アイドルとオタクの恋愛───。

 ある意味「禁断の恋愛」を描く小説『アイドル失格』(KADOKAWA)を書きあげたのは、現役アイドル。本作が初小説となる、NMB48の人気メンバー、安部若菜さんだ。

 小説に登場するのは、<マイナーな地下アイドルという訳ではない。大手事務所所属のグループで、有名なプロデューサーやアーティストともコラボしている。今注目のアイドルグループ>「テトラ」。主人公はそのメンバーの一人、実々花だ。

 もう一人の主人公が、テトラのファンとして熱心にライブやイベントに通い、CDを購入し、ツーショットチェキを撮影してくれるケイタ。

 実々花はそんなケイタのツイッターを“実々花”でエゴサーチするなどしながらチェックするうちに、彼がどんなものが好きでどんなものを食べているのかを知り、次第に気になる存在となっていく。

<「ケイタに会いたい」そんな考えが暗闇の中、唯一の光のように浮かんできた。>

 あるとき、ケイタがアルバイトする下北沢のDVDショップを実々花が訪れる。アイドルに“会いに行ける”場所ではないところで、出会ってしまったふたり。少しずつ距離を縮めていくふたりの行く先は───。

「はじめはアイドルをテーマにしたものを書くのかどうか迷いました」

 と、安部さんは言う。

「でも、私が書く以上、どうしても『NMB48の安部若菜が書いた小説』という見られ方をします。それだったら、アイドルの現場を舞台にしたお話をアイドルが書いたほうが、より興味を持ってもらえるのではないかと思いましたし、それは今の自分にしか書けないものだと思いました」

 幼いころから読書好き。ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」など、海外のファンタジー小説が好きだった。

「小説をいつか書いてみたいなという気持ちは、漠然としたものですがありました。やりたいことがあれば、なんでも挑戦させてくれるところがNMBの強みだと思うんです。そんなNMBの中で自分がやりたいこと、挑戦したいことってなんだろうと悩んだこともありましたが、小説を書くことをきっかけに見つかった気もしますし、この経験をグループにいかすことができれば本当にうれしいです」

 当たり前かもしれないが、小説内で描かれるアイドル現場の描写、メイクや衣装のちょっとしたディティールや楽屋でのメンバーどうしのやりとりなどは、現役アイドルならではの視点と経験、リアリティにあふれている。とはいえ、テトラのモデルとなったアイドルグループは、特にないという。

「私の中での“理想のアイドルグループ”を作ろうというところから、人数、名前、メンバーのキャラクターやバランス、どんな曲を歌ってどんな衣装を着ているのか考えて固めていきました。そういう時間が一番楽しかったです」

 アイドル活動と小説を書くという行為に通ずるものは何か。

「もともと人見知りで社交的なほうではなかったんです。だけどステージに立つと、全然別の自分になれる。その世界の中で違う人になることができるというところは、近いと思いました」

 テトラのメンバーの中で自分に近い部分をもつのは、しいていえば、やはりヒロインの実々花だという。

「ちょっと自分に自信がなかったり、すごく考え込んでしまったりするところ。真正直なところもちょっと似ているかもしれません」

 4人組の「テトラ」と大人数グループの「NMB48」。同じアイドルグループでも、違う部分はあるだろうか。

「はい、全然違います。人数が多いと同じ曲でもポジションがしょっちゅう変わって、シングル曲も毎回参加できるとも限りません。だからこそ自分の個性、自分だけの色のようなものを強くアピールしなければ埋もれてしまうという大変さがあります。少人数のグループは、メンバーそれぞれの色を出しやすいでしょうし、グループとしてのフットワークの軽い活動もやりやすいのではないでしょうか。そのかわり、一人あたりの負担も大きくなるでしょうし、人気のあるメンバーとそうでないメンバーとの差がわかりやすく見えてしまうこともあると思います。どちらも良さもあれば、難しさもあるのでしょうね」

