少子高齢化が進む中、医師の偏在や病院の経営悪化・閉鎖など、医療におけるさまざまな問題点が浮かび上がっている。『病院は東京から破綻する 医師が「ゼロ」になる日』(朝日新聞出版)などの著書がある医療ガバナンス研究所の上昌広医師が、日本の医師不足の現状と対策に切り込んだ。

*  *  *
 東日本大震災から6年4カ月が経過した。私たちの研究所は、福島の医療支援を続けている。

 マスコミは被災地の医療機関の窮状を報じることが多いが、この地域の病院の中には、震災後、急成長したところもある。その一つが、いわき市のときわ会常磐病院である。常勤医師数は震災前の8人から、24人(2017年5月末日現在)に増加した。

 最近、常磐病院で興味深い動きがあった。5月8日、常磐病院内に実験施設であるRIIM(Research Institute of Innovative Medicine)をオープンしたのだ。

 リーダーは加藤茂明・元東京大学分子生物学研究所(分生研)教授だ。彼は1982年に東大農学部を卒業した研究者で、医師ではない。98年に分生研の教授に就任したが、教室の研究不正の責任をとり、2012年3月で東大を辞職した。その後、福島で若手医師や地元の子ども達を指導している。現在は常磐病院の職員だ。

 RIIMの実験室の広さは約33平方メートル。インキュベーターとクリーンベンチを備え、長期間の細胞培養が可能である。加藤氏は「実験は、臨床検体からDNA/RNAの抽出と、特定の遺伝子の発現量をPCRによって確認する事ができます。とりあえず、最低限のゲノム解析が可能です」と言う。

 約20平方メートルの隣室も整備が進んでおり、臨床データやゲノムデータを解析するためのコンピューターシステムを導入する予定だ。

 近年、常磐病院には多くの若手医師が集まってきている。東大医科学研究所で大学院博士課程を終えた森甚一医師(血液内科)や、東京大学医学系研究科の大学院生で、シカゴ大学の中村祐輔教授のラボに留学していた吉岡佑一郎医師(消化器外科)だ。ともに30代半ば。医師としてもっとも働ける世代だ。

 常磐病院は、このような若手を引きつけている。その理由は「臨床経験を積めるだけでなく、加藤先生という超一流の研究者に指導して頂けるから」(森医師)という。

 私が感心するのは、常磐病院が地域の医療を盛り上げるため、投資を惜しまないことだ。RIIMも、その一環と考えればいい。

 大学に寄付講座で研究室を立ち上げるときに要する費用はおよそ3000万〜5000万円だ。常磐病院のRIIMへの投資も、ほぼ同じレベルだろう。

 地方都市の中規模病院が、直接は診療収入に結びつかない研究に、これだけの投資をするなんて常識では考えにくい。

 医師不足にあえぐ自治体の常套手段は寄付講座だ。地元の大学病院に年間5000万円程度を寄付して、医師を派遣してもらう。私は常磐病院のやり方は投資だが、寄付講座は単なるコストにしかならないと思う。

 寄付講座の場合、金の切れ目が縁の切れ目。寄付を止めれば、医師はこなくなる。一方、研究投資は人材を育て、病院に「遺産」を残す。

 研究に本格的に力を入れ始めた2013年以降、共同研究も含め、常磐病院からは53報の英文論文が発表されている。この中には英国の医学誌『ランセット』に7報、米国の『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』に2報掲載されたレターも含まれる。両誌は医学誌の最高峰で、世界中の臨床医が目を通す。このような発表を繰り返すことで、ゆっくりだが着実に常磐病院のブランドが確立されていく。下世話な言い方だが、広告宣伝費と考えれば、年間数千万円の価値は下らない。

 国公立病院は税金で運営されている。厳しい言い方だが、経営者にとっては「他人のカネ」だ。厳格には費用対効果を考えない。

 一方、常磐病院は自己資金。金の使い方を真剣に考える。だから、彼らは、このような金の使い方をした。どちらが若手医師を集め、病院や地域のためになるかは言うまでもない。常磐病院での医師の急増が、このことを如実に物語っている。

 昨今、地方の医師不足対策として、「若手医師の地方勤務を義務づけよう」や「大学医局の機能を強化して、地方に医師を派遣しよう」という暴論を聞くことがある。多くは大学教授や厚生労働省の関連病院のトップの主張だ。

 私は彼らの主張を聞き、情けなくなる。いずれも、自分たちの権限を強化しようといっているだけだからだ。資本・資源をいかにして有効活用するかという経営陣としての責任を放棄し、「規制を強化し、自分たちを守って下さい」と言っているに等しい。楽して、若手医師を確保したいという本音が見え隠れする。

 こんなことを続ければ、日本の医療レベルは低下する。自己資金で人材に投資し、地域医療を守るとともに、世界に発信する常磐病院を見習ってはどうだろうか。
(文/上昌広)