親の元気な姿を見られるのはいつまでなのか。考えたくもないことだが、親が弱ってからでは遅いことは多々ある。特に介護の問題は、本人の意志をきちんと確かめておくことが大切だ。



*  *  *
 認知症を発症する、歩けなくなる──。そのとき、親の意思を把握し、それに沿った判断ができるように準備しておく必要がある。

 母親が亡くなる4カ月前に自分の母親について「何も知らない」と痛感した佐竹美紀さん(仮名・57歳・神奈川県在住)は、母が亡くなってから実家の片づけをしている際、要精密検査のチェックが多くつけられた健康診断結果を見つけた。「こんな話、全然知らなかった」と、また自分を責めたという。

 まずは、必要なときに慌てないために、病院の診察券、健康保険証の保管場所を確認し、下着などをまとめた入院セットを作っておくこと。置き場所を決めて、把握しておこう。健康診断の結果やお薬手帳も確認。健康診断の結果用紙は、同じファイルに保管し、変化を一覧できるといい。

 親が通院しているなら、早い段階で病院に付き添ってみて、医者の話を一緒に聞こう。付き添うときは、下記のような点に注意しながら、医者の話をしっかりと聞くこと。

【病院付き添い時の質問項目】
1.病気と、日常生活や生活習慣の関連性
2.病気の特性、感染の有無
3.病気の経過、現状。今後の治療と暮らし方
4.処方された薬によって、どの程度改善するのか
5.薬の副作用
6.録音させてもらえるかどうか(命に関わる治療や手術の場合)

「わからないことは理解できるまで質問して。煙たがられる、明確な答えが得られないといった場合には、病院を変えることを考えてもいいと思います」(終活に関する著書やセミナーも多い日本クオリティオブライフ協会代表理事・清水晶子さん)

 そして親の病歴を確認し、メモにして持っておく。診察や介護の際に、主治医や介護職員に必ず質問される項目だからだ。事前に知っておけば、病名や原因の究明に役立つばかりか、無駄な検査を受けずに済む。

 親の希望を聞くことも忘れずに。子にどこまで世話してほしいか、誰に頼りたいか、逆に誰に頼りたくないか。自身も親の終末期に向けた準備を始める、埼玉県立大学准教授の柴山志穂美さん(看護学)は言う。

「してほしいことだけでなく、してほしくないことも聞くように。大事なのは、親が心地よい環境をつくってあげられるかどうかです。だから頼りたい人とあわせて、頼りたくない人についても聞いておいたほうがいい。見舞いに来てほしい人、来てほしくない人を聞くのも同様の理由です」

 同時にきょうだいなど他の家族がどの程度、親の面倒を見る気があるのか確認しよう。その上で、親の代理で判断する人を決めたり、体の自由が利かなくなったときの住む場所について話し合うと良い。代理判断者は、高齢のパートナーより子どものほうが安心だ。

「代理判断者は、医者や看護師、介護職のスタッフと話して状況を理解し、そのつど判断を下すことが求められます。医療や介護制度の知識を理解できることを求められるため、若い子どもが役割を担うことが望ましい」(清水さん)

 介護が始まるときの窓口は、各地域に設置されている地域包括支援センターだ。必要に迫られる前に、一度センターに行ってみると対策を立てやすい。介護とまではいかなくても、「離れて暮らしていて、親の一人暮らしに不安がある」「ゴミ出しや買い物が一人でできなくて困っている」などの相談も可能だ。

 施設を検討しているなら、早い段階で一緒に見学してみると良い。お互いに老後のイメージができてプランが立てやすく、必要になったときに慌てずに済む。具体的な介護施設の見分け方は下記のとおり。

■良い介護施設の見分け方
1.高齢者をずっと車椅子に座らせていないか
2.イベント(麻雀、囲碁、料理教室など)を開催しているか。掲示板などをチェック
3.一人ひとりの身体機能に合った支援がされているか。椅子やテーブルをチェック
4.入居者によって、対応がカスタマイズされているか。声かけの内容などをチェック
5.高齢者が声を発しているか、入居者同士の交流はあるか
6.施設の職員が、入居者に話しかけているか

 この夏の帰省で、ぜひ話してほしいのは、延命治療について。ケアマネジャー歴16年の牧野雅美さん(アースサポート居宅介護支援事業所所属)は言う。

「元気なときは、ほとんどの人が延命措置をしないでと言う。しかし、孫ができたり、配偶者が病気になったりなど、その時々の状況で気持ちが変わる。“前に聞いたから”ではなく、何かの折に考え方や気持ちの変化をつかむのは大切なこと」

※週刊朝日  2017年8月18−25号より抜粋