さん(ジャニーズ)WESTさんの背中を間近で見させてもらって。今までももちろんめちゃめちゃでかく見えたけど、初めて(ライブで)バックにつかせてもらったら、もうね、MAXだと思ってた憧れの気持ちがもっともっと好きになって。こんな先輩勝てへん、すごすぎるて、って悔しい気持ちもたくさんあるけど、Aぇ! groupにしか出せへん空気感も絶対あると思うし、もし今なくてもこの6人とこのみんなとやったら絶対見つけていけると思ってるし。今年の夏、スタジアムっていう7万人のとてつもなくでかい野外の景色[※7月、関ジャニ∞が日産スタジアムで行ったライブ『18祭』]も見せてもらって、また夢も広がっているので、これから本気で戦っていくので、僕たちについてきてください。

小島健 みなさん、本日はご来場いただき誠にありがとうございました。もう本当にこのライブ楽しくて。リハやったらただただ走ってるところとかも、みんながおるから俺たちめちゃめちゃ楽しくて。このステージにおるときは、Aぇ! group、無敵になれます。だから今後ね、僕らがこう失敗とかすることもあるやろうし、ちょっと間違えちゃうこともあるやろうし、つまづくこともあってコケちゃうかもしれへんけど、その度に俺たち立ち上がって、それはみんながおるから立ち上がれて、這いつくばってでも立ち上がれんくても、前に進んでいきます。それがAぇ! groupなりの、俺たちなりの王道やと思ってるんで。その道で進んでいくんで、みなさん覚悟決めて俺らについてきてください。これからもよろしくお願いします。

正門良規 改めまして本日はご来場いただき本当にありがとうございました。ちょっと眺めさせてください、この景色を[メンバーカラーの青いペンライトが一斉に振られるのをゆっくり見渡して]。ありがとうございます。いや本当にね、今年はAぇ! groupとしてみなさんに会うことはできないんじゃないかなって考えたこともありました。それがこういう形で実際に顔と顔を見あわせながら、同じ空間で、同じ空気吸って、同じ時間を過ごしてる。これほど尊いことはないなと。みなさんの顔を見てパフォーマンスができる幸せ、ね、声こそ出せなかったり、まだマスクをつけてたりとか、みなさんにご協力していただいている部分もたくさんあるんですけども、みんなでつかみ取った、みんなでここまできたと僕は本当に思っています。小島の名言にもありますが、俺たち全員でAぇ! groupです。みなさまどうぞこれからも末永くもっともっとたくさんの景色を、もっともっとたくさんの思い出を共に作っていきましょう。

雨降って、地固まる。おてんと様がいる限り。

「今が推しどき」なAぇ! groupが表紙を飾る10月4日発売の「週刊朝日」10月14−21日号は、メンバーがこのライブへの意気込みなどを語ったインタビューや、数々の写真で公演の模様を振り返るライブスナップ、そして撮り下ろしグラビアなど、計12ページの大ボリュームでその魅力に迫る。

(本誌・大谷百合絵)

※週刊朝日オリジナル記事