失った歯を補う方法には、入れ歯やブリッジ、インプラントなどがあり、どの治療を選べばいいか迷うところ。そこで、週刊朝日MOOK「いい歯医者2017 誰も教えてくれなかった歯科の選び方」が、実際に現場で活躍する歯科医に、ブリッジについての素朴なギモンを尋ねてみた。

【Q:ブリッジを長持ちさせるにはどうすればいい?】

A:むし歯や歯周病の予防ケアが寿命を左右します

 ブリッジが使えなくなる最大の原因は、支えとなる両隣の歯がむし歯や歯周病になることです。このため、長持ちさせるために大切なことは、むし歯や歯周病予防のためのケアです。鶴見大学歯学部病院補綴科教授の大久保力廣歯科医師は、こう話します。

「ケアには、セルフケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアがありますが、特にセルフケアは毎日おこなうものだからこそ、重要なのです」

 セルフケアの基本は、汚れがたまりやすい場所をしっかりみがくこと。プラークがたまらないようにすることで、支台歯を守ることができます。

 一方、プロフェッショナルケアは、患者自身が気づいていないトラブルに早めに気づき、処置をすることで、ブリッジを長持ちさせることができます。

【Q:ブリッジに違和感が出てきた】

A:周りの骨が吸収されている可能性があります

 起こりやすい違和感としては、ブリッジが浮いたように感じるケースです。これは時間の経過とともにかみ合わせが変化していったり、歯ぎしりの習慣があったりして、ポンティックを支える歯に強い力がかかり、周りの骨が吸収されたことなどが考えられます。このまま放置すると、歯周病になる可能性が高いでしょう。このため、違和感があればなるべく早く歯科医院を受診し、かみ合わせを調整するなどの処置をしてもらうことが必要です。

 また、ブリッジは本来外れないように接着していますが、歯科医院で装着したときの接着力が十分でなかったり、過大な力がかかりすぎたりすると外れてしまうこともあります。装着後すぐに違和感があった場合は、早く調整してもらうのがおすすめです。

【Q:ブリッジをした部分はほかの歯と同じようにみがけばいい?】

A:汚れがたまりやすいすき間部分は特別なケアが必要

 ブリッジは固定式で、見た目の違和感もないため、ついほかの歯と同じように扱いがちです。しかし実際はブリッジにすることで、プラークがたまりやすい部分がでてきます。特に不潔になりやすいのが、両隣の支える歯とポンティックの間、ポンティックの裏側などです。支台歯とポンティックの間は歯ブラシだけではみがきにくいので、歯間ブラシやワンタフトブラシ、ブリッジ用のフロスを使用するのがおすすめです。

 しっかりみがけているかどうかをチェックするためにも、3カ月〜1年に1回など、定期的に歯科医院で診てもらうことも不可欠です。

「天然歯には『自浄作用』がありますが、ポンティックにはそれがありません。ブリッジは自分の歯よりもむし歯や歯周病になりやすいという意識をもってケアすることが大切です」(大久保歯科医師)

【Q:ブリッジをした歯がむし歯になったら?】

A:ブリッジを壊して治療することもあります

 支台歯がむし歯になった場合、神経が残っていれば痛みが出てきます。歯周病は初期には痛みが出にくいですが、重度になると痛むこともあります。

 初期のむし歯の場合はブリッジをしたままで治療できることもありますが、進行しているとブリッジを壊して、治療する必要が出てきます。むし歯の治療が終われば再びブリッジを作り直して装着できますが、その分の費用は負担しなければなりません。

「ブリッジを入れてからまだ日が浅い」「高額なブリッジを入れた」といった理由などでどうしてもブリッジを壊したくないという場合は、装着したままで、できる範囲で治療してもらうことも可能です。

 ただし、その場合の治療には、限界があることを知っておきましょう。

 たとえむし歯になっても定期的に歯科医院でチェックしていれば、軽症のうちに見つけられて、ブリッジを壊さなくてすむ可能性が大きいのです。

【監修】
鶴見大学歯学部病院 補綴科 教授 大久保力廣(おおくぼちかひろ)歯科医師

(取材・文/中寺暁子)