熱帯夜が続けば寝苦しくて睡眠不足になり、日中は強い日差しを浴びて疲労がたまる一方……。そんな悩みを解消してくれるのが、毎日の入浴だ。夏場に適する湯温や入浴剤などポイントを押さえて、その効果を高めよう。

 手っ取り早く汗を流したいこの季節。湯船が恋しい冬とは違い、シャワーだけですませてしまう人も多いのではないだろうか。

「いいえ。夏こそ、お風呂に入ったほうがいいですよ」

 と言うのは、バスクリンの石川泰弘さんだ。

「入浴で、暑さによる疲れがとれ、紫外線による肌ダメージが緩和されます。何より、暑さに負けない質のよい睡眠を促します」

 夏は暑さで寝苦しく、眠りも浅くなりがちだ。翌日も疲れはとれず、エアコンを使うと体がだるくなる。そんな夏の眠りの問題を、入浴が解消してくれるかもしれない、というわけだ。

 実際、バスクリンではこんな実験を試みている。

 室温27度の夏の夜に設定した環境で、39度の湯に10分つかった場合と、シャワーを1分間浴びた場合とで、その後の心拍数や交感神経の変化、翌日の目覚めの感覚などを比較した。すると、入浴したほうが睡眠中の心拍数や交感神経の活動が低下し、目覚めたときの気分がよかったこともわかった。睡眠改善インストラクターでもある石川さんは、こう説明する。

「心拍数や交感神経が下がったということは、いい眠りがとれているというサインです」

 一般的に、体温が下がってくると体がオフモードになり眠気を感じる。入浴後は温熱作用で一時的に体温は上がるが、血管は拡張したままなので、しばらくすると体の熱が一気に放散される。それが、よい眠りを導くのだという。

 夏の入浴を快適にするポイントについて、日本入浴協会理事の早坂信哉さん(東京都市大学教授)は、「38〜40度ぐらいのぬるめの湯」に「10〜15分、肩までつかる」という二つを挙げる。

「38〜40度という湯加減は、入ったときに『ぬるい』と感じる温度です。入浴時間は10〜15分ですが、その間、我慢して入り続けるのではなく、じんわり額に汗をかいたら一度、浴槽から出て休憩を。しばらくしたらまた入るというのを繰り返してください」(早坂さん)

 入浴環境をさらに快適にしたいのであれば、夏向けの入浴剤を。石川さんのおススメは、「炭酸水素ナトリウム」が含まれているタイプだ。パッケージに成分が書いてあるので、購入時にチェックしよう。

「炭酸水素ナトリウムは、入浴効果を高め、皮脂汚れをとってさっぱりさせてくれます。爽快感がほしいときは、メンソール入りのものを選ぶといいでしょう」(石川さん)

 ちなみに、入浴剤には医薬部外品と浴用化粧品のほか、雑貨の分類に入るものがある。効果を期待したいのであれば、前者の二つから買い求めたい。これもパッケージに書かれているので、確認したいところだ。

「市販の入浴剤の色や香りが気になる人は、自分で作ってもいいでしょう」

 と早坂さんは提案する。作り方は簡単。食用として売られている重曹を大さじ2杯、湯船に入れるだけだ。さらに、入浴直前に食用のクエン酸を大さじ1杯入れれば、炭酸湯になる。記者も手作り入浴剤を試してみた。炭酸湯は無臭で入浴剤を入れた感じはなかったが、入った後はしばらくさっぱり感が続いた。

 以上のように、夏こそ入浴。だが、注意も必要だ。

「冬は脱衣所と湯の温度差によるヒートショックが問題になりますが、夏は脱水や熱中症に気をつける必要があります。特に高齢者は注意を」(早坂さん)

 ある実験では、1回の入浴で体から奪われる水分量は、800cc。つまり、500cc入りのペットボトル1本半ぐらいになるという結果が出ている。血液がドロドロになりやすいので、入浴前と後には、コップ1、2杯の水を飲むことを忘れずに。もちろん、飲酒後の入浴は控えること。

 入浴による健康効果を研究する富山産業保健総合支援センター所長の鏡森定信さんは、入浴後30分ぐらいまでは、体温は下がっても脳の温度が高く、入浴時より血流がよくなっている状態が続くことを、実験で確かめている。そのため、入浴中と同様、急に立ち上がると脳虚血になって立ちくらみが起こる危険があるので、気をつけたい。

 だがその一方で、入浴後のこの時間帯こそ脳の“ゴールデンタイム”になっている可能性もあると、鏡森さんは推測する。

「血流がよくなることで、脳細胞に酸素やブドウ糖が供給され、脳のゴミが除去される。脳の修復タイムになっているようなのです」(鏡森さん)

 そもそも入浴には、さまざまな健康効果があることが明らかになっている。その一つが、日本温泉気候物理医学会温泉療法医会で発表された研究だ。温泉療法医が診ている患者を5年にわたって追跡調査すると、「週に7回以上、入浴していた人」は、要介護や要支援状態になりにくく、自立度が高いことがわかった。

 では、入浴にはどんな作用があるのだろうか。

 一般的にいわれる入浴の作用には、体を温め血行をよくする温熱作用、水圧による作用、地上の10分の1ほどになるという浮力作用が知られる。早坂さんはこのなかの“温熱作用”に注目する。

「私たちの体には37兆個の細胞があると言われています。そうした細胞に酸素や栄養を運ぶ血液の循環がよくなれば、それだけ細胞は活性化します。また、細胞から排出される老廃物も速やかに回収されるので、デトックス効果が高まります」(早坂さん)

 細胞が活性化するため基礎代謝が上がったり、免疫力がアップして感染症にかかりにくくなったり、胃腸で消化や吸収が促進されたりする。免疫細胞が入浴後に活性化することは、研究でも明らかになっている。

 鏡森さんは、水圧で負荷をかけることで心機能を高める心臓トレーニング効果(肩までつかった場合)や、自律神経のバランスを調整する効果などを挙げる。
「実際、わが国では“和温療法”という入浴を利用した治療が、主に慢性心不全の患者さんに対して行われています」(鏡森さん)

 さらに、お風呂に毎日入る人は、入らない人より幸福度が高い──。そんな調査結果も出ている。研究を行ったのは早坂さんらで、静岡県内の住民約6千人を対象に実施。この調査では、シャワーだけですませる人よりも、お風呂に入る人のほうが、幸福度が高いこともわかった。早坂さんは、「お風呂に入ると気持ちがいい。その感覚が数字に表れたのだと思います」と推測する。

 世界中で唯一、湯につかる習慣があるという日本人。その効果を十分に生かして厳しい夏を乗り切ろう。

※週刊朝日 2017年7月28日号