「趣味は何ですか?」。会話の糸口に聞かれることは多いもの。だが、これといって趣味がないと、この質問はプレッシャーだ。SNSにはリア充趣味に興じる様子がてんこ盛り。趣味界は、なんだかんだと悩ましい。インスタ映えを重視して「趣味偽装」する人、趣味仲間から抜けられずに苦しむ人もいるらしい。AERA 7月31日号ではそんな「趣味圧」の正体を探る。

*  *  *
「かっこいい趣味を持っている人がうらやましい」

 来年に就活を控えた都内私立大3年の女子学生(20)はそう語る。今夏からインターンシップも始まり面接の機会も増えるが、先輩学生からは「就活の時は趣味もしっかりアピールしないと話のタネに困る」と吹き込まれている。

 自分の趣味は海外旅行で、暇さえあれば比較サイトで安く回れるプランを探している。趣味として悪くないはずだが「面接のとき弱い」とも感じる。

「『趣味は英語。字幕なしで映画を見るのが好き』という友人がいる。そこまでアピールできるものでもないし、今さらほかにも探せないし」

●就活の印象操作に注意

 今は、高校時代に部活で取り組んできた競技ダンスを趣味・特技欄にはめ込むか思案中だ。

「本当は、練習がきつくて嫌でしょうがなかったんですけどね」(女子学生)

 アピール力重視の就活では珍しくない話だが、彼女のように趣味偽装を考えている人は、注意も必要だ。札幌大学の酒井春樹教授(社会心理学)は、他人の目を気にする人ほど、自分をよく見せようと印象操作をすると言うが、

「服装や身ぶり、声のトーンを変える、実際に何を言うかなども含めて、『印象操作』は就活などの場面では必要です。ただし、それがバレると逆効果。どういうイメージの自分を人に見せるのか、よく考えて、計画的にかつ、リハーサルしないと難しい」

 なぜ私たちは、趣味でそこまでしてしまうのか。そこにあるのは「同調圧力」だ。

 パートで働く女性(48)には苦い思い出がある。子どもが幼稚園児だった15年前のこと。園のイベントで参加したバレーボールの親子競技が趣味の会に発展。運動好きな女性も自然とメンバーになった。

 練習は市内の体育館を借りて週に1回、朝10時から12時まで。毎回20人ほどが参加した。練習後は今日はここ、次回はあそことランチを食べるのがお決まりコース。ママ友同士で、幼稚園から子どもが帰ってくるまでの時間を過ごすのだ。

●母子の孤立を恐れて

 毎回の費用はランチ代が約1千円プラス会場費。ちりも積もれば……で毎週の支出が家計に響く。やめたかった。近い将来に社会復帰を見据えていた女性には勉強時間に充てたいという気持ちもあった。好きなバレーボールが次第に苦痛になった。

 だが、子どもを保育園から幼稚園へ転園させていたこともあって、「うまく輪に入っていかないと母子で『孤立』してしまう」ことを恐れた。バレーボールを通して周囲と良好な関係を築くことを優先し、言われたことには素直に従った。

「年齢も私が一番下だったので、ランチがイヤだなんてとても言えず、波にのまれるしかありませんでした。私は車を運転しないので、練習はいつも近所の人の車。それも勝手に帰れない大きな理由でした」

 会はやがて大会を目指して真剣に練習したい派と、楽しんでやりたい派に分裂。彼女も何かと理由をつけてフェードアウトすることができたという。

 女性に人気の和文化の趣味には独特の圧が存在する。

●免状取得のカギはお金

「今思えば確かに同調圧力はあった」

 と振り返るのは、会社員女性(46)。品よく振る舞いたい、日本文化を学びたいと、33歳の時に表千家の茶道教室に通い始めた。先生は60代後半、生徒たちは40代半ば〜60代、7人くらいのメンバーだった。女性が一番若く、みんなからかわいがられた。当初はすべてが新鮮で楽しく、新年になると「婦人画報」で特集される「初釜」という文字に浮かれ、「高級な世界に足を踏み入れちまったゼ」とほくそ笑んでいた。

