小さい箱を開ける瞬間が楽しみな「グリコ」。『週刊朝日』と同じく95周年を迎え、これまでに世に送り出された“おまけ”は約3万種類、約55億個にものぼる。幼い頃に遊んだ懐かしのものから、子どもや孫が喜んだおもちゃまで、時代とともに楽しんでみて!



■1922〜1942 原点は絵カード
発売当初のおもちゃは絵カード。当時、タバコに入っていた美人画に着想を得たものだ。それが子どもたちの心をつかみ、「グリコ」は着実に売り上げを伸ばしていった。1929年にはおもちゃ専用の小箱付きグリコが登場。やがて戦時色が濃くなっていき、42年には生産が中止されてしまった。

■1947〜1952 終戦後は物資不足でも…
慢性的に物資不足が続くなか、紙や木、ゴムなど入手できたものを活用し、さまざまなおもちゃが作られた。素材は紙でも、きせかえ人形や、カエルの口がパクパク動く仕掛けカードなど、遊び心とアイデアがたっぷり詰まっており、今見てもわくわくしてくる。50年にはおもちゃ小箱も復活した。

■1953〜1957 おもちゃ完全復活
素材がゴム、ブリキ、セルロイド、モールなどと多様化した。パンアメリカン(パンナム)航空の飛行機やナショナルの洗濯機など、企業とタイアップしたものも登場。カメラやレコードプレーヤーなど、憧れのアイテムをミニチュア化したシリーズも展開された。

■1958〜1966 プラスチックが登場
この頃からプラスチックのおもちゃが出始める。それまでのものは手作り感がにじみ出ていたが、次第にプラスチックの特性を生かした、カラーバリエーション豊かで細かい模様が入ったものなどが増えていく。鉄人28号などのアニメキャラも登場。

■1967〜1973 おもちゃが男女別に
67年、おもちゃが男の子用と女の子用に分かれて登場。男の子用には乗り物やロボット、女の子用には人形やままごと遊びの道具などが作られた。プラスチックのおもちゃも進化。単色のものから、色の部品を組み合わせた、カラフルなものへと変化していった。

■2001〜2005 大人の心をわしづかみ
2001年には「なつかしの20世紀」と銘打った「タイムスリップグリコ」シリーズが登場した。これは、大人をターゲットに、20世紀の懐かしい家電や乗り物、キャラクターなどを再現したもの。精巧なミニチュアを担当したのが、有名フィギュアメーカーの海洋堂。累計3500万個を売り上げ、空前のヒットとなった。

■〜現在
最新シリーズは、スマートフォンと連動した、学んで遊べるおもちゃ。「木製の動物のおもちゃを撮影すると、動物がスマホのアプリの中に現れ、命が吹き込まれたように動き、生態も学べるんです」。そう話す河瀬茂宏さん(48)は、おもちゃの開発担当者。「手の感触はイマジネーションを刺激します。子どもがわくわくするものを作り続けたいですね」

※週刊朝日 2017年6月23日号