10月3日に放送された「なるみ・岡村の過ぎるTV」(ABCテレビ)で、タレントの坂下千里子(46)が学生時代のモテぶりを明かした。

 この日は京都の魅力を出身芸能人が紹介する企画が行われ、地元のボウリング場の話になると坂下が「何回告白されたか。そこに呼び出されるんですよ」と回想。さらに、弟が坂下と同級生という一般人から「サッカー部のマネージャーをしていて、部員全員から告白されたと聞いた」という情報が寄せられると、坂下は「全員じゃない。ほぼ……ほぼ(全員)です」と認めた。

 CMで披露した美脚が注目を集め、2000年代に多数のバラエティー番組に引っ張りだこだった坂下。かわいらしく明るいキャラクターでお茶の間の人気者となり、その後、08年に結婚して2人の子を出産。母になった現在もレギュラー出演する「ノンストップ!」(フジテレビ系)を始め、テレビで見かけることが多い。バラドルとして活動していた00年代からずっと芸能界で生き残り、今でも安定した活躍ができるのはなぜか。テレビ情報誌の編集者はこう推察する。

「昨年放送されたバラエティー番組で、オードリーの若林正恭が『ちりさんがいらっしゃると現場が明るくなる』『機嫌が悪いとか想像できない』と称賛していました。坂下がツアーガイドを務めていた『もしもツアーズ』に、若手だった頃のオードリーが初出演した際、初対面の坂下から『若林くん、大人で人見知りなんて絶対ダメなんだからね』と言われたのが忘れられないとも話していて、誰と共演しても気を遣わせない性格がうかがえます。また、MEGUMIが坂下について、スタッフ一人一人に『髪切った?』などと話してかけ心をつかんでいて感心したと、過去に明かしていたことも。共演者やスタッフへの気遣いが業界内でも評価されているのではないでしょうか」

 人懐っこさがあり、コミュニケーション能力も高い坂下。それが今は視聴者にも伝わっているようだ。

 9月2日放送の「ノンストップ!」では、子ども2人とも勉強嫌いで、子どもの宿題に対しては「塾の宿題やったの? 学校の宿題終わったの?」と、口うるさく言ってしまうと明かしていた坂下。さらに、言っちゃダメなの分かってはいるが「やらないから言うんです!」と親としての悩みながら子育てしていることを話すと、SNS上では「どこのうちでもこうなんだね」「よく言ってくれた!」と、共感の声が上がった。

「毎日の食事について、『どこかで手を抜かないと自分がパンクする。料理が得意じゃない人にしたら3食1カ月以上作るのはきつい』と昨年、同番組で話していて、これも賛同の声がみられました。また、塩こしょうした手羽先を魚焼きグリルで焼くだけという簡単な料理が家族に好評だったので、週に3回出したら夫に怒られたとも。そんなセレブっぽさを感じさせないところも好感につながっているのかもしれません」(同)

■独身時代には八股疑惑も

 一方、坂下といえば、そのあけすけな言動が“苦手”だという視聴者も少なくなかった。00年代には「週刊文春」の「女が選ぶ嫌いな女」でランキング入りしたこともある。

「独身時代は“四股”や“八股”疑惑が共演者などに暴露されたり、舌ったらずなしゃべり方や声の大きさなどが災いし、アンチも多かった印象です。とくに女性視聴者からは嫌われていたと思います。バラエティーで活躍していたときは、ハングリーさを前面に出していたので、それが苦手な人も多かったのでは。しかし、彼女が夫として選んだのは社長やセレブではなく、テレビのカメラマンでした。これを意外に思った人は多かったはずです。結果的に玉の輿婚をしなったことで現在の庶民派イメージにつながり、ママタレやコメンテーター活動をする上ではプラスに働いている気がします」

 過去のイメージからうまく脱却した坂下は現在、意欲的に仕事の幅を広げているようだ。

「4月からはニュース番組『news おかえり』で木曜日のサブMCを務めています。長年レギュラー出演していたNHKの国際情報番組『これでわかった!世界のいま』が昨年3月で終了し、終わったのが寂しくて『ニュース番組をやりたい』と、すぐにマネージャーに伝えたそうです。また、『政府と私たちの気持ちが全然違うな』と、ママ友と話しているうちに、ニュースへの興味や学びたいという気持ちが30代で出てきたとか。既婚女性の目線から、硬派な政治コメントができるようになればさらに彼女の活躍の場は広がるでしょう」

 芸能評論家の三杉武氏は坂下についてこう評する。

「最近は、独身時代にバラドルとして露出していた女性タレントが、結婚後に家事や育児が落ち着いたタイミングで再び芸能活動を活発化させるケースが目立ちます。若槻千夏さんもそうですね。ママタレはいつの時代も需要があるので、テレビが元気だった00年代に活躍していた坂下さんたちは知名度があって起用されやすいのでしょう。独身時代は自分のことを私ではなく『ちり』と称したり、男ウケを狙ったぶりっ子な発言や行動などが一部の同性視聴者からネガティブな目で見られていましたが、当時から共演者やスタッフ受けは良く、ある意味プロ意識の表れだったのかもしれません。昔から“サバサバ系”のMEGUMさんと公私ともに仲が良いところを見ると、坂下さんも気さくでさっぱりとしたタイプなのでしょう。最近はそうした素の部分が出ていて、同性からの支持も以前よりも高まっている気がします」

 トーク力や空気を読む力など、バラエティースキルも十分持ち合わせている坂下。すでに揺るぎないポジションを確立したと言えるかもしれない。(丸山ひろし)