18日に呼吸不全で亡くなった聖路加国際病院名誉院長の日野原重明さん。105歳だった。ベストセラーとなった自著『生きかた上手』をはじめ、これまで多くの言葉を残してきた。医療従事者向けの医療誌「メディカル朝日」では、日野原さんが96歳だった2007年にインタビュー記事を掲載。ボランティア活動に関する事項を中心に、健康とはかくあるべきか、日常診察のヒントなど、幅広く語っていた。

(このインタビュー記事は、2007年11月号「メディカル朝日」に掲載されたものです)

――高齢社会のスーパースターでいらっしゃる。お元気の秘訣は?

日野原: 昨夜寝たのが午前1 時半。今朝は5時半に起きたが、体はなんともない。日中は、会議や講演、取材の予定が詰まっていて、合間を縫って診察に回る。さっきは亡くなられた患者さんを看取ったばかり。こんな感じで今日もまた、夜8時頃まで仕事がある。

 旅行にもよく出かけています。国内の学会や会合のほか、ユニセフの大使をやっているので海外にもよく行く。来週からスペイン、来月は韓国、来春に台湾。そうそう来年の7月には、ブラジル新老人の会を起こすために、ブラジルに出かけることになっています。楽しみです。

 僕の健康法の基本は、睡眠と食事と運動。10年ほど前から、うつ伏せ寝を実行しています。枕を三つ用意して、頭部と、胸と胴の間におき、その上に体ごと乗っかる。そして、もう一つの枕を膝の間にはさむ。こうすると50数えるうちに、もう眠り込んでいる。うつ伏せ寝は、寝付きが良く、睡眠も深いので、毎日4時間くらいの睡眠で大丈夫。しかも、呼吸が腹式になるから肺活量が増える、喘息や痰の多い人は痰が出やすくなるなど、いいことづくめ。ぜひ、皆さんにも勧めたい。

 食事は1日1300キロカロリーと決め、夜だけご飯を食べます。肉を1日おきに80グラムくらいずつ食べる。野菜はお皿いっぱいたっぷりと。米国の実験で明らかにされているんですが、飽食のマウスよりもハングリーなマウスのほうが長生きする。ローカロリーこそ長寿の秘訣というのが、最近のアメリカの知見なんですが、僕はそれをかなり前から実践している。

 運動は歩くのが基本です。僕は今でもエスカレーターに乗らない。階段を登る。空港の動く歩道にも乗らない。隣を早足で歩く。乗っている人を追い越した時には言いようのない達成感がわき上がってくる。こういうのを大事にしていると、次第に体を動かすのが楽しくなってきます。

――健康に不安を抱いている患者さんには、どのように接していますか。

日野原: 人間というのはもともと病気を持っている存在。生まれながらにして遺伝子に老化が組み込まれていて、動脈硬化や糖尿病など、いろんな病気の遺伝子を持っている。だから、全くの健康人なんていない。大事なのは「健康感」を持つことです。

 健康とは、朝起きた時に「ああ爽やかな日だな。今日はどんなことができるかな。そういえば、孫が帰ってくるな。これは楽しみだ……」などと、生きている幸せを感じ取っている状態を言う。こういう健康感を持っていれば、その人はもう健康なんです。たとえリウマチがあったって薬を飲めば普通に近い生活ができる、糖尿病や高血圧があったって薬さえ飲んでいれば仕事ができる、こんなふうに日常生活に支障がなければ、それはもう健康なんですよ。

 ところが、患者さんの中には、あれこれと不安を抱く人がいる。ドックで調べてなんの問題もないにもかかわらず、調子がすぐれないから、もっと調べてほしいと言う。せっかくお金を出したんだから、病気を見つけてほしい……とか。いわば、健康感とは正反対の「不健康感」を持っている。こんな患者さんには、「もともと人間は病気の遺伝子を持っているんだから、精密機械のように完璧な体で生きていくことはできない」と話します。発想を転換させることが大事なんです。

 お金を儲けている人はもっともっとお金を儲けたいから、いつまでたっても満足感がない。でも、お金があまりない人はささやかなことにも幸福を感じる。それと同じで、完璧な健康を求め始めると不健康感を抱くばかり。いつまでたっても健康にはなれません。

――心配症の患者さんも多いと思います。

日野原: 健康を感じるには、運動がいちばんです。私たちは運動をしている間はストレスなんか感じない。烏は飛ぶのをやめると落ちてしまう。だから鳥にとって飛ぶことはストレスではない。人間の場合は、歩くことですよ。歩いていれば病気の心配なんかしない。まずは歩きなさい、と勧めます。それからストレスにはいいストレスと悪いストレスがあって、悪いストレスは胃潰瘍になったりするけれど、いいストレスは病気にはならない。寒稽古や寒中水泳をしても風邪は引きません。積極的に生きでさえいれば、人間は健康を保つことができる。そういうふうにできあがっているんですよ。「ポジティブに生きることこそ、健康への近道」ということを分かってほしい。

――聖路加国際病院のボランティア活動についてお尋ねします。現状は?