 ところが、数年で様相が変わった。「せっかくならお免状をもらったら」と先生やお仲間たちに勧められた。この独特の「お免状」システムに、試験はない。取得のカギはズバリ「お金」。もらった後も、先生へお礼をするのがならわしだ。免状には段階があり、それなりの免状を取るのに表千家では最低でも約20年かかるという。

「ある程度のところまでいくと、10万円単位でお金が飛んでいきます。一括ではキツイ。『みんな、毎月お金を積み立てて用意してるの』なんて話を聞かされても、そんなお金、ありません」

 負担は費用だけではなかった。免状取得後は「お茶会」へ参加。秋から春のシーズンはほぼ毎週、お茶会。参加するには毎回「お茶チケット」が必要で、1席500〜1千円。「初釜」になると1万円。さらに、「水屋の手伝い」「お運び」要員になることも。「お茶碗」「お茶」「お茶菓子」の名前を覚えなくてはならない。勉強会や関連行事への参加も当たり前にあった。

 加えてお茶会はほぼ和服。洋服で参加したこともあったが、生徒のいでたちが先生の格を左右する。自分の都合で洋服にはできなかった。

「金はかかるわ、時間も取られるわ、身支度に手間がかかるわ。これは年齢に関係なく、茶道をしている人が一度は通過する関門です。気軽に続けたいのですが、こういう『しがらみ』が出てくると続けられません」

●婚活は趣味で差別化

 それでもやめると言えなかった。先生も先輩方もみんないい人だし、お茶も好き。今度こそと思うたびに、みんなの笑顔が頭をかすめては消えていく。

「あぁ、もうやめさせて〜」

 悩んでいるところに、運良く転勤の話が舞い込んだ。シミュレーションを何度も繰り返し、やっと先生にやめたいと伝えられた。

「茶道は年配女性の宝庫、いや、倉庫です。茶道界では40代なんて未熟年代、60代でも若い。こんな、おばはんばっかりの世界におったら、結婚も出会いもあらへんでーという思いもあり、踏ん切りをつけました」

「ご趣味は?」。婚活の場に趣味圧は頻出する。婚活アドバイザーの大西明美さんによると、特にここ1、2年で婚活のマッチング成功のために「趣味」を偽装する必要性が飛躍的に高まったという。さまざまなお見合いサービス業者の持つデータベースがここ数年で一気に共有化され、選べる母数が拡大した。その結果、ごく一部の高年収の男性に人気が集中するようになり、この輪に入れない男女がマッチングに至るためには「趣味」をきっかけにするしかなくなった、と大西さんは言う。

「男性は『海外旅行』や『食べ歩き』など女性側が喜びそうな趣味、家事等の能力をアピールできる趣味が望ましいです。『登山』などは、相手への気遣いや段取り能力の高さが見えるのでいいですね。自分一人で没頭していそうな趣味はNGです。女性側はお金がかからなそうな趣味、男性の趣味の縄張りに入ってくる趣味がいい。『カフェ巡り』など、多くの男性が興味をひかれない趣味だとハードルは高くなります」 

 ハリネズミのような小動物を飼っている高年収男性と付き合うため、必死で飼育法を覚えて「趣味」にした女性もいた。
●4人以上で同調圧力

 まさに、趣味プレッシャー全開なのである。そんな圧を回避する手立てはあるのか。

「同調するかどうかはまず、人数と集団の重要性が影響します。4人以上の集団で同調しやすくなるので、気の弱い人は3人くらいでできるような趣味がいいかも。(同調圧力は)集団の中での地位も関係し、低い人ほど同調する傾向がある。趣味は同じくらいの実力の人と一緒に行うのがお勧めです。本来、趣味はストレス解消法として効果的な手段の一つ。趣味がストレスになるなら楽しめる趣味に変えたほうがいいかもしれません」(前出の酒井教授)

 ちなみに、先のバレーボールの女性は、同じ頃に始めたテニスは今も続けているという。仲間も限られ、コートが近く、ランチもない。

「仕事はともかく、趣味というプライベートな世界にまで同調圧力が入ってきているのは、現代の特徴かもしれません」(同)

(フリーランス記者・坂口さゆり、編集部・福井洋平)

※AERA 2017年7月31日号