この2種類のコーディネート写真を見て、どちらが男性に愛されるコーディネートだと思うだろうか? どちらも同じ女性である。



 もし<Before>の方が良いと思い、<After>のファッションに少し派手だ、など拒否感を感じたならば要注意! 特にもし、あなたが今いい出会いを求めているならなおさらだ。

『洋服のコーディネートで女性たちの人生を変えるプロ』と定評が高く、予約3カ月待ちの服飾戦略家しぎはらひろ子さん。服飾業界に約40年間身を置き、何万人ものスタイリストや販売員の育成をし、個人のコーディネートも引き受けてきた。写真の女性もしぎはらさんがコーディネートした。

「いい出会いがない」と嘆いているすべての女性に、服選びの大切な極意を知ってほしいという切なる思いで、『出会いを引き寄せる服の選び方 愛されリアルコーデ』(朝日新聞出版刊)という本を出版したしぎはらさん。同書の中で「いい男性と出会えない」「社会人サークルにいても彼氏ができない」という相談者の悩みに、時に厳しく、丁寧にこたえていくしぎはらさんの姿勢や言葉に、ハッとさせられることは多い。

 そんなしぎはらさんに、「出会いを引き寄せる服」の具体的なポイントについて、実際に伺ってみた。

――この本には6人の相談者が登場します。「合コンやデートに何を着ればいいかわかならい」と、しぎはらさんのところへ駆け込む相談者は、そんなに多かったのですか?

しぎはら:いいえ、違うんです! 皆さん、最初は仕事服のコーディネートということで依頼されてくるんですよ。それでコーディネート当日に、いざ話に耳を傾けていると途中から、 「実は彼がしばらくいないけど、本当は結婚もしたいんです」「今度合コンがあるのに、どんな服を着ればいいかわからなくて」という話になって。結局選んでほしいのは恋活、婚活のための服で、そちらが本音だった、というパターンが相談者の6、7割でした。

――6、7割もですか? それで具体的に“出会いを引き寄せるコーデ”というものはあるのでしょうか?

しぎはら:いわゆるモテ服というものですよね。でも私が考えるモテ服は、雑誌に載っているようなトレンドを意識したものとはちょっと違って「自分を好きになれる服」。つまり、心の中のしこりを溶かし、本来の自分を花開かせる、自分に自信が湧いてくるというものです。

 まず、いつも仕事目線で服を選んでいる女性のほとんどは、メインカラーに黒・紺・ベージュなどのベーシックな色を選びがち。その方が清楚で清潔感があって好感度も高いと思いがちですが、恋愛目線に切り替えるとやはりそれは違います。

 美しく鮮やかな色で芳しい蜜の香りがする花は、ミツバチを集めますよね。男性も同じで、華やかな女性に惹かれるのが自然の摂理なのです。ですから、まず装いに明るい色を取り入れることが大前提です。今まで着たことのなかったきれいな色を身にまとうことで、その方の女心が呼び覚まされていきます。女性なら誰しも子供の頃、プリンセスに憧れたことがあったでしょう。長らく眠っていた願望が、素敵なレディになりたいという大人の願望として開かれていき、やがて自己肯定に繋がる。そのことが自分に自信を持たせて、どんどんきれいになっていくのです。アイテムとしてはワンピースが最善のチョイスでしょう。男性が惹かれる女性の服のナンバー1でもあります。

――ワンピースに惹かれる男性心理を、もう少し詳しく教えていただけますか?

しぎはら:ワンピースは男性が着ることができないアイテムですよね。男性が女性に求めるものはやはり自分にはないもの、つまり女らしさなんですよ。女性も男性に男らしさを求めるでしょう、それと同じこと。“痩せている方が美しい”というのも女性同士が陥りがちな考え方で、やわらかさや丸みを求める男性の方が圧倒的に多い。じつは「男ウケのする服」と「女ウケのする服」がある。これは40年間この道でやってきた私が証明する真実です。

 ドレスコードとしてもワンピースは正装の筆頭としてあげられるので、デートでいかなる場所に着ていっても安心です。実は安心感というのもキーワード。明るい色のワンピースを着た楽しそうに微笑んでくれる女性がいたら、男性は安心感を覚えて声をかけたくなる。“こんな女性が家にいてくれたらいいなあ”と思うのが男心です。

――結果的に出会いを引き寄せることにつながっていくんですね。

しぎはら:そうなんです。まずは愛される女性になりたいという自分の願望を認めてあげること。そして愛される華やかな女性という“なりきりスイッチ”を自分に入れて、選び抜いた服を着る。女性らしさを際立たせる、明るい色で、やわらかい質感の服、キラキラとした輝きをもつアクセサリーなどの装いに変えることで、表情までも自然とにこやかに美しくなっていきます。そういった女性に男性が惹かれるのです。

 私が実際にスタイリングした方を例に取ると、ダークな色のビジネススーツから、明るいきれいな色のワンピースコーデに変えた途端、『生まれて初めて男性に奢ってもらいました』と嬉しい報告を聞けたり、『こんなきれいな色、自分にも着こなせるんですね。自信がもてました』とメールをくれたり。カジュアルからエレガントにシフトしたら元カレとよりを戻せたというケースもありました。フェミニンな服を着た笑顔の女性がモテるという事実は、時代を経ても変わらない王道のセオリー。恋活や婚活に悩んでいる方は、ぜひ実践してみて下さい!

(文・構成/河辺さや香)