家族の認知症を疑い、病院へ連れて行くとき、家族は何を用意していったらいいのだろうか。注意すべきポイントとは――。 週刊朝日MOOK「家族で読む予防と備え すべてがわかる認知症2017」では、その方法を医師に尋ねた。

*  *  *
 家族の認知症を疑い、医療機関を受診することが決まったら、「◯月◯日には病院に行くよ」と本人に告げて、カレンダーなどに印をつけておく……というのが一般的ですが、川崎幸クリニック院長の杉山孝博医師は「あまりおすすめしません」と言います。

 時間とともに不安になってしまい、前夜眠れなくなってしまう人や、直前になって「やっぱり行かない」と言いだす人も少なくないそうです。

「事前に予告はせず、当日になってから、『じゃ行きましょう』とあいまいに誘い出すのがいいと思います」(杉山医師)

 もし当日になって「やっぱりイヤだ」「行くとは言っていない」と言う場合には、いったんは引き下がるのがいいようです。病院には事情を伝え、キャンセルの電話をするのをお忘れなく。

 病院に付き添うのは、できれば2人が理想的だと杉山医師は言います。

「最初の受診のときはとくに落ち着きがなくなったり、イライラして怒りっぽくなったりする人が少なくありません。そんなときでも、付き添いが2人いれば一人は待合室で待機し、もう一人はいっしょに院内を散歩することができますよね」

 気になるのは、結果の説明を受けるときに本人も同席したほうがいいのかという点です。杉山医師は、「当院では、できるだけ本人に同席してもらいます」と言います。

「初期の人であればとくに『自分はどうなるのか』と不安を感じていますから、自分のいないところで説明があると不信感を抱くかもしれません」

 本人の前では、できるだけやわらかい言葉で説明するように意識していると杉山医師。

「私は『認知症』『アルツハイマー』などの病名は極力使わず、『人は誰でも年齢を重ねるともの忘れがひどくなるものですが、そのカーブが少し急なようです。緩やかになるように薬を飲みましょう』などの言い方を心掛けています」

■診断を受けたあと、どうサポートしたらよい?

 診断を受けたら、その日は実家にいっしょに帰ってしばらく見守ることが大切だと杉山医師は言います。

「認知症と診断されるのは、家族にとっても非常に大きなショックですが、やはり本人がいちばんショックを受けているのだということを忘れないでください」

 認知症の初期であれば、本人は診断結果の意味を十分理解できるはずです。

「これから自分はどうなってしまうのか、何もわからなくなってしまうのではないかという不安に襲われます。その恐怖は筆舌に尽くしがたいものでしょう」(杉山医師)

 本人の思いをくみとって、サポートできるのは家族だけです。でも実際には、本人の思いを理解するのはけっしてラクなことではないと杉山医師は強調します。

「たとえば目が見えなくなる、足を失うという身体的喪失の恐怖は、想像しやすいのです。でも、認知症の恐怖は簡単には理解できません。だからこそ、認知症について学び、正しい知識を得て、その気持ちを想像することが必要なのです」(同)

 認知症になっても終わりではない。できることもたくさんある。家族がそれを信じることが、サポートの第一歩だと杉山医師は言います。

「最初からそれができる人はいません。私がおすすめしているのは、認知症の『家族の会』に参加してみることです。経験者の話を聞いてみることで、自分にできることがわかってくると思います」

■遠方に住む親の認知症に気づいたらどうする?

「親の住む地域の福祉サービスを、遠慮なく利用しましょう」と杉山医師は言います。

<地域のサービスを調べる>
 まず親が住む自治体の地域包括支援センターや、市区町村の高齢者福祉窓口に相談を。どんなサポートが受けられるか聞き、親だけで暮らすにはどうすればいいか助言をもらいましょう。同時に病院を受診し、今後の見通しについて客観的な意見をもらって。

<介護態勢を整える>
 遠距離介護する場合、ケアマネジャーをはじめ、介護スタッフとの関係づくりが重要です。帰省時以外でも、電話やメールで連絡が取り合えるような態勢づくりを。

<地域に頼れる人をキープ>
 帰省時には、親戚や親の友人、近所の人などにあいさつし、連絡先を交換しておきましょう。定期的に様子を見てもらえるようお願いしておくと安心です。

<帰省には「介護割引」を>
 交通費がかさむので、JRや航空会社、バス会社の介護割引を上手に利用しましょう。

(取材・文/神素子)