男性のみなさん、「朝立ち」してますか? 「もう年だし、なくても仕方ない」というのは間違い。50代でも60代でもそれ以上でも、朝立ちは重要です。それはなぜか。復活させるにはどうすればいいのか。人生を力強く生き抜くため、下半身に熱い視線を向けてみましょう。コラムニストの石原壮一郎氏がその秘密に迫った。



「朝立ちかあ。そういえばどうだったっけな……」

 なんて思いながら、寝っ転がってボーッとテレビを見ていた54歳の私。近ごろ、体力や記憶力の衰えを実感せずにはいられません。

 テレビでは、ひげもじゃのお医者さんが「朝立ち」について熱く語っています。真っ昼間のNHK総合なのに。ふむふむ、なるほど。えっ、そうなの!? いつの間にか画面の前で姿勢を正していました。

 私は、朝立ちをなめていたようです。これではいかん。ひげもじゃのお医者さん・熊本悦明先生を訪ね、教えを乞いました。

 熊本先生は「日本の男性医学の父」とうたわれる大家で、現在87歳にして現役の医師。札幌医科大学名誉教授や日本メンズヘルス医学会名誉理事長など、数々の肩書をお持ちです。

 先生、朝立ちって、やっぱり大事なんですか!?

■「朝立ち」の秘密(1)
男性更年期もうつもメタボも、最初のサインは「朝立ち」がなくなること

「医学的には『モーニング・エレクション』と言いますが、いわゆる『朝立ち』は、孝行息子からのきわめて重要で切実な報告です」

 ムスコからの報告! それは聞かないといけませんね。40〜50代の朝立ちの有無は、心身のバランスが崩れる男性更年期障害や、それに伴って発症するうつ症状の最初のサインだとか。

「人間は血管とともに老いるといいますが、朝立ちのない人は、血管の健康状態が悪化しています」

 人体でいちばん細い動脈はペニスにあり、直径は1〜2ミリ。動脈硬化もそこから始まり、やがて心臓や脳の血管へと進んでいくそうです。朝立ちがごぶさただと、糖尿病などのメタボリック症候群の症状が進行している場合もあります。

「やがては、アルツハイマー病やロコモティブシンドローム(運動器症候群)へとつながっていきます」

■「朝立ち」の秘密(2)
朝は元気がなくても、寝ているあいだにエレクトしていることも多い

 若い頃と違い、中年になるとムスコとのコミュニケーションが薄くなりがちです。まずは、朝立ちがあるかどうかをチェック。

 朝に限らず、身体は眠っていても脳の一部は活動している「レム睡眠」のときに、ムスコはひそかに元気になっています。

「20代なら寝ている時間の半分、50代でも健康な状態なら3分の1から4分の1は勃起しています。これは性的に興奮したときの勃起とは別で、女性の月経に相当する、いわば“男の生理”なのです」

寝る前にムスコの根元に着けて、寝ているあいだのふくらみ具合を測定する「エレクトメーター」という装置があります。本来は、問診や各種の検査をしつつ、1週間から10日ほど使って「何センチ増えたか」を記録します。

「若い人ならプラス3センチ、中高年でもプラス2.5センチが目安です」

■「朝立ち」の秘密(3)
男性ホルモンが減っていると、朝立ちだけでなく、やる気も活力もなくなる

 朝立ちがなくなるのは、「もう年だから」ではありません。男性ホルモン(テストステロン)の分泌の減少が原因です。

「50歳前後の男性が大きなストレスを受けると、男性ホルモンが不足して心身に不調をきたすケースが多く見られます。いわゆる『男性更年期障害』です。やる気や活力がなくなり、うつのような症状になる人も少なくありません。最近、その存在がやっと認知されてきましたが、私が1970年代に医学総会などで『男性にも更年期障害がある』と主張したときには、偉い先生から『あまりおかしなことを言っていると、研究者としての信用をなくすよ』と忠告されたものです」

 朝立ちに気づくのが2週間に1〜2回以下だったり、近ごろ性欲や勃起力が減退したと感じたり、下の表で当てはまる項目があったりする人は、男性ホルモンが減っている可能性が大。40〜50代なら「男性更年期」の疑いがあります。

 60代以上は、どうしても男性ホルモンが減りがち。しかし、朝立ちがないのはけっして当たり前ではなく、「熟年期障害」のサインであることも多いようです。

【あなたの男性ホルモンは大丈夫?】
次のうち「かなりある」と感じる項目はいくつ?
1.体調が優れず、気難しくなりがち
2.不眠に悩んでいる
3.くよくよしやすく、気分が沈みがち
4.ほてり・のぼせ・多汗がある
5.動悸・息切れ・息苦しいことがある
6.疲れやすい
7.頭痛・頭重・肩こりがある
8.最近、ひげの伸びが悪くなった
9.筋力の衰えを感じる
10.尿が出にくい、出終わるまで時間がかかる
*ひとつでもあれば要注意。2つ以上なら医師に相談を。(熊本悦明先生作成)

※週刊朝日  2017年8月4日号より抜粋