福岡ソフトバンクホークスの川崎宗則選手は、大リーグでプレーした5年間、通訳なしの海外生活を送った。英語を身につける秘訣から、海外を夢見る日本の子どもたちへのメッセージまで、川崎選手に語ってもらった。AERA English特別号「英語に強くなる小学校選び2018」(朝日新聞出版)から、インタビューを抜粋してお届けする。

*  *  *
 2012年に渡米し、マリナーズ、ブルージェイズ、カブスで活躍した川崎宗則選手。現地で受けたテレビインタビューでは即興の英語を返し、ネイティブをも笑わせていた。

日本のファンの目には、持ち前のキャラクターで、言葉の壁を軽々と乗り越えているように見えていた。

「テレビに映らないところで、苦労はいっぱいありました。まさか30歳で英語を話すことになるとは思っていなかった。もうちょっと学校で勉強しておけばよかったと、後悔する日々でした」

 5年間の海外生活で、通訳はつけなかった。たしかにプレーに難しい言葉はいらない。だが日々の生活は英語なしでは成り立たない。

「一番の教科書は人間。とにかく話す、一緒に行動する。選手とご飯に行ったり、飲みに行ったりする機会を作ってもらいました」

 一方で地道な勉強も重ねた。帰国のたびに日本の空港で買った英語のテキストを持ち歩き、「この言葉、どう発音するんだ?」と選手に聞いて回ったという。

「とくにマイナーリーグの選手たちはみんなが先生でした」

 人の輪に溶け込み、まわりを巻き込んで学ぶ。英語がわからないからといって、話すことをためらわなかった。

「日本人はどうしても100点を求めますが、文法どうこうは考えず、最初はジェスチャーでもいい。それに、100点じゃなくていいのが英語のいいところ。そもそも100点の英語なんてない、ということもわかりました」

この春に帰国した川崎選手。大リーグでの経験は野球への向き合い方を変えた、と語る。

「今までは自分に自信がなくて、恐怖に勝つためにとにかく練習をしていました。でも、練習は練習でしかない、ということに気づきました。本番の試合で最高のプレーをするためには、集中しすぎず、逆に集中を散らす。そうしたらメンタルも動きも、いい状態になりました」

 それは、英語と向き合う姿勢にも通じるところがあるという。

「英語を勉強しようと集中しすぎてダメになる人がいますが、『勉強』と思うと身につかないんですよ。外国の人と一緒にいる空気、空間を楽しむ。相手に興味を持ちだすと、もっと知りたい、もっと伝えたいと思う。そう思ったら絶対英語を調べるし、勝手に英語がついてくるんです」

 日本の子どもたちには、「小さいうちに英語と触れ合い、海外に行く経験をしたほうがいい」とメッセージを送る。

「いろんな国の子どもたちと話してみると、自分の世界がちっぽけだったんだと気づくはず。嫌なことがあると目の前の出来事がすごく大きなものに思うかもしれないけれど、世界はもっと広い。英語に壁を作らず、どんどん海外に興味を持ってください」(文/鈴木顕)