ビアガーデン人気が止まらない。デパートやビルの屋上のみならず、レストランやバーのテラス席が人気を博し、見渡せば、駅でも、屋上でも、人々は杯を交わしている。人はなぜ、ビアガーデンに向かうのか。

 7月の土曜日。営業開始の16時前から人が集まりだしていた。家族連れ、女性同士、男性同士のグループ。緑化された壁面の緑が目を引くが、日はまだ高く、熱気が残っている。

 東京・西武池袋本店9階屋上の食と緑の空中庭園では、4月末から10月初旬まで「天空のビアテラス」と銘打ち、ビアガーデンを営業している。あちこちから聞こえるのは乾杯の発声。サーバーのもとにはジョッキ片手に客がひっきりなしに訪れる。ビール、黒ビール、サワー、ワイン、各種ソフトドリンク。

 この日、「どうしてもビアガーデンに行きたい」と訪れた20代の女性2人連れは、中高時代の同級生で社会人4年目。バーベキューをつつき、時折スマホを覗きこみながら、懐かしい話に花を咲かせていた。

 女性客は多い。友人と屋台料理を楽しむ30代女性がここを選んだ理由は開放感だという。

「最近、野球観戦にハマっていて、週末は頻繁にホームチームの屋内ドームにいます。先日、はじめて明治神宮野球場に行ったのですが、格段によかった。ここもそう。屋外は気分の上がり方が違います」(30代女性)

 見渡すといつの間にか満席。宵が深まり、庭園を彩るウォーターテーブルや草花がライトアップされる頃合い、空は茜や紫が混じり、マジックアワーのような趣が出る。

 子どもを遊ばせながら語らう夫婦もいれば、豪快に飲み続ける男性グループや老紳士の一団、見つめ合う恋人同士もいる。晴れた夜空の下、それぞれがそれぞれの世界に没入している。

●「レジャーとして定着」

 ビアガーデンといえば今、異変が起こっている。もはや、会社帰りのおじさまたちが訪れるレトロな飲みの場ではなくなり、老若男女が訪れる憩いの場所に進化した、というのだ。

 ビアガーデン評論家でトレンドウォッチャーのカシハラヒデコさんは、10年以上にわたり、全国のべ500軒ものビアガーデンを訪ね歩いてきた。

 カシハラさんによると、ビアガーデンの変化はまず、リーマン・ショック後に現れた。

「今でこそ当たり前ですが、食事と飲み放題がついて4千円前後という価格設定に、お得感もあったのでしょう。屋外の開放感と、バーベキューや屋台料理などイベント感も味わえる手近なレジャーとして定着した印象です」(カシハラさん)

 5、6年前になると、女子会ブームも重なり、2007年当時は都内で30軒足らずだった都内のビアガーデンが、現在は200軒に迫る勢いという。

「客層の女子率もかなり上がりました。以前は3割程度という印象でしたが、女子層をターゲットにしたビアガーデンも登場し、客のほとんどが女子というところもあります」(同)

 主宰する「東京ビアガーデン制覇クラブ」の会員は男女半々だが、実際の飲み会に参加するのは7割が女性だ。

 主役のビールにも変化の兆しが現れた。カシハラさんは言う。

「一番のトピックは、海外産や地ビールなど、(小規模醸造の)クラフトビールが飲めるビアガーデンが増えたことです」

 クラフトビールは単価が高いため、提供するビアガーデンは昨年まで数えるほどだった。ところが、今年は飲み放題に取り入れる店も目立つ。ビール大手5社によると、ビール類の上半期出荷量は5年連続で落ち込んでいるが、クラフトビールはここ数年順調に増えている。

●予約なしでは入れない

 ビール大手・キリンも力を入れており、同社の広報担当も「今年から11種類のクラフトビールから選べるサーバーの提供をはじめ、すでに首都圏500台。年内に1千台に到達する見込みです」と話す。

 喉越しがよい日本のビールは、「夏の屋外で飲むのにぴったり」(カシハラさん)というが、味わい深さやバラエティーを求める層も増えている。

 出店スタイルも多彩になった。カシハラさんによると、さっぽろ大通ビアガーデンは、大通公園が丸ごと会場の日本最大級のビアガーデン。京都の「祇をん 新門荘」は舞妓さんが付く。名古屋の「マイアミビアガーデン」にはビアガーデンアイドルがいて、整理券が配布されるほどの人気だとか。

 一方で、切ない事態もある。

 今春に「キリンビール大学」が実施したインターネット調査によると、今夏、ビアガーデンに行きたいと答えた人は92.1%で、5年連続で9割を超えた。

「人気が過熱し、予約なしで入れるビアガーデンはほとんどなくなってしまいました。会社帰りに団体でふらりと立ち寄れる場ではなくなった。どうしても行きたい場合は、一人席のあるビアガーデンもいくつかあります」(カシハラさん)

●気軽なスタンド飲みも

 賑わうビアガーデンで一人飲むには修業が足りない。まずは同僚と気軽に飲めないものか。

 ある金曜日の昼すぎ、有志が電話を入れてみたが、都内は軒並み満席。予約なしで入れるところはほぼない。ビアガーデン人口はいつの間に膨らんだのか。気軽に、ビール片手に開放感を味わいたい。そんな人々はどこへ行けばいいのか。

 東京・丸の内の新丸ビル1階のビアスタンド「STAND T」は、テラス席の眼前には東京駅やビル群を望む。18時をまわる頃から来店客が増えてきた。店長の岸川洋之さんは、「立地柄、外資系企業の方や近隣の会社員がよく来店します。テラスはテーブル席よりもスタンド席が早く埋まります」という。

 この日、会社の先輩たちと18時ごろに来店した20代の女性会社員は言った。

「暮れていく空を見ながら飲むのが、風情があっていいんですよね。先輩たちに連れてきてもらって、スタンドで飲むのもいいなと思うようになりました」

 思い思いのビールを掲げ、乾杯で泡が弾け、笑い声も飛ぶ。その傍らを通るだけで、なんだか無性に飲みたくなってきた。

 テラスでもいい。スタンドでもいい。一人だって、いいかもしれない。街に出て、ビアガーデンに行こう。(編集部・熊澤志保)

※AERA 2017年8月7日号