家族の認知症を疑っても「病院に連れて行く」のはハードルが高いもの。傷つけず診断に結びつけるにはどんな方法があるのだろうか。週刊朝日MOOK「家族で読む予防と備え すべてがわかる認知症2017」では、どうしたら家族を病院に連れて行けるのか、医師に尋ねた。

*  *  *
 認知症は早期発見・早期治療が大切――といわれますが、家族が「なんだかおかしい」と感じても、実際に病院に連れて行くまでにはタイムラグがあります。

 東京都在住の山中博美さん(仮名・52歳)は、5年ほど前から一人暮らしの実母(78歳)のもの忘れが気になっていました。

「母が話す『最近の出来事』が会うたびにまったく同じで、孫の年齢もそのつど確認してはメモしているのです。本人も『おかしい』と思っているようでしたが、病院に誘うと傷つけるのではないかと言えませんでした」

 ところが今年の春、法事の席で話題にのぼった博美さんの伯父(母の兄)のことを、母は思い出せませんでした。

「母は親戚に『ボケたんじゃない?』と言われ、帰りの電車で涙ぐんでいました。意を決して『病院に行こうよ』と切り出したところ、母は『なんでそんなひどいことを言うの!』と大声でどなり、口をきかなくなりました」

 以来、博美さんは病院に誘うことができないでいます。

■身近な人だからこそ指摘されたくない

「お母さんは深く傷ついているのだと思いますよ」

 そう話すのは川崎幸(さいわい)クリニック院長の杉山孝博医師です。

「娘はいちばん身近な味方。だからこそ大失敗してショックを受けているときに、さらに追い打ちをかけるようなことを言われたと感じてしまったのでしょう」

 認知症の初期の場合、本人の不安はとても大きいのだと杉山医師は説明してくれました。

「自分はボケているはずがない。でも、もしもボケていると言われたらどうしよう……そんな不安でいっぱいなのです。その気持ちを想像して、抵抗なく受診するにはどうすべきか、家族は知恵を絞ってほしいと思います」

■受診の“物語”を作る

 スムーズな受診に結びつけるために、杉山医師は以下のような提案をしているそうです。

(1)まず「かかりつけ医」に相談
 高血圧や足の痛みなどで日常的に通うクリニックがあれば、そこの医師に相談してみましょう。受診時に医師から「最近、忘れっぽいことはありませんか?」「一度検査をしてみては?」などと提案してもらうとスムーズに進みます。本人が受け入れたら、紹介状を書
いてもらいましょう。

(2)いきなり「精神科」はNG
 受診する気になっても、「精神科」「精神内科」という言葉に抵抗を感じてしまい、受診を拒否する場合があります。高齢者にとって「精神科」はまだハードルが高いのです。「もの忘れ外来」「老年科」「神経内科」「心療内科」などを選ぶほうがいいでしょう。

(3)家族の健診に同行してもらう
 行きたがらない場合、「私の健康診断についてきてくれない?」と誘って病院に同行してもらいましょう。その場合も病院の医師には事前に「健康診断に同行してもらっている」と伝え、2人いっしょに見てもらうようにお願いしておくといいでしょう。

(4)保健所の健診に誘う
 病院を嫌がる人でも、保健所なら抵抗を感じないかもしれません。あらかじめ保健所にもの忘れの相談に応じているかを確認し、大丈夫なら健康診断を名目にして受診しましょう。ただし保健所ではMRIやCTなどの専門的な検査を受けることはできません。

(5)訪問診療してもらう
 どうしても受診を拒む場合、訪問診療を受ける方法もあります。地域包括支援センターに相談すれば、紹介してくれるでしょう。自宅で血圧などの測定をしてもらいながら、もの忘れの様子を確認してもらって診断を受けることができます。

「家族にウソをつくなんて、と思うかもしれませんが、ウソではなく『物語を作る』と考えてみてはいかがでしょう」(杉山医師)

 それでも拒絶する場合は「あせらないほうがいい」と杉山医師は言います。

「確かに受診は早いほうがいいですが、家族が無理強いをしてしまうと、ますますかたくなになることも多いものです。少し時間をおいて再びトライしましょう。押してダメなら引くのです」

 そのときには、別居している息子や娘、友だちやケアマネジャーなどの第三者に誘ってもらうのもいい方法だとか。

「日ごろ近くにいない人からの提案のほうが、受け入れやすい傾向はあるようです」(同)

(取材・文/神素子)