失った歯を補う方法には、入れ歯やブリッジ、インプラントなどがあり、どの治療を選べばいいか迷うところ。そこで、週刊朝日MOOK「いい歯医者2017 誰も教えてくれなかった歯科の選び方」が、実際に現場で活躍する歯科医に、インプラントについての素朴なギモンを尋ねてみた。

【Q:インプラントを長持ちさせるにはどうすればいい?】

A:インプラント周囲炎を予防することが重要です

 インプラントが使えなくなってしまう主な原因は、「インプラント周囲炎」です。インプラントとインプラント周囲の粘膜の間から細菌が侵入し、炎症が起きて、インプラントを支えている骨がなくなります。進行すると、インプラントが抜け落ちてしまうこともあります。

 インプラント周囲炎になると、たとえ抜け落ちなくても、感染を除去するための大変な治療を受ける必要があります。

 感染予防には、毎日の歯みがきが大切。特に人工歯と歯肉の境目を念入りに清掃しましょう。歯科医院での定期的なメインテナンスも欠かせません。

【Q:メインテナンスのための通院はどれくらいの頻度ですればいい?】

A:3カ月に1回程度の通院が理想的です

 どんなにていねいに口腔清掃をしていても、自分では汚れを取ることができない部分があります。そこで必要になるのが、3カ月に1回程度の歯科医院でのクリーニングです。人工歯の「上部構造」だけを外して、周囲の状態を確認したり、清掃したりする場合もあります。見た目は天然歯と変わらないとはいえ、インプラントには歯根膜がないため、細菌が侵入しないように、より注意して清掃しなければならないのです。

「インプラント周囲炎」は、自覚症状がないまま進行することが多くあります。定期的な通院によって、異変を早く見つけられれば、インプラントを失わずにすむことも少なくないのです。

【Q:インプラントを入れた部分の粘膜が赤くなってきた】

A:インプラント周囲の粘膜が炎症を起こしているかも

 インプラントを埋入して数日は粘膜が赤く腫れて、痛みがあります。1週間以上続いて軽減しない場合は、細菌の感染が考えられるので、歯科医院を受診しましょう。

 一方、インプラントを入れてから時間が経過している場合、インプラントと粘膜の間から細菌が侵入し、インプラント周囲の組織が炎症を起こして赤くなっているのかもしれません。骨まで影響が及んでいない「インプラント周囲粘膜炎」の状態なら、口腔清掃を適切におこない洗浄することで、治る可能性があります。

 しかし、そのまま放置すると、腫れて出血したり、膿(うみ)が出てきたりすることがあります。この状態だと骨が吸収される「インプラント周囲炎」を発症している可能性があります。粘膜が赤くなっていることに気づいたら、できるだけ早く歯科医院で診てもらうことが大切です。

 インプラント周囲粘膜炎は、インプラント治療を受けた患者に高頻度で観察され、インプラント周囲炎の発症率もかなり高く、決して珍しい病気ではありません。誰もがかかる可能性があることを意識しておきましょう。

【Q:人工歯が壊れることはある?】

A:かみ合わせがずれて強い力がかかると壊れることも

 上下の歯のかみ合わせは長年の間に少しずつ変化し、その変化に合わせて、天然歯は顎骨(がっこつ)の中で位置を変えます。しかし、骨と結合しているインプラントは位置を変えることができません。

 このため天然歯とインプラントの間にすき間ができ、食物が詰まるようになります。かみ合わせがずれると、インプラントに大きな負担がかかり、人工歯が壊れることもあります。歯ぎしりの習慣がある場合も同様です。

 また、骨の部分に埋め込まれた「インプラント」と「上部構造」である人工歯の位置関係が適切でない場合でも、人工歯が壊れることがあります。インプラントに無理な負担がかかると、インプラントが壊れることも。歯科医院でのメインテナンスは、かみ合わせの変化をチェックし、変化に応じて周囲の歯と人工歯を調整する目的もあるのです。

【監修】
東京医科歯科大学 歯学部病院 インプラント外来科長
春日井昇平(かすがいしょうへい)歯科医師

(取材・文/中寺暁子)