ここ数年、マンガ業界で顕著なひとつの潮流――インターネット上で無料公開・連載されるマンガが注目を集め、ベストセラーになる。小学館が運営するアプリ「マンガワン」とサイト「裏サンデー」で連載中の格闘マンガ『ケンガンアシュラ』もこうした潮流を象徴する作品のひとつだ。

 その制作現場の取材のはずだった。だが、記者の目の前で繰り広げられているのは、一般的にイメージされる「マンガ制作」とは似ても似つかない光景。小学館の会議室で2人の男がくんずほぐれつ、関節技を掛け合っている。

 相手の右腕を腕ひしぎ十字固めで締め上げる男の名はマンガ原作者、サンドロビッチ・ヤバ子氏。腕ひしぎを受けながら、技のかかり具合を見守る男は小学館のマンガ編集者・小林翔氏。ふたりは『ケンガンアシュラ』の制作者だ。

 彼らは何をしているのか。記者の問いに、こんな返事が返ってきた。「打ち合わせです――」。

 人気マンガの制作の舞台裏では何が行われているのか。それを取材すると、ヒット作がヒットするだけの所以と、男たちの創作にかける熱い想いが浮かび上がってきた。

■なぜ彼らは戦うのか

 マンガ制作において、打ち合わせは作者と編集者の「バトル」と形容されることがある。

 作者の頭のなかには理想とするストーリー展開やキャラ設定がある。だが、それが必ずしも読者にウケるとも限らない。そんなとき編集者は、自身の経験や客観的な見地から変更を提案するが、作者にも譲れない一線がある。結果、打ち合わせはバトルのごとく紛糾し、こうして流された汗が作品を面白くしていく。

 とはいえ、文字通り作者と編集者が打ち合わせ中にバトルするマンガはなかなかお目にかからない。

「『あしたのジョー』や『タイガーマスク』を原作した梶原一騎氏は、打ち合わせ中に実際に組手をして技の見栄えを確認していたという逸話がありますが、確かに最近のマンガではあまり聞きません」(原作者のヤバ子氏)

 なぜ彼らは技を掛け合う必要があるのか。この問いに「技を繰り出したときのディティール(細部)を確認するため」という答えが返ってきた。

 『ケンガンアシュラ』はどんなマンガなのか。世間の名だたる大企業は秘密裏に「闘技者」と呼ばれる格闘家を雇っており、事業の入札などの利権を賭けて各社の闘技者が戦うという設定。個性的なキャラクターや、少年漫画らしいケレン味溢れる展開に定評があるが、それと並ぶ人気の要となっているのがリアルな格闘描写だ。そして、そうした描写を支えているのが先述の“打ち合わせ”なのだという。

「例えば、実際に試合をすると選手は絶えず動くので、練習のように綺麗な形で技が出るのは不自然、という思いがあります。だからあえて技の形を崩してみたり、無理な体勢から繰り出した技がどのような形になるのか検証してみたりします」(ヤバ子氏)

 好例が『ケンガンアシュラ』第13巻、14巻で描かれた、ボクシングのヘビー級王者「ガオラン」と古武術を使う「金田」の一戦だ。設定上、身長187cmのガオランと170cmの金田ではフィジカルに圧倒的な差があり、金田が勝つ見込みはかなり薄い。いわば強者と弱者の戦いだが、ヤバ子氏と小林氏は組手を繰り返し、金田が躱せる攻撃、躱せない攻撃を確認しつつ、説得力のある反撃の一打を探っていった。

 こうした手法がとれるのは、2人の異色の経歴によるところが大きい。小林氏は中学校、高校、大学とフルコンタクト空手を習い、高校生のときには全日本選手権で第3位に輝くほどの腕前。小学館入社以前は自衛隊やキックボクシングの道場にも参加し、格闘技の腕を磨いていた。ヤバ子氏は中学校時代に剣道、高校時代に少林寺拳法、大学時代にやはりフルコンタクト空手に打ち込み、現在はブラジリアン柔術や総合格闘技を嗜んでいる。そうした経験と知識に裏打ちされたガオランVS金田戦は、掲載サイト上の人気投票でベストバウトの第2位に選ばれるほどの好評を博した。

「もうひとつ補足するなら、『ケンガンアシュラ』は原作と作画が分業制であることもこの手法をとる理由です。ヤバ子氏が物語や設定を考え、作画担当のだめおろん氏がその構想をもとに絵にしていくのですが、格闘の描写を口頭や文章で伝えるのは難しい。だから実際に戦っている風景を再現して理解してもらうのです」(小林氏)

■『ケンガン』から見えるマンガの可能性

 格闘技に限らず、経験者だからこそ描ける物語というものがある。そして、そうした作品が多くの人々の心を打つことは珍しくない。最たる例は、若者がマンガ家として成長していく姿を描いた『バクマン。』や、藤子不二雄A氏による自伝的作品『まんが道』などの「マンガ家マンガ」だろう。マンガを描くことの喜びやつらさが骨身に染みている作者だからこそ、生々しい感動や熱をはらんだ物語を作り出せるといわれる。

 原作者と編集者が格闘技に青春を捧げてきた『ケンガンアシュラ』にも同じことがいえそうだ。ヤバ子氏は「格闘家たちの血の通った姿を描きたい」と明かす。

「戦いを題材にしたマンガでは、敗北したキャラがその後登場しないということがよくあります。でも彼らにも感情があるし、敗北した後も人生は続いていく。だから勝敗に関わらずキャラを“描ききる”というのが自分に課しているテーマです」(ヤバ子氏)

 そんなこだわりが垣間見えるのが、試合を終えた後の闘技者たちの姿だ。苛烈な死闘を経ながらも、後のエピソードでは敗者が勝者を支えたり、親交を深めたりする様子が丁寧に描かれる。

「普通はそうなるはずなんです。格闘技をやっていれば負けることは何度も経験するし、アイデンティティを否定されたような悔しさを感じることもある。しかし同時に、自分を負かしたほどの相手なら応援したい、という気持ちが芽生えるもの。強い人が活躍するだけじゃなく、そうした交錯する感情を描いていきたい」(ヤバ子氏)

 近年のマンガ業界を見渡すと、ある分野に打ち込んだ経験をもち、それをもとにリアルな物語を創作する作家が目立つ。PL学園野球部で甲子園に出場した漫画家・なきぼくろ氏の野球マンガ『バトルスタディーズ』なども一例だ。もはや「描かれていない題材はない」とまでいわれるマンガ業界。しかし、こうした「経験者組」のひと味違った作品が新たなうねりをもたらすのか、注目したい。(文/小神野真弘)