アイドルグループ・乃木坂46は新たな時代を迎えている。今年はグループ結成10周年を迎え、5月14、15日に日産スタジアムで開催された「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」には現メンバーだけでなく、西野七瀬、白石麻衣、生駒里奈ら卒業生たちが登場して公演を盛り上げた。

 月日が流れると共に、メンバーが卒業していく。今年に入って1期生の星野みなみ、2期生の北野日奈子、山崎怜奈が卒業。1期生の樋口日奈、和田まあやも8月31日発売の30枚目シングル「好きというのはロックだぜ!」の活動を最後に卒業することが決まっている。

 一方で、新しい風も。今年から加入した5期生は井上和、菅原咲月、川崎桜らを筆頭に加入から1年も経たずに人気メンバーとなり、次のシングルで何人が選抜入りするか注目されている。

 乃木坂に在籍しているメンバーは現時点で43人。ただ、全員が同じステージで歌えるわけではない。各シングルの表題曲を歌う16〜20名の「選抜メンバー」が選ばれる。他のメンバーは「アンダーメンバー」という枠組みの中で活動する。

「人気メンバーが選抜で固定されているので、アンダーから新たに入るのは容易ではありません。乃木坂に在籍して一度も選抜入りできずに卒業するメンバーも少なくない。それほど厳しい世界です。でも選抜メンバーの全員が日の当たる道を歩んできたわけではない。アンダーから大ブレークした代表格がエースの齋藤飛鳥です。グループの初期は白石、西野、生駒ら人気メンバーに隠れる形でアンダーの常連メンバーでしたが、モデルとして活躍してパフォーマンスを磨くことで大輪の花を咲かせた。選抜入りしなくても人気メンバーはいますし、活動の全てではないですが、彼女の歩んだ道のりは後輩に大きな勇気を与えている」(スポーツ紙の芸能担当記者)

 ネクストブレークを狙う逸材たちの中で、テレビ関係者から高い評価を得ているのが4期生の林瑠奈だ。

 民放のテレビ制作スタッフは「頭の回転が速く、バラエティー能力が高いと現場で評判です。お笑い好きで瞬発力があるだけでなく、場をうまく回すこともできる。共演した芸人やタレントの評判がいい。独特の感性と発言で、乃木坂の中では異質なオーラを身にまとっているのも魅力です」

 林は順風満帆な道のりを歩んだわけではない。18年8月に坂道合同オーディションに合格するが、グループには配属されず坂道研修生として活動した後、20年2月に4期生に加入する。同じ4期生の中でも林より早く加入し、圧倒的な人気を誇る賀喜遥香、遠藤さくらに比べて当初は影が薄かったが、アンダーライブやグループ活動で輝きを放つこと存在感が増していく。歌唱力は乃木坂トップクラス。ダンススキルも磨かれ、ライブで見せるパフォーマンスが話題になった。

 8月上旬にYouTubeでMVが公開された4期生の楽曲「ジャンピングジョーカーフラッシュ」ではフロントメンバーに抜擢され、大きな武器である歌唱力を発揮。コメント欄には、「林の歌声って世間が気づいたら爆発的に人気出るだろうな。そう思うぐらい魅了される」、「話題の5期生加入。でも、新4期生の覚醒がそれを大きく上回る。林瑠奈、ほんとうに凄すぎる。美しくなりすぎて、一時も目が離せない」など称賛の書き込みが相次いだ。

 テレビ東京の帯番組「乃木坂工事中」でも話題に。「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」のパフォーマンスを取り上げた放送回で、MCを務めるバナナマン・設楽統が「林とかいい表情するよね。アイドルがステージで輝いているのを絵に描いたみたいな」と名指しで絶賛していた。

 前出のスポーツ紙記者は「林は選抜入りにとどまらず、賀喜や遠藤のように将来はセンターになれる可能性も十分に秘めている。楽曲によって色々な表情を見せて観客の目を引きつける。中心の立ち位置でなくても『主役感』があるんですよね。ファンからの人気が高まっていますし、これからも快進撃が続くと思います」と期待を込める。さらなる活躍が楽しみだ。(梅宮昌宗)

※週刊朝日オンライン記事