『アイドル失格』は、アイドル側とファン側、ふたりの主人公の視点が入れ替わりながらストーリーが進められていく。

「アイドル側は、自分が普段見ている景色や感覚をある程度落とし込んでいけばいいのかなと思いました。実際に自分が経験してきた悩みなど、反映している部分もあります。NMBのメンバーにも、みんなのファンはどんな感じなのか、普段どんなふうに思っているのかを聞いたりもしました」

 問題なのは「オタク」側の描写だ。

「いわゆる“ガチ恋”の人はどんなことを考えて応援してくれているのだろう、じゃあ推しが特にいない人はどうなんだろう、アイドルファンの方がどんなことを普段思っているのかいろいろ検索してみたり、私のブログやツイッターへのコメントをあらためて読み返してみたりしました。自分たちが普段言い慣れない『オタク』という言葉をあえて使ったのも、小説の中でのバランスを考えて、『ファン』じゃなくて『オタク』と呼ばせてもらったほうがいいだろうということからです」

 いわゆる“エゴサ”はする?

「はい(笑)。いろいろなことをつかめる気がします」

 もしかしたら安部さんも実々花のようにファンのツイートやブログのコメントを見て気になっているかもしれないと思うと、ファンの気持ちも変わってくるかもしれない。

「ツイートやコメントをするときに、ちょっとドキドキしていただいたりしたらうれしいですね」

 初恋は小学2年生だという。

「同級生の子でした。今思えばそれは本当に恋だったのかもわからないぐらいですが」

 そのときの気持ちはこの小説にいかされては……?

「さすがにないですね(笑)。でも昔から本を読んではいろんな想像や妄想をするのが好きでしたし、恋愛小説や恋愛映画を見るのも好きなので、もし自分がこんなきっかけで恋をすることになったらどんな感じになるんだろう、二人が出会うことでそれぞれの気持ちや環境にどんな変化が訪れるんだろうと、楽しくて難しいところでしたが、それこそ想像や妄想力を発揮させました(笑)。言葉だけで伝える難しさは歌って踊る表現とは全然違います。自分の理想の恋愛みたいなものも入っている部分もあります」

 最近は、現役アイドルが結婚し、その後も活動を続けたり、ずっと応援してきたファンとアイドルが結ばれたりし、「推しと結婚」という言葉も話題になった。

「それが嫌だという方ももちろんいると思いますが、祝福の声がすごく多くて、素敵だなと思いました。アイドルの在り方も少しずつ変わってきて、アイドルも一人の人間だという感覚に変化しているような気もします。より身近でその人間性に触れられそうなSNSの普及も影響あるかもしれませんね」 

 小説を書いたことをきっかけに、アイドルグループのプロデュースや運営に興味がわいてきたりしないだろうか。

「いや、もうこのテトラという4人グループが自分の理想の完成形になっているので、これを超えるグループはなかなか作れないだろうと思っています(笑)」

 小説以外の執筆、たとえば作詞は?

「実はちょっと興味がわいています。テトラが歌う曲はどんな曲がいいだろうとイメージして、ちょっと書いてみました。だけど次の日に見たら、自分の内面が文字としてさらけだされているみたいで恥ずかしすぎて(笑)。私にとっては作詞のほうが難しくて恥ずかしいものでした」

 第2作を早くも期待したい。

「もし書けるとしたら、今度は自分と近い世界ではない舞台、ファンタジーもいいですね! 世界観を一から考えるの、楽しそうです」

『アイドル失格』のコミック化やアニメ化、実写映画化などの可能性も決して夢ではない。

「もしそんなことがあれば、そこにNMBのメンバーが出てくれるというのが一番の夢ですね。私は通行人とかの役でいいです(笑)。あと、この本を読んでくださった人が、『これ書いたのアイドルだったんだ!』って思ってもらえたら、とてもうれしいです」

(本誌・太田サトル)

※週刊朝日オンライン限定記事