日野原: 現在、合計350人ほどのボランティアが病院内の誘導や入院の世話、食事を始めとした日常生活の支援、健康指導など、多岐にわたって献身的な活動をされています(2007年当時)。

――始めた当初、反発はありませんでしたか。

日野原: 最初は「素人に何ができるか」という声がありました。でも、患者にとっては、医師よりもボランティアのほうが、いろんなことを聞きやすい。ボランティアから「玄関で待っていますから、どんな服装で来られるか、教えてください」と言われると、患者は「それじゃあ、病院へ行こうか」という気持ちになる。

 医者でなければ医学はできないと一般には思われているけれども、これはちょっとおかしいと僕は思う。音大を卒業しなくても作曲家になる人はいるし、文学部を出なくても作家になる人はいる。どんな分野だって、その分野の専門教育を受けなくても、創造的な仕事をしている人がいっぱいいる。ところが、医療については、専門の学校を出た医療従事者しかできないと思われている。そんなことはない。医療には、専門教育を受けていなくてもできることがいっぱいあります。

 ライフ・プランニング・センターでは、30年前に、一般の市民に聴診器で血圧を測る方法を教えた。当時、看護学校にも同じことを教えに行った。その頃は、聴診器は医者のもので、それ以外の者が触れるのはとんでもない、という考え方が支配的だったわけです。ところが、教えれば、誰でも聴診器で血圧が測れる。そんなに難しいことではありません。

――ボランティアだからできるということはありますか。

日野原: 医学は自然科学ですが、ある一定部分は生活科学でもあるんです。19世紀以降、消毒やら薬物やら、近代医学は科学的な考え方を中心において発達してきた。が、今は生活習慣が最重要視されている。何を食べ、どう動き、どう睡眠をとるか、生き方そのもので健康であるかどうかが決まってくる時代になってきている。こういう時代には、人生経験の豊富なボランティアは貴重な存在です。

 例えば、僕はたばこを吸ったことがない。だから、「肺に悪いからやめなさい」と言っても、やめるつらさが分からないので、お説教になってしまう。ところが、かつて毎日100本吸っていた人が「朝、食欲がなく、手が震えるわ、吐き気がするわで、大変だったけど、たばこをやめたらこんなに体の調子がいい。つらいのは一時。それを乗り越えたら、うんとラクになりますよ」と言うと、説得力がある。

 病気経験のある人が、自らの体験をもとに積極的に生きる方法を語ると、実に説得力がある。若くて元気な医師ではちょっと無理なことが、ボランティアなら可能なのです。

――ボランティアの皆さんに望むことは?

日野原: 日常の支援活動も価値があるのですが、せっかく貴重な体験をしているのだから、介護や看護、医療の一部分までできるようになってほしい。血糖値の高い患者は自分でインシュリン注射を打つ。ならば、ボランティアだって注射を打てると思う。体温や血圧だけでなく、血糖や蛋白も測れる、そして専門家の意見を参考にしてデータを解釈する。こういう時にはこうだと、一度先生から聞けば、次からは自分でその判断ができる。「門前の小僧習わぬ経を読む」と同じで、医療に関する学校を出なくてもかなりのことができるようになります。ボランティアの皆さんには、もっともっと専門性を身に着けて、医学や医療、看護の本質に到達してほしい。

 ボランティアという言葉は、カトリックのミサで瞑想する時に弾かれる音楽であるヴォランタス(voluntas)からきています。心の思いのとおりを音にするわけだから、ボランティアはなにはともあれ自然体でなければならない。「しなくてはならない」と言われてするのはボランティアではない。やはりボランティアは純粋な気持ちで、自分を捧げるという基本が大事です。

――理想のかかりつけ医はどんな存在でしょう?

日野原: 日本では開業医よりも、病院の先生のほうが偉いと思われている。これは大間違い。大学病院ほど研修医や経験のない人が多くいる(笑)。地域に根付いて診療を行っている開業医のほうが名医であるのは間違いない。でもなぜか、一般の人は大病院に権威を感じ、そちらのほうが良いということになってしまう。

 かかりつけ医は、地域に住んでいるから患者の日常生活など、個人的な事情をよく知っている。大学病院なら血圧が高いとなると、さあ血圧降下剤だということになりがちだけれども、かかりつけ医は、その人が今どんな心理状態であるかに思いをめぐらす。そして、「そういえば、子どもが受験だ。だから、血圧が高いのは当然。試験が終わるまで様子を見て、それでも高ければ薬を出そう」といった判断にたどり着く。かかりつけ医にしかできない診察です。

 検診なども、患者自身が決めるのではなく、かかりつけ医が、症状を聞いて、どの検査を受けるのかを決めるようにしたらいいと思う。いずれにしても、最近は、若い医師たちが少しずつ、いろいろなことにチャレンジするようになってきているので、あと10年ほどたったら、日本におけるプライマリケアはかなり良くなっていると期待しています。

――高齢者を診る時のヒントはありますか。

日野原: 高齢者は言ったことをすぐに忘れる。だから、1回言っただけで分かってもらえると思ってはならない。患者は10のうち1を理解したと受けとめるといい。「前に言ったじゃないですか!」という言い方は良くない。ケンカになってしまう。辛抱強く、包容力を持って、気長に「こうですよ、忘れないでくださいね」と説得することです。忘れたら、また同じことを説明する。高齢者を診るのは、気が長くないと務まりません。

聞き手/近藤雅人 メディカル朝日編集長(当